DIVER-特殊潜入班- 1話の感想・評価【無料動画あり】

DIVER-特殊潜入班- 1話の感想と評価をご紹介。見逃した方のために無料動画やあらすじ、キャストも掲載しています。ネタバレを含む感想もご用意していますよ!
                       

DIVER-特殊潜入班- 1話のあらすじ

 

かつて窃盗や暴力事件の常習犯だった黒沢兵悟(福士蒼汰)は、警察も手を焼くほどの高いIQと判断力、身体能力が認められ、兵庫県警本部長の阿久津洋子(りょう)のもと、秘密裏に結成された潜入捜査官チーム、通称“D班”の一員に。その任務は、暴力団や詐欺集団など、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむこと。兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)、闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)らD班のメンバーとともに、多少の犠牲はいとわない、冷酷非道ともいえるやり方で、悪の根源を駆逐すべく、常に命の危険と隣り合わせの潜入捜査を行う。

 

 

 

DIVER-特殊潜入班- 1話の感想

  • 特殊詐欺グループを逮捕するために、福士蒼汰が潜入捜査に入ります。福士はボスの信頼を得るために、おれおれ詐欺をしたりその上の会社に入ったり実際に悪の道に入りました。しかし、メガネに録画機能があったり、人目を盗んでパソコンから証拠を手に入れたりしたりしていました。時にはアクションシーンもあり、とても躍動感があります。最終的には警察が入ったものの、証拠と巨額のお金は持ち去り、お金は被害者に返金してよかったです。

    (20代・男性)

 

  • 黒沢(福士蒼汰さん)は借金を返すために闇組織の一員となって詐欺グループとして年配からお金をだまし取っていました。
    でもそれは実は潜入捜査をしており、闇組織のトップを倒すために動いていました。
    その割にはとても凶暴性があり平気で嘘をついたり、仲間にピストルを本気で向けたりと見ていてとてもハラハラします。
    元々は彼も悪事を働いていたらしく、県警からその能力の高さが認められ、潜入捜査のグループに引き取ったようです。
    なので一応県警の味方ですが、いつ裏切るかもわからないし、今後エリートの元海上自衛隊もグループに来るのでどうなるのか全く読めません。
    楽しみです。

    (30代・女性)

 

  • 福士蒼汰さんが、主役で出演しています。犯罪を犯しながらもその能力を買われ、警察の潜入捜査班にスカウトされ犯人をやっつけていくという、ストーリーです。いつもの穏やかな優しい役どころではなく、極悪非道な役どころが、見どころです。盗んだお金を返して回るという行動もありながら、殺人も平気でするという冷酷な所もある福士蒼汰さんの今後の行方が、楽しみです。この潜入捜査班がやっている事が善なのか、悪なのか、今後のストーリーが見どころです。

    (非公開)

 

DIVER-特殊潜入班-のキャスト

黒沢兵悟 役:福士蒼汰

佐根村将 役:野村周平

伊達直哉 役:安藤政信

阿久津洋子 役:りょう

皆本麗子 役:片瀬那奈

宮永壮一 役:浜野謙太(在日ファンク)

鏡光一 役:正名僕蔵

大山崇 役:中山義紘

上島哲也 役:正門良規(Aぇ! group)

 

DIVER-特殊潜入班-の見逃し配信

DIVER-特殊潜入班-を見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!