半沢直樹(続編) 6話の感想や評価・あらすじ【ネタバレあり】

半沢直樹(続編)6話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介。前作から引き続きキャラの濃いキャスト、引き込まれるストーリー、そして堺雅人の演技力。どれも圧巻なのでお見逃しなく!
                       

半沢直樹(続編) 6話のあらすじ

 

帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する500億の債権放棄を拒否したい半沢(堺雅人)。自らの目で、現場で働く人々を見て何とか再建案を作り上げた半沢たち。
しかし、政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原正太(筒井道隆)は、そんな半沢たちの努力をあざ笑うかのように、再建案を白紙に戻すと容赦なく告げる。その強引かつ高圧的な態度に半沢は反発し宣戦布告。両者は激しく衝突する。

 

 

半沢直樹(続編)のキャスト

半沢 直樹 役:堺 雅人

半沢 花 役:上戸 彩

渡真利 忍 役:及川光博

黒崎 駿一 役:片岡愛之助

森山 雅弘 役:賀来賢人

浜村 瞳 役:今田美桜

諸田 祥一 役:池田成志

広重 多加夫 役:山崎銀之丞

三木 重行 役:角田晃広

玉置 克夫 役:今井朋彦

尾西 克彦 役:粟島瑞丸

平山 一正 役:土田英生

野崎 三雄 役:小久保寿人

清田 正伸 役:加藤 啓

苅田 光一 役:丸 一太

原田 浩平 役:持田将史

郷田 行成 役:戸次重幸

岡 光秀 役:益岡 徹

加納 一成 役:井上芳雄

平山 美幸 役:南野陽子

乃原 正太 役:筒井道隆

白井 亜希子 役:江口のりこ

箕部 啓治 役:柄本 明

三笠 洋一郎 役:古田新太

女将・智美 役:井川 遥

瀬名 洋介 役:尾上松也

伊佐山 泰二 役:市川猿之助

中野渡 謙 役:北大路欣也(特別出演)

大和田 暁 役:香川照之

 

半沢直樹(続編) 6話の感想・評価

  • 帝国航空の山久が東京中央銀行の曾根崎からミスを被ってくれと提案があり、従業員の転職先を考えしぶしぶ受け入れたのが可哀そうで仕方ありません。
    しかし、銀行内での裏切り者が多すぎるなと改めて思いました。
    また、政府の白井が力を持って動いているので、敵対視されている半沢とは今後もたくさん戦うことがありそうな予感がします。
    開発投資銀行の鉄の女と言われる谷川は、怖そうに見えるけれど、頭が良さそうなので、半沢のように頭が切れる人には味方になってくれるかもしれません。

    (30代・女性)

 

  • 帝国航空のリストラで次の職場を探してあげるなんて、昔話であったと思い出しました。今どきはそんな親切な企業が無くなってしまったことを憂いてしまいました。専業主婦で旦那な仕事内容や状況を全く感知せずに能天気な発見をしてしまう奥さんも今ではいなくなってしまった種族で懐かしかったです。政治家に睨まれて計画を阻止されてしまっていることについては、是非打開して欲しいと思います。実社会でもあのようなやりとりをしているかと思うと怒りがこみ上げてきます。

    (40代・女性)

 

  • 半沢の周りは、敵また敵!という印象です。
    曾根崎の不正を暴いたと思えば、また次の難題がのしかかってきて、次々進んでいく早い展開に、息つく暇もなく視聴し続けています。白井大臣に、内部情報を垂れ流している裏切り者は、誰であるのか?という問題が浮上してきました。大和田はもちろんのこと、紀本も一癖も二癖もあるように見えます。彼らの裏の顔が炙り出されてくることが、これからの楽しみになります。頭取が頭を下げる場面は、なんとも言えない気まずい気持ちになりました。

    (40代・女性)

 

  • 敵が強く大きいほど、己の正義を貫く熱意を燃やす半沢直樹。今回の相手は政府と言うことで、あまりに大きな敵となります。タスクフォースのメンバーは、憎たらしく描かれていますが、その方が半沢の倍返しが決まった時にすかっとする展開になるので、非常に楽しみです。今回は、航空会社の従業員のリストラ先を、給料ではなく同じ航空会社の仕事を見つけてあげると言う、人に寄り添った半沢らしい行動が良かったと思います。 その方が半沢の倍返しが決まった時にすかっとする展開になるので、非常に楽しみです。今回は、航空会社の従業員のリストラ先を、給料ではなく同じ航空会社の仕事を見つけてあげると言う、人に寄り添った半沢らしい行動が良かったと思います。

    (40代・男性)

 

  • 緊迫感があり人気ドラマと言われる理由が良く分かる回だったと思います。中でも印象的なシーンは金融庁からの監査が入り不備が見為に銀行がピンチに陥ってしまう所が印象に残りました。銀行の内部からの裏切りにより半沢が窮地になってしまう所と色んな策を練ってなんとか打開していったシーンは緊迫感があったなと見ていて感じました。そうして物事が上手く行くのかなと思いきや国からの命令により業務を改善しなければいけなくなってしまう所なんかは、これからどうやって倍返ししていくのかが楽しみです。

    (40代・男性)

 

  • 今回の半沢直樹にも、スカッとする場面はあり、見ていてスッキリしましたが、これまでと比べて半沢が窮地に追い込まれるシーンが大半を占めていたために、モヤモヤが残ってしまいました。半沢を追い込む悪役たちは、これ以上ないくらいに憎たらしいとしか言いようがありません。山久部長は半沢を信頼しつつも、身を切る改革を迫った半沢が憎いと言った場面は見ていて辛い気持ちになりました。でも、半沢と山久部長が握手をしたシーンは涙が流れてきました。

    (30代・女性)

 

  • 半沢直樹は早速白井大臣に盾突きます。そしてそれが原因で金融庁検査が東京中央銀行に入って黒崎検査官登場のお決まりパターンです。半沢直樹との絡みはまさに見どころです。そして金融庁検査がきっかけで曽根崎が裏切り行為をします。東京中央銀行は問題児多すぎです。そして最終的には東京中央銀行は金融庁より業務改善命令を受けてしまいます。さらに帝国航空再建の方も白井大臣の権力で暗礁に乗り上げてしまいます。最終的な倍返しに期待します。

    (20代)

 

  • 私は前回の半沢直樹を見てなかったのですが、今回見るようになったきっかけは凄く社会人として内容がためになるからです。銀行での上下関係や融資に関してのいろいろなことなど、本当に裏では大変なのだとつくづく思います。それでもなお、信念をもって戦っていく半沢さんはすごいと思い、このような生き方をしたいと見習っていきたいと思っています。また、いろいろな方の支えもあるため、支えている家族や同僚を大事にしないとなぁと本当に思いました。

    (20代・女性)

 

  • 相変わらず、緊迫した場面でも、笑えるところもあり、1時間が一瞬で終わります。普段わからない金融業界の内部が垣間見れて、実際にもこんなことがあるのかと思ってしまいますね。これからは政府に対抗していくので、どうやって解決するのか期待してます。スカッとしたい。黒幕は紀本かな…。小料理屋の女将との繋がりが鍵になるのかなと思ってます。後、毎回夫を疑う花のシーンがありますが、趣旨はほっこりさせたいんでしょうが、ほっこりしません。唯一残念です。毎週