半沢直樹(続編) 5話の感想や評価・あらすじ【ネタバレあり】

半沢直樹(続編)5話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介。前作から引き続きキャラの濃いキャスト、引き込まれるストーリー、そして堺雅人の演技力。どれも圧巻なのでお見逃しなく!
                       

半沢直樹(続編) 5話のあらすじ

 

IT企業・スパイラルの買収劇をめぐり、電脳雑伎集団の粉飾を突き止めた半沢直樹(堺雅人)は、東京中央銀行を救った立役者として本店への復帰を果たした。だが復帰早々、中野渡頭取(北大路欣也)から直々に破綻寸前の帝国航空の再建を任される。

帝国航空は日本の空輸を担い、まさに国を代表する大企業だが、近年の経営状態は決して芳しくない。しかし、労働組合やOBの力が強いため大胆な改革もままならず、もはや身動きが取れなくなっていた。

 

 

半沢直樹(続編)のキャスト

半沢 直樹 役:堺 雅人

半沢 花 役:上戸 彩

渡真利 忍 役:及川光博

黒崎 駿一 役:片岡愛之助

森山 雅弘 役:賀来賢人

浜村 瞳 役:今田美桜

諸田 祥一 役:池田成志

広重 多加夫 役:山崎銀之丞

三木 重行 役:角田晃広

玉置 克夫 役:今井朋彦

尾西 克彦 役:粟島瑞丸

平山 一正 役:土田英生

野崎 三雄 役:小久保寿人

清田 正伸 役:加藤 啓

苅田 光一 役:丸 一太

原田 浩平 役:持田将史

郷田 行成 役:戸次重幸

岡 光秀 役:益岡 徹

加納 一成 役:井上芳雄

平山 美幸 役:南野陽子

乃原 正太 役:筒井道隆

白井 亜希子 役:江口のりこ

箕部 啓治 役:柄本 明

三笠 洋一郎 役:古田新太

女将・智美 役:井川 遥

瀬名 洋介 役:尾上松也

伊佐山 泰二 役:市川猿之助

中野渡 謙 役:北大路欣也(特別出演)

大和田 暁 役:香川照之

 

半沢直樹(続編) 5話の感想・評価

  • 今回の話から新シリーズになったので注目して見ていました。破綻になるかも知れない航空会社に対して、半沢が立て直すと言うストーリーになるのですが、銀行と航空会社と政府相手に対しての対決図式となっていくのがとても面白い視点だなと思って見ていました。中でも改革をしようとする半沢に対して現場で働いている人間達が信頼を寄せようとする時に、会社の情報をリークして混乱に陥れた人物を探し出すと言う展開が、ドラマの一番の見所で面白かったなと思いました。

    (40代・男性)

 

  • 今回の半沢直樹を見て、現実的ではないが共感できるところは、多いにあるのではないかな?と思う。人は、金銭が絡むと欲が出る物だから富を得ると、そのぬるま湯から抜け出せなくなるもの。自分の正義感との闘いで結果を出した者だけが生き残るのではないかと思います。この時代に相応しいドラマかな。でも、大分やり過ぎな部分もあるから否めない。全てを参考には出来なあ~。しかしながら、あんな半沢直樹になりたい今日この頃でした。

    (40代・男性)

 

  • 帝国航空を立て直そうと半沢は現場の声を聞いて企画書を提案するが、上層部への対策が記載されていない都合の良い部分だけにカットした企画書が社内に漏れ反感を食らってしまいました。
    毎回スムーズにはいきませんね。
    社内にリークしたのは永田で、その永田が兄へお金を流していたことを公にできたので、これでやっと社内が一致団結となってやる気は出てきたと思います。
    政府のいう通りに行っても一時的に回復はするけれど原因を直さない限りずっと経営は悪いままです。
    半沢はどこまでも相手の為になって動けるすごいバンカーだと思います。

    (30代・女性)

 

  • 証券会社から航空業界へと舞台がかわり、新たな気持ちで楽しく視聴できました。相手の悪事を暴き出し、徹底的に追求するやり方は一貫していますね。ここぞというときには、怒鳴り声をあげることもしばしばなので、相当な迫力があります。半沢にとっての敵が多すぎて緊張感が半端なく襲ってきます。白井大臣もなかなかの曲者ですが、再生タスクフォースの乃原が、これから最も半沢の前に立ちはだかる大きなカベになることと思われます。

    (40代・女性)

 

