女子グルメバーガー部 1話の感想【ネタバレあり】

女子グルメバーガー部1話の感想を集めました。ネタバレを含む感想や評価、あらすじを紹介しています。このドラマが本当に面白いのか、感想をチェックしてみてください!
                       

女子グルメバーガー部 1話のあらすじ

 

喫茶店でデート中、美藤こず恵(大原優乃)は彼氏から突然別れを告げられ茫然とする。
納得がいかないこず恵は、やけ食いをするため注文をすることに。そんな時、店員の森林映美(佐々木美玲)が現れ「どうせやけ食いをするならとんでもなく美味しいグルメバーガーを食べたほうがいい」と言い放つ。
グルメバーガーに馴染みがないこず恵は戸惑いつつも、映美に着いていくことに。そこは、兄弟2人が営み、塊肉を仕入れ赤身の可能性を追求するこだわりのグルメバーガー店だった。

 

 

女子グルメバーガー部 1話の感想

  • グルメバーガーは下手をするとおしゃれさを見過ごされてしまいかねないグルメ。なぜなら、若々しい。フォークで小さく切って食べるべきか悩んでしまう。そして、日本伝統のご飯が付かない。なので、どういうコンセプトか、第1話が気になって観てみると…。彼氏にフラれた美少女(美藤こず恵(大原優乃))のやけ食いとしての大頬張り!それならいいかという気分…。21歳だというけど、大原優乃の童顔はまだまだ10代に。最近まで女子高生役をやっていたはず!じゃ、どんな味なんだい?「確実に何かが違う」と呻いてみせた。あとは、愛くるしい顔で舐めずり回して、トロトロの笑顔。1650円のキャラメルベーコンチーズバーガーはミディアムレアだったけど、こず恵さんの笑みもある意味ゆるキャラ。これまた、おいしそう。

    (40代・男性)

 

  • 喫茶店で彼氏に振られたこず恵はやけ食いをしようと注文しますが喫茶店の女性店員に「やけ食いならもっと美味しいものを食べましょう」と食事に誘われます。行ったお店は「No.18」という名のハンバーガー店。こず恵は初めてグルメバーガーと出会います。頼んだのはキャラメルベーコンチーズバーガー。本当においしそうでした。なんといっても店を営む兄弟のこだわりが凄かったです。ハンバーガーとはこんなにも奥の深い食べ物であったと初めて知りました。

    (50代・女性)

 

  • 自分の店の料理を否定して「とんでもなく美味しいグルメバーガー」を勧めて連れて行くウェートレスのエミ。失恋したばかりなのに全く悲壮感がないこず恵。エミちゃんがハンバーガーを食べる前に髪を結ぶ仕草に『ラーメン大好き小泉さん』の小泉さんを思い出しました。グルメ番組は食べようとする姿勢が真剣ですね。『No.18』は『孤独のグルメ』みたいに本当にあるんですね。エンドロールを見ていなかったら架空のお店かと思いました。あんな感じの兄弟のお店なんでしょうか。

    (50代・女性)

 

  • このドラマを見終わってまず思ったこと、わたしも今まで食べたことのない極上のハンバーガーが食べたい!
    始めは恋愛ドラマに少しだけハンバーガーの要素があるだけなのかなぁと思っていたけど、このお店のハンバーガーが店主のどんな思いで作られたか、お客様に喜んでもらうためにどんな材料でどのような工程を経て作られているのか、とても詳しく描かれていて話に引き込まれました。また主演の二人の女の子の演技も自然体でよかったです。
    大きなハンバーガーにかぶりつくシーンが可愛かったです。
    自分は主演の女の子たちよりだいぶ年上ですが、自分もやりたいことに向かって頑張ろうという前向きな気持ちになれました。小林克也さんのナレーションもドラマにぴったりで良かったです。

    (40代・女性)

 

女子グルメバーガー部の見逃し配信

女子グルメバーガー部を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!