半沢直樹(続編) 4話の感想や評価・あらすじ【ネタバレあり】

半沢直樹(続編)4話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介。前作から引き続きキャラの濃いキャスト、引き込まれるストーリー、そして堺雅人の演技力。どれも圧巻なのでお見逃しなく!
                       

半沢直樹(続編) 4話のあらすじ

 

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井明彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

 

 

半沢直樹(続編)のキャスト

半沢 直樹 役:堺 雅人

半沢 花 役:上戸 彩

渡真利 忍 役:及川光博

黒崎 駿一 役:片岡愛之助

森山 雅弘 役:賀来賢人

浜村 瞳 役:今田美桜

諸田 祥一 役:池田成志

広重 多加夫 役:山崎銀之丞

三木 重行 役:角田晃広

玉置 克夫 役:今井朋彦

尾西 克彦 役:粟島瑞丸

平山 一正 役:土田英生

野崎 三雄 役:小久保寿人

清田 正伸 役:加藤 啓

苅田 光一 役:丸 一太

原田 浩平 役:持田将史

郷田 行成 役:戸次重幸

岡 光秀 役:益岡 徹

加納 一成 役:井上芳雄

平山 美幸 役:南野陽子

乃原 正太 役:筒井道隆

白井 亜希子 役:江口のりこ

箕部 啓治 役:柄本 明

三笠 洋一郎 役:古田新太

女将・智美 役:井川 遥

瀬名 洋介 役:尾上松也

伊佐山 泰二 役:市川猿之助

中野渡 謙 役:北大路欣也(特別出演)

大和田 暁 役:香川照之

 

半沢直樹(続編) 4話の感想・評価

  • 前回からの話の続きでしたが、とても面白く見ていました。半沢が窮地に追い込まれて、どのような手段を使って問題を解決していくのか注目してドラマを見ていました。その手段のやり方が正攻法だけではなくて、色々な手法をやっていたのが見ていて面白かったです。中でも半沢がかつての敵であった大和田とまで手を組んでまで問題を解決してのがとてもドラマを見ていて印象的なシーンでした。これからこのドラマがどうなっていくのかとても楽しみです。

    (40代・男性)

 

  • 半沢直樹がやっと日本中央銀行へ戻れることが決まって本当に嬉しいです。
    実績も残し、実力もあるのだから当然です。
    今回は三笠の悪だくみにも気づき、それについて話している電脳の音声データを部下が集めてくれたおかげで、その悪だくみを証明できました。
    大和田は今回だけ伊佐山に裏切られて悔しかったのか、因縁の相手でもある半沢と手を組んだようです。
    でも日本中央銀行へ戻った途端、表向きでは素晴らしい人材だからという理由で半沢に投げた案件は、破綻寸前の再建という内容で、また面倒なことになりそうだなと予想されます。
    いつまでも大和田は半沢の敵なんだなと実感しました。

    (30代・女性)

 

  • 毎度ハラハラさせられ続きが気になる半沢直樹ですが、今回の第4話で前半がひと段落します。伊佐山と組んでいるように見えた大和田常務が騙され、因縁のある半沢直樹に協力するというレアな話数で、非常に見応えありました。これにより、これまでの伊佐山と三笠副頭取の悪事が全て暴かれ、視聴している私自身もスッキリしました。そして、半沢直樹は銀行に戻れることになり、証券会社での最後の勝ち組と負け君に関するスピーチが非常に感動するもので、涙が溢れてきました。半沢直樹はシリーズ1から見ていますが、この4話が今までで1番最高な回でした。

    (20代・女性)

 

  • 今回も刺激が強かったです!大和田には参りました!彼の表情は見ていて飽きません。困惑したり泣きそうになったりイライラしたり、まさに七変化という感じです。中央銀行の役員会議に乗り込んできた半沢の発言に対して、合いの手を打つかのように声を上げる大和田には、もう笑いしかありませんでした。そして、あれほど半沢を敵対視し、手強い相手と見ていた伊佐山や三笠が、あっさりと消えていったことには、呆気なく感じています。

    (40代・女性)

 

  • あの大和田が!やっぱり大和田だ…と、大和田に一喜一憂させられる第4話でした。大和田が電脳の裏を暴く最後の切り札になるとは、全く予想できませんでした。副頭取と伊佐山の戦いは非常に醜く、滑稽でしかなかった印象です。半沢は銀行員として働いている姿がやっぱり似合いますが、セントラル証券で輝きを取り戻し始めていて、証券マンとして部下を育てていく半沢の姿をもう少し見たかった気持ちもありました。政府との新たな戦いをどう崩していくのか楽しみです。

    (20代・女性)

 

  • とにかくとにかく、次回が楽しみです。
    今回もすごく面白かったですが、本当に半沢直樹さんは頭の回転が良いですね!また、賀来賢人さん演じる部下など、会社の部下や同期にすごく恵まれていますね。
    今回も、伊佐山こと市川猿之助さんの顔芸は面白いですね…。最近では、市川猿之助さんの顔を見ると、吐き気がするレベルです。それだけ、演技が素晴らしいということですね。また、香川照之さんのお芝居もわざとらしく、こちらも上手いです。来週はどうなることやら!

    (20代・女性)

 

  • 大ピンチからの一発逆転が売りのドラマで第4話はまさに一発逆転のところ。まさかの展開として半沢直樹の宿敵大和田取締役と共闘するとは思いませんでした。大和田取締役といえば「施されたら施し返す恩返しです。」など前作のパロディ要素を入れて少し笑いを取りきている。伊佐山部長含め、前作よりリアクションがオーバーに演じられてると思う。第4話は新章への突入でもあり、銀行に栄転で戻ってきた半沢直樹が今度は国を相手にどんな展開になるのか非常に楽しみです。最後の柄本明さんの顔が闇に満ちた素晴らしい表情でした。

    (20代・男性)

 

  • 伊佐山がまさかの大和田を裏切ったところは、とても迫力があり見ていて面白かった。そして、半沢直樹の勘が鋭くて毎回すごいなと思わされる。因縁の相手でもある大和田に協力を求めらシーンも迫力があってとても見応えがあった。あの演技は台本通りなのかそれとも、アドリブでやっているのかすごく気になる。そして、半沢直樹が証券会社から銀行に戻ってきて、これからどう動くのか、政府との戦いになってどう行動して行くのかこれからもすごく楽しみです。

    (30代・女性)

 

  • 半沢さんが伊佐山さんや三笠副頭取を打ち負かすシーンはあっぱれでした。まさか大和田常務に利用されるとは思いもしませんでした。一先ず電脳の件は解決してよかったです。銀行に戻ると言う栄転を果たすも帝国航空の再建が立ちはだかっています。一難去ってまた一難な半沢さんですが、半沢節で頑張って欲しいと思いました。大和田常務にまんまとはめられている感が否めませんでしたが、なんとか解決してくれることを望みます。次回も楽しみです。

    (20代・女性)

 

  • 大手IT企業の収益に疑問を感じた半沢が、財務担当の玉置と接触を試みるが、口封じの為に会社を追われていた展開は、珍しい話でない現実的なストーリーも人気の一つの理由であると思いました。また半沢の出向先の事で動揺する森山に、人事が怖くて会社員が務まるかのシーンは覚悟を感じられました。半沢の諦めずに可能性を一つ一つ検証して相手に向かっていく行動力と巧みな交渉術は誰もが出来る事ではなく、天性のものを感じました。

    (40代・女性)

 

半沢直樹(続編)の見逃し配信

半沢直樹(続編)を見逃した方や、見逃し動画を視聴したい方はこちらをチェック!