女子グルメバーガー部 11話の感想【ネタバレあり】

女子グルメバーガー部 11話の感想やあらすじ、評価を掲載!見逃した方が無料で動画を見れるような方法も掲載しています。美味しいグルメバーガーと女子のコラボ、見てみませんか?
                       

女子グルメバーガー部 11話のあらすじ

 

建築会社の事務員・佐野祥子(福田愛依)は仕事中もつい検索してしまうほどグルメバーガーにハマっていた。調布での仕事を頼まれた祥子は、仕事終わりにグルメバーガーを提供しているバーへ向かう。すると、幼馴染で優柔不断な木場のえる(横田真悠)から着信が。祥子はのえるがグルメバーガーが気になっているのを察し、2人で食べに行くことを提案する。自家製ビールと相性抜群!20年以上常連客に愛され続けるバーガーが登場!

 

 

女子グルメバーガー部 11話の登場人物

佐野祥子 役:福田愛依

木場のえる 役:横田真悠

池森 役:佐藤貢三

新井 役:大水洋介(ラバーガール)

 

女子グルメバーガー部 11話の感想・評価

  • コーラや自家製ビールと一緒に豪快かつ美味しそうにグルメバーガーに食らいついている女性二人がとても魅力的に見えました。片手で気軽に食べられるように少し小さめに作ってあるという工夫や、ビールに合うように味付けされているグルメバーガーの味がとても気になりました。また、二つ目に出てきた色々な具材が挟まったバーガーも食べ応えがしっかりありそうで、とても食べたくなりました。お互いを必要としているバーガーとビールの関係性を語っていたマスターがとてもかっこよかったです。

    (30代・女性)

 

  • 今回は事務員の佐野が幼なじみの木場とグルメバーガーを食べに行く話でしたが、今回のグルメバーガーはミートソースが具にかかっていて、珍しいなと思いました。お肉にお肉を乗せるのでくどくないのかなと思いました。また、ハンバーガー屋さんなのにバーのようになっていて、かっこいいなと思いました。鹿の剥製はアメリカらしくて、西部劇の時代のように思えました。佐野と木場がもう一つのハンバーガーを食べていましたが、それも作り方を見せて欲しかったです。

    (50代・女性)

 

  • 毎回すごーく食をそそるおいしそうなグルメバーガーが出てきて、毎週ハンバーガーが食べたくなります。
    それに毎回キャストが美女ぞろい!
    ゲスト出演される男性陣もすごく良いです。
    あまり期待していなかったドラマなのですがこれは自信的に大当たりなドラマでした。
    見れば見るほどにワクワク感がとまりません。
    今後も引き続き見続けると思います。
    そしてそしてグルメバーガーにしばらくハマるとおもいます。毎回見るのが面白いです!

    (30代・女性)

 

女子グルメバーガー部の見逃し配信

女子グルメバーガー部を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!