  • 大和田との共闘で見事、中央銀行の融資を阻止し元居た中央銀行へ栄転したの半沢でしたが、今回から新しい内容とみて宜しいのではないでしょうか。
    昔の国鉄ではないですが、「日本における主要の航空会社は政府が救済するべきである」みなたいな考えでしょうか。政府の役者さんのリアリティがあってよかったです。
    後は部下役が森山から田島へと変わりました。ずっと森山の印象が強かったので今回の田島は何か役に立つのかなと思いましたが、半沢の仕事を身近に見る事で今後の彼の成長にも期待したいと思います。

    (30代・男性)

 

  • 今話も最後に正義が勝つスカッとする展開でした。そのスカッとする展開まで悪役達の態度がまあムカつくこと。山中さん良い演技をされてました。そして半沢直樹の大和田取締役に対する扱いが話が進むにつれて酷くなってる感じです。それがちょっと笑えます。最後には帝国航空が東京中央銀行の再建案で一致団結したところで今話は終わりますが次話の予告を見るとまた前途多難が待ち受けている感じでした。次話にはあの黒崎検査官が再び登場する見たいなので楽しみです。

    (20代)

 

  • とにかく、今回も面白かったです。
    元東京中央銀行の役員で、政治献金していたり、私腹を肥やしていた、永田さんが、今回はターゲットでした。
    彼の顔を見ると、めちゃくちゃイライラしました。
    ですが、半沢直樹さんが永田を追い詰めていく姿を見て、とってもスカッとしました。
    来週は大好きでもあり、でも大大大嫌いな、黒崎さんがでてくるようなので、それも楽しみではあります。
    今後は白井大臣やタスクフォースがどう半沢直樹に仕向けてくるのか、想像つきませんが、すごく楽しい回になることは間違いないと思います。

    (20代・女性)

 

  • 基本的に半沢直樹が何かで騙されたり落とし入れられたりするが、報復&正当防衛?で解決する、という古典的な水戸黄門風のドラマなのだが、ここでこのセリフだろ!!と決まりきってわかってはいるもののやはり面白い。俳優陣の厚みとキャラの濃さと、おじさん達多めゆえの渋み深みが画面にでているのもあるとおもう。尾上松也ら歌舞伎系俳優もいい味だしてる。ただこのコロナ渦なので、あまり暗い内容すぎるとテンションがさがるなとはおもった。

    (40代・女性)

 

  • 今回から帝国航空再建のストーリーが本格的に始まりました。半沢たちが視察し企業をよく理解した上で出した再建案が改ざんされ従業員に流出してしまう。経営陣の信用を失わせ、国家のタスクフォースに身を委ねた方が得をする人間の仕業だったのだかが、それの人物を突き止め、完膚なきまでに叩きのめす半沢節に今回もシビレました!そして銀行員としてプライドをもって働く半沢は本当に素晴らしいと思います。このドラマを見ていると1つ1つのことを真摯に、真面目に向き合って行動していけばおのずと評価や結果がついてくるのかなと思わせられます。

    (30代・女性)

 

  • 今回も半沢がスカッと振舞ってくれます。まずは社内の敵大和田との対決。やはり今回も大和田による半沢への嫌がらせが炸裂するのですが、悉く意に介さず自分の道を貫く半沢にいら立ちを隠せない大和田の表情が面白すぎます。次に、帝国航空に巣くう裏切り者永田との対決ですが、永田の裏切りを捜査中に彼から言われた「東京中央銀行の出身者として恥ずかしく思う」という一言を説明会の大勢の社員の前で浴びせ返し、倍返しどころか10倍返しぐらいのショックを浴びせる姿に快哉を上げさせてもらいました。最後は政府の役人の横柄な要求に断固拒否する姿にまるでホームランでも見せてもらったようなスカッとした気分をプレゼントしてもらいました。今回も気分爽快でした。

    (40代・男性)

 

  • スパイラルの件がうまくいったと思ったら、今度は帝国航空の債券の回収と言う銀行の命運を左右するような案件を大和田に押してけられてしまいましたね。成功しても、失敗しても大和田が得をするのでなんだか腹が立ちます。本当に油断ならない人物ですね。しかし、半沢はスパイラルの社長、瀬名を味方にできましたね。買収の件で半沢が真摯に瀬名と向き合ってきたおかげですね。帝国航空の件も一筋縄ではいかなさそうですが、いつも通りの倍返しを期待しています。

    (40代・女性)

 

半沢直樹(続編)の見逃し配信

半沢直樹(続編)を見逃した方や、見逃し動画を視聴したい方はこちらをチェック!