女子グルメバーガー部 8話の感想【ネタバレあり】

女子グルメバーガー部8話の感想を集めました。ネタバレを含む感想や評価、あらすじを紹介しています。このドラマが本当に面白いのか、感想をチェックしてみてください!
                       

女子グルメバーガー部 8話のあらすじ

 

第一志望の会社に入社した藤枝涼子(北村優衣)だったが、予測不能な顧客に振り回されたり、上司に怒られるなど、上手くいかない日々を送っていた。大手オーナーの大事な引継ぎのため、先輩の大谷玲奈(松田るか)と打ち合わせ場所へ向かうが、先方の都合で開始時間が遅れることに。
そこで涼子は、どうしても行きたかったグルメバーガー店へと玲奈を誘導する。そこは特徴的なバンズを使い、国産和牛とオージービーフが選べる個性派グルメバーガー店だった!

 

 

女子グルメバーガー部 8話の登場人物

藤枝涼子 役:北村優衣

大谷玲奈 役:松田るか

島本 役:勝矢

 

女子グルメバーガー部 8話の感想・評価

  • 会社の先輩と後輩が、他社に向かう途中にグルメバーガーのお店に立ち寄るお話しでした。個人的には、後輩の女の子の仕事のテキトーさや、ぐだぐださに、ちょっとイライラしてしまいました。仕事をしっかり出来てないのに、自分が行きたいハンバーガー屋さんに誘ったり、最後の和牛バーガーを譲らなかったり、なんだか少し不快で、先輩が優しすぎると感じました。好きなことを好きって言うことにした、と先輩がはっきり言うシーンが見せ場かと思いましたが、これまでの回の方が中身が濃かったなーと思いました。相変わらずハンバーガーは美味しそうです。

    (30代・女性)

 

  • 今回は会社員の藤枝と先輩の大谷の話でしたが、ゲストに俳優の勝矢さんや大谷の役に俳優の松田るかさんが出てきて良かったです。グルメバーガーもパイナップルが挟んであったり、作るところも見せてくれたので、作り方がわかって、家でハンバーガーを作るときの参考になりました。大谷が「好きなものを隠さないでいたら、仕事もプライベートも自分に向き合うことが出来た」と言っていたのが、参考になりました。私もそうしてみたいです。

    (50代・女性)

 

  • 可愛いものが大好きなのにひた隠しにしている大谷さんと「新宿のライオン」と自称する藤枝さん。大谷さんは2回目、藤枝さんは何と3回目の出演です。仕事が出来る大谷さんと理想の自分とは程遠いとへこむ藤枝さん。お得意様に行く前に2人でグルメバーガーの店に入りました。最近は余り食指が動かない店ばかりでしたが、久しぶりに唆られました。いつもはバーガーを説明する人が鬱陶しいのに、今回はそう思いませんでした。おおげさな演技をするのがいけなかったと思います。藤枝さんが自分をライオンと言い、大谷さんには「オオカミさん」と言いました。間が良く「大谷だよ!」と言う大谷さん、ナイスです。

    (50代・女性)

 

  • 若さの余裕の23歳。大事な打ち合わせの前に、グルメバーガー店に。松戸の方のお店なので、少し気さくな感じのお店ですが。死ぬほどハンバーガーが好きな訳じゃないという店主、珍しい。肉屋に肉の部位を指定していないグルメバーガーなんですね。バンズもちょっと黒っぽくて、生地にマッシュポテトが練り込んであるそうです。そこにかぼちゃの種が付いていて。古き良きアメリカの装い。「グルメバーガー⁉︎」「いやいや、わざわざ言うほどのこだわりはないしね」とご主人。ガッポリがっつくバーガーよりも、落ち着いてゆっくり少しずつ食べるバーガーも。おいしそうです。

    (40代・男性)

 

  • 和牛のリアルバーガー、美味しそうでしたー!!このドラマを見ていると、次の日はハンバーガーかハンバーグが食べたくなりますよね!前回は冷凍のハンバーグを食べてしまいました。深夜に放送しているので、お腹へってきてしまうので、深夜には見ない方が良いかもしれません。朝ごはんを食べながら、これからは見ようかなと思いつつも、いつも深夜に見てしまうんですよね。肉汁の音がたまらなかったです。和牛のハンバーガーは食べたことがありませんが、いつか食べれるかな……??高いのですかね?笑

    (20代・女性)

 

女子グルメバーガー部の見逃し配信

女子グルメバーガー部を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!