美食探偵 明智五郎 6話の感想【ネタバレあり】

美食探偵 明智五郎 6話の感想をまとめました!あらすじや見逃し情報も紹介しています。ネタバレも含んでいるのでご注意ください。
                       

美食探偵 明智五郎 6話のあらすじ

 

実家の百貨店の将来を案じる母・寿々栄 (財前直見) の強引な段取りで、常務の伊達 (小市慢太郎) が選りすぐった社長令嬢・紗英 (北原里英) と、明智 (中村倫也)、そして弟の六郎 (草川拓弥) が一緒にお見合いをすることに。しかし、当日遅刻した六郎に代わり、男装した苺 (小芝風花) が代役に! お見合いが大混乱の最中、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死! その先にはマリア (小池栄子) の歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!

 

 

美食探偵 明智五郎 6話の感想

  • お見合いすることになった明智さん。一緒にお見合いすることになっていた弟が来ないので代役で変装させられた苺はともかく、刑事の高橋まで来る?って思っちゃいました。上遠野警部を食事に誘ったみたいだけど、料亭まで付いて来る警部も笑えました。事件が起こったのでちょうどいい形にはなっていましたが。それにしてもマリアファミリーのシェフと女子が少し前から潜入して働いているあたりが計画的だなぁと思いました。明智に恨みを抱いていた伊達の計画をマリアがのっとった感じでしたが、最後にもう一展開あり伊達が明智を拉致したのが見応えがありました。結局、マリアが危機一髪のところで助けてましたが、マリアの明智への愛って凄いなぁ。炎の中でも助けに行けるのはなかなか出来ませんよね、あれも計画の内だったら怖いけど。最後に、伊達のこともマリアが殺害していたしなんだかやっぱりマリアの方が上手の気がしちゃいます。

    (非公開・女性)

 

  • 明智さんのお見合い相手がマリアに殺されたと思いました。ウザい喋り方の子だったので、不謹慎にもスッキリしてしまいました。遠隔で殺人をコントロールできるマリアのプランはトリック、偽装工作込みで毎回おもしろいと感じています。が、毎度マリア部分が絡んで事件全体のテンションが下がってしまうのが、個人的には残念に思ってしまう部分です。基本的に探偵ものを見るときは人間模様を楽しむたちではありますが、この作品については人間模様があまり好ましくないと感じてしまいました。

    (30代・女性)

 

  • 久しぶりに、元AKB48の北原里英ちゃん登場し、かわいいなと思ったら殺されてしまった。扇屋百貨店の常務までなって、なぜ⁉︎殺意メラメラの理由がよくわからないけれど、名探偵といえば脱出劇。今話の犯人が「甘ったれのくそガキが‼︎」と吠え、燃料に点火。明智が少し頼りないとすれば、自分で脱出出来ず別の事件の犯人と思われる「マグダラのマリア」に助け出された事。名探偵明智小五郎と違うぞと思わせてマグダラのマリアの愛というのは油断ならないぞ!

    (40代・男性)

 

  • なんだかんだでこのドラマはコメディ要素が多かったと思います。しかし今回は五郎が毒殺されそうになったり、火の海に放置されて殺されそうになったりとかなりシリアスな展開が続いてみていてしんどいなと思うときもありました。苺が足がすくんで助けられなかったというのは仕方ないと思いますが、そんな中でもマリアは五郎を助けることができて2人の間にだいぶ距離ができてしまったように思います。そして今回思ったことですが、五郎には意外と周りに敵が多くこれから先もこんなことが起こるかもしれないと思ってしまいました。

    (30代・女性)

 

  • 超特急の草川拓弥さんが出演されるということで見てみましたが、明智の弟、六郎という役どころで、草川拓弥さんの可愛らしさが全面に出ていてすごく可愛らしかったです。小芝風花さんの男装もかっこいいしかわいかったです。前に見た時はマリアは明智の邪魔をしているのかと思っていましたが、炎の中に居る明智を助けに行くマリアを見て、マリアの明智への歪んだ愛情がとてつもないということが分かりました。このふたりがどうなっていくのか楽しみです。

    (20代・女性)

 

  • 今回は、マグダラのマリアが明智五郎を助けるストーリー。五郎が実家の社員に殺されそうになるのですが、いくつも回避させるように立ち振る舞っていく姿はいつもと逆で、その心理が気になりました。マリアはどうして五郎を愛しているのか、愛しているにもかかわらず殺人を繰り返すのか、最後の晩餐を共にするのであればもっとストレートな方法があるので不思議ですが、今後どうなるのかが楽しみです。やはりいちごちゃんが五郎への気持ちに気づき、変化があったので更にストーリーの面白さに拍車がかかりました。

    (40代・女性)

 

  • 今までの話と異なる流れでした。なので最初から「お、今日は何かが違うぞ」という意識で視ていました。
    最初は明智家の家族の正反対さに笑っていましたが、お見合いのシーンでマリアが仲居として現れたときはぞわっとしました!
    そして明智が茜扮する仲居に声をかけたときには、一瞬料理全てに毒が!?と思いましたが、違いました(笑)
    謎が解けていくうちに、マリアが明智を助けたということがわかったときは、そんな展開あるんだとびっくり!けど全然助けた感じはなく、というか一人(最終的に二人)殺してしまっているし、相変わらずの不適な笑みでしたが(笑)
    そして火事から明智を救い出す姿は圧巻でした!小池栄子さんかっこよすぎ。
    けど苺とマリアの違いを見せつけられたのはちょっと切なかったです。
    ラストシーンは本来は異なるシーンになる予定だったのでしょうが、あれはあれでよかったです。「そばにいてほしい」にはちょっとドキドキしました。

