FAKE MOTION-卓球の王将- 2話の感想【ネタバレあり】

FAKE MOTION-卓球の王将-の2話の感想をまとめました!2話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

FAKE MOTION-卓球の王将- 2話【4/15放送】

FAKEMOTION2

 

★2話あらすじ

卓球部への入部を決意した高杉律(佐野勇斗)と律の入部に断固として反対する桂光太郎(古川毅)。

そんな二人に部長の松陰久志(北村匠海)は律の入部をかけたダブルスの試合を提案する。

副部長の日下丈道(橘柊生)とペアを組む律は井上紋太(田中洸希)と伊東俊介(吉澤要人)と共に練習に励む日々。

律と楽しそうに練習をする仲間たちを見て光太郎も思うところがあり…。

そして、半年前に律が起こした暴行事件の真相が明らかになる。

 

Huluで見逃し視聴する

 

FAKE MOTION-卓球の王将- 2話の感想

 

  • 謎や変だと言われている卓球ドラマのFAKE MOTION-卓球の王将-第2話めちゃくちゃ見入ってしまった…熱い友情シーンでROOKIESかと思ったら、試合の審判がテニプリ(そんなに見たことないけど)だし、深夜に限られた地域でしかやってないの本当にもったいないな…しかも出演者がもれなく全員顔が良い!(20代女性)

 

  • fake motionもう何回もリピートしてみてます!2話のタケさんが野次飛ばしてくる生徒からのボールにぶつかって怪我してから、疾風迅雷が流れるまでが完璧すぎて何回見ても泣いちゃいます!(10代女性)

 

FAKE MOTION-卓球の王将-の見逃し配信

FAKE MOTION-卓球の王将-を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!