ハケンの品格(2020) 6話の感想【ネタバレあり】

ハケンの品格(2020)6話の感想やあらすじ、キャストをご紹介!感想にはネタバレを含むものもあるのでご注意ください。視聴者の方はどんな意見を持っているのでしょうか。
                       

ハケンの品格(2020) 6話のあらすじ

宮部社長(伊東四朗)からの命令で、会社の立て直しを任され張り切る東海林(大泉洋)。
大前春子(篠原涼子)にも立て直しに協力してもらいたいのだが、素直に言えず…。

そんな中、里中(小泉孝太郎)は、自社ブランドの弁当を作る隅田フーズに、浅野(勝地涼)達を勉強のためにつれて行く。隅田フーズは、昔ながらの日本の良さにこだわった里中肝いりの弁当屋だった。

 

 

ハケンの品格(2020) 6話の感想・評価

  • まず最初に東海林が組織を維持するためにコストカットを断行していく姿が印象に残りました。そしてそんな苦しい状況の中でなんとか
    やろうとする部下の里中、そして外見はクールかも分からないが内面には誰よりも優しさをもっている大前のやり取りが見ていて、とても面白かったです。それと弁当屋のエピソードもとても良かったと思いました。長く働いていた女性のやり取りも優しさが溢れていて
    とても良かったと思いました。これからも楽しみなドラマです。

    (40代・男性)

 

  • 上からの指示で東海林(大泉洋さん)がコストカットを図る中、里中主任(小泉孝太郎さん)が担当するまごころ弁当の利益率が8%と低い状態でした。
    このままでは契約を打ち切るしかないのですが、里中がどうにかコストカットをしようと頑張ります。
    大量の売れ残りが日によってあるのは、天気予報が外れ、晴れ予報で大量に作ったものが雨で売れ残ったりするからです。
    そこでAIにも負けない天気予報士検定を持つ大前春子がここでも活躍しました。
    天気予報も計算して毎日お弁当屋に伝える大前さんの姿はカッコ良かったです。
    一方で、AIが打ち出すコストカットの候補には東海林の名前もありました。
    来週は更に雲行き怪しくなりそうです。

    (30代・女性)

 

  • 業績が悪化している会社を立て直すために、無駄な部分を削減する制度を実施していた。そのため、まごころ弁当を作っていたお弁当やさんを助けるために大前さんも含めみんなで助けているのかと思っていたけれど、大前さんは目先のことだけではなく先のことまで考えておりとても素晴らしいと思いました。また、AIによるムダな社員の切り捨ては正社員の人が切られることもあるのは、自分自身が成長しないとどんな立場であっても安心はできないなと思いました。

    (20代・女性)

 

  • S&Fから契約解除を言い渡された隅田フーズを助けて契約解除をなかったことにするのかと思いました。大手の会社は、必要がなくなればすぐに切り捨てる。自社の生き残りのために必要なことかもしれませんがもう少し、人として考えてもらいたいと思いました。その点大前さんは隅田フーズを思い、引き際を用意してくれました。人として相手を思い、
    再建の道を作ってくれた大前さんは流石です。とても暖かい心を感じました。大前さんがいてくれてよかった。隅田フーズさんも再建されてよかった。

    (50代・女性)

 

  • 毎回大前さんの資格が活躍していて面白い。今回は気象予報士。しかも証明書はカードじゃなくてスマホで表示というところが現代版という感じがしました。大前さんのフラメンコシーンが美しく、13年前と体系は少しふっくらしているところが自然体でいいなと思いました。AIデータの入力に大量の派遣を使っているところにやや違和感を感じましたがああいう単発派遣の仕事も今後はなくなっていくのかと思うとさびしい気がします。最後のリストラ候補は里中さんかと思いきや東海林さんだったことは驚きでした。やっぱり上司の指示どおりに動く社員以外はいらないってことですね。若手社員の活躍ももっと見たいです。

    (50代・女性)

 

  • やっぱり東海林さんがいてこそのハケンの品格だなと改めて思わせる回でした。社長から直々の命を受けて、13年前のように会社のために働く東海林さん。そして東海林さんとやり合う大前春子。このやりとりこそ見たかったものです。何より、心が折れかけた東海林さんが春子の下に向かって、ついポロっと「好きだ」と言ってしまう場面はキュンとしました。13年あったのに進展してない2人の関係にもやもやしていたので、何か展開していきそうな兆しが見えてわくわくしました。

    (20代・女性)

 

  • 春子が、会社の利益より隅田フーズのすばらしさを分かって守ったことが素敵でした。里中も一生懸命だったし、結果としてはすがすがしいですね。東海林はこれから、どうなってしまうのでしょうか。彼だけが苦しい立場に立たされそうなのがザワザワしますね。春子とは関係が進展するのかも注目です。春子の言う通り、会社が本当に危なくなってしまいそうなのがハラハラします。宮部社長の偏った考え方がどんな方向に向かうのか、春子は何か行動を起こすのか、見逃せませんね。

    (50代・女性)

 

  • 東海林さんは、社長からの命令でコストカッターになるが、同期の里中さんが担当している下請けの会社との取引を切るよう命じられた。言葉通り、下請けの隅田フーズとS&Fは取引を切った。しかし、そのあと隅田フーズは大手の会社と大口取引を契約した。その時、大前さんが前に言っていた、日本沈没の意味がわかりました。ドラマではなく、現代社会において正社員だから守られている世の中ではなくなってくるんだなと思いました。

    (30代・女性)

 

  • 北海道から庄司が戻ってきて社内の空気が変わりました。13年前に大前さんに振られた庄司が今回はまた告白します。庄司が大前さんを好きなのは分かりますが、付き合っても上手くいかないような気がします。ドラマでもそうはならないと思います。美味しいと評判の弁当屋にコストカットを要求した挙句に契約の打ち切り。それを見通した大前さんがS&F社とは手を切るように仕向けたりと乱暴なやり方で仕掛けました。確かに大前さんの言う通りでした。弁当屋の主人役はグルメで有名なV6の長野博さんが演じました。長野さんをドラマで見るのは久しぶりでした。清潔感があって良かったです。

    (50代・女性)

 

ハケンの品格のキャスト

大前春子 役:篠原涼子

里中賢介 役:小泉孝太郎

浅野務 役:勝地涼

井手裕太郎 役:杉野遥亮

福岡亜紀 役:吉谷彩子

千葉小夏 役:山本舞香

三田貴士 役:中村海人

近耕作 役:上地雄輔

宇野一平 役:塚地武雅

東海林武 役:大泉洋

宮部蓮三 役:伊東四朗

 

ハケンの品格(続編)の見逃し配信

ハケンの品格(続編)を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!