    (30代・女性)

 

  • 明智五郎の弟・明智六郎が初めて登場しました!原作では可愛い子犬キャラだったので、ドラマではどうなるか楽しみでした。
    他のキャラクター同様、原作のイメージを崩さないキャラでとても素敵でした。
    またコロナの影響で急遽変更されたラストシーン。オリジナルが気になるほど、変更されたシーンが素晴らしかったです。苺の明智五郎を思う恋心がとても胸に迫るものがあり、つい苺と一緒に涙を流してしまいました。2人の恋が今後、どうなるのか、本当にマリアに苺が殺されてしまうのか、今後も楽しみです。

    (30代・女性)

 

  • 明智五郎に事件解決を依頼したマリアさんが殺人鬼に変身!パリにいる設定のマリアさん。どう見てもパリには見えないロケが陳腐で可愛い。明智のお見合い相手を探した社員の伊達さんが明智兄弟を恨んでいたのには驚いた。明智自身はクールでいながら伊達を慕っていたと告白する所がまた切ない。伊達さんに殺されそうだった明智を助けるマリア。そして伊達を殺したマリア!伊達さんもマリアファミリーに加わると思ってたのに⁉︎「愛してる男を殺そうとする何て」って、そう言う展開か。明智とマリアは相思相愛でいちごは失恋?明智とマリア、マリアファミリーにいちご、次回の展開も楽しみです。

    (50代・女性)

 

  • 明智五郎の見合い相手が毒殺された場に、殺人鬼マリア率いるマリアファミリーが居合わせていたという展開にドキドキした。今回の事件は、マリアが自分を無視して見合いをしようとした五郎を殺そうとしたのではと思ったが、マリアは五郎を殺そうとしていた人物から守った側だったという意外な展開に驚いた。毒殺に失敗した犯人が、五郎を拉致して火をつけた時も、死への恐怖から何もできない五郎の助手の苺の前で、マリアは堂々と五郎を助け出した。そんなマリアの姿から、五郎に対する深い深い愛情を感じずにはいられなかった。しかし、この世に五郎と二人だけになるまで殺人を続けると言っているマリアの無謀さには、今回も鳥肌がたった。マリアを特別な存在だという五郎、五郎を愛するマリア、五郎に密かに恋心を抱いている苺の3人の関係が、今後どうなるのかとても気になる展開となっていた。

    (30代・女性)

 

  • 明智五郎が見合いをする話だったけど、見合い相手がなんとなく見たことあるなーと思ってたらキタリエだったからびっくりした!料亭でフグ料理出てきた瞬間に、今回絶対フグ毒で死ぬと思ったら、その通りになった。明智五郎の命を狙ったけどマリアがそれを先読みして救ったのは愛を感じたけど、それにより別の人が死ぬことはなんとも思ってないのが辛い。マリアファミリーもだんだん犯罪が板についてきた。
    明智五郎が秘書に拉致されて小屋に監禁され火を放たれたけど、小林苺は明智五郎を見つけたのに何でいつまでたっても消防に連絡しないの?マリアが現れてゆっくり歩いてゆっくり明智五郎助けてたけど、ずっと見てるだけで119しなかったんだけど。さっさと消防呼べよってめっちゃ気になった。
    あとラストはなぜ舞台風?演技は良かったけどこの演出はいったい?ってめっちゃ気になった。

    (30代・女性)

 

  • 明智五郎にどんどん惹かれていくいちごの心をずたぼろにされるストーリーで、見ていてつらかったです。最初はいちごを応援していたのに、途中からマリアと明智五郎の美しい炎の中でのキスシーンをみていくうちにマリアと明智五郎の魅力の方が増してしまって、敵ながらマリアの男らしさ、美しさに惹かれてしまいました。
    明智五郎の本心がどこにあるのか、とても気になってしまいます。明智五郎の色気がとても増していて、永遠と見てられます。

    (30代・女性)

 

  • 小芝風花ちゃん演じる苺ちゃんの画面いっぱいの涙には切ない気持ちになったし、感動したけれども、マグダラノのマリア演じる小池栄子さんの演技力と愛の強さに心奪われてしまいました。
    殺人鬼ながらも、中村倫也演じる明智五郎への愛は本物で、炎が燃え盛る中の「愛する人のためなら迷わず命を捧げる」という言葉に痺れました。
    そこからの炎のなかの2人のキスシーン+宇多田ヒカルさん主題歌が合わさってただただ泣いてしまいました。

    (30代・女性)

 

  • 大好きな原作者の東村アキコさんの作品ということと、中村倫也さんが主演とういうことで興味を持ち、見始めました。はじめはコメディチックなドラマかなと想像していましたが、コメディもあり、シリアスな場面もあり、バランスのいい作品だと思います。殺人事件など重たい内容ですが、役者さんたちのコミカルな演技がちょうどいい塩梅で、日曜の夜に見ていて疲れないドラマです。特に中村倫也さんと小池栄子さんがとてもセクシーで、見ているだけでうっとりします。第6話ではマリアが明智をピンチから救うという今までにない展開で、マリアの明智への愛情の深さを感じました。また、苺がどんどん明智に惹かれていく様子が感情移入しやすく、見ていて切ない気持ちになります。

    (30代・女性)

 

美食探偵 明智五郎の見逃し配信

美食探偵 明智五郎を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!