ディア・ペイシェント~絆のカルテ~ 1話の感想【ネタバレあり】

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~1話の感想とネタバレ
ディア・ペイシェントの1話の感想をまとめました!1話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~ 1話【7/17放送】

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~1話の感想とネタバレ

 

★1話あらすじ

真野千晶(貫地谷しほり)は、首都圏の民間総合病院に勤める内科医。

先輩の浜口陽子(内田有紀)らとともに、日々診療に追われている。ある日、妻にがんの疑いのある夫婦が患者としてやってくる。

藤井宏明(佐野史郎)はいわゆるモンスターペイシェントで、千晶に何かとクレームを言ってくる。

当事者である妻の典子(宮崎美子)はそんな夫に気をもんでいるが、夫には何も言えないでいた。

千晶は医師でもある父・徹(伊武雅刀)や母・祐子(朝加真由美)の助言を得ながら、母が作ったアロマオイルを典子に渡す。

そんな折、怪しげな患者・座間敦司(田中哲司)が千晶の前に現れて…。

 

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~ 1話の感想

 

  • 面白かった。私の父も洗濯の仕方もわからないと思うけど、あそこまで妻のために怒れるかなと思いました。ただ、私の父は靴下の在り処はわかるなあ(笑)
    田中哲司さんはなんでわざわざ千晶先生のところに来たのかが気になる。(20代女性)

 

  • とても現実的なのが胸が苦しくなるくらいだった
    実際いろんな患者さんがいるよね…
    ありがとうは人として大事な言葉
    夫婦の絆が強くなったシーンはほっこりしたなぁ!(20代女性)

 

  • 「ディア・ペイシェント」貫地谷しほりさん素晴らしい!佐野さんの役柄は、やっぱりモンスターと思いきや、実直に頑固に生きてきた日本の男性の、不器用で少し切ない姿でした。妻へのマッサージには感動号泣夫婦の絆を感じられました。(30代男性)

 

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~の見逃し配信

ディア・ペイシェント~絆のカルテ~を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!