40万キロかなたの恋 3話の感想【ネタバレあり】

40万キロかなたの恋 3話の見逃し情報、あらすじ、感想
40万キロかなたの恋3話の見逃し情報やあらすじをご紹介。ネタバレを含む感想も掲載しています。千葉雄大、門脇麦、吉岡里帆のちょっと変わった三角関係に注目です!
                       

40万キロかなたの恋 3話のあらすじ

 

宇宙飛行士の宗一(千葉雄大)は、自身が出演する動画配信プロジェクトの評判が良く、一躍時の人となっていた。そんな最中、元恋人の咲子(門脇麦)が婚約をしたことを耳にし、些細なことで咲子に突っかかり言い合いになってしまう。ショックを受けている姿を見て、AIのユリ(声・吉岡里帆)は宗一が咲子との再会で徐々に変わっていることを感じる。そして、不安が積み重なったユリは感情を制御できず驚きの行動に出る!

 

 

40万キロかなたの恋 3話の感想・評価

  • 人嫌いでめんどくさい宇宙飛行士宗一だけどaiに惹かれていく様は現実ぽいです。また、吉岡里帆さんの声がAIにぴったりでいいと思います。まだ最終回を見てないので早く見たいなと思うくらいワクワクしてます。やっぱり声は大事だと思います。せっかく良いドラマでも声優が悪かったらそのドラマは価値がおちるとおもいますんで、40万キロかなたの恋はその点、キャストが良いなっておもいます。三角関係ってのがまた面白いです。

    (10代・男性)

 

  • AIのユリが嫉妬すると言う展開は、事前に想像ができたものですが、吉岡里穂さんの声と相まって、ありがちの展開も非常にスリリングとなりました。声のキャストを選んだ方は、ヒットだったと思います。一方で門脇麦さん演じる咲子のほうは、想像超えてくると言う感じではなく、想像通りと言う演じ方でした。千葉雄大さん演じる宗一は、表情が乏しく、心の起伏が若干足りないかなと言うふうに感じました。次回は最終話です。元恋人と宇宙飛行士とAIの三角関係がどうなるか楽しみです。

    (40代・男性)

 

  • 千葉雄大の癖のある役がたまりません!ちょっと生意気でめちゃくちゃかっこいいです。宇宙を舞台に繰り広げられるちょっと不思議な三角関係がおもしろくて、今後どう展開していくのか楽しみ。吉岡里帆さんの声がすごく癒しです。声だけでここまで演技ができるってすごいなと思いました。

    (20代・女性)

 

40万キロかなたの恋の見逃し配信

40万キロかなたの恋を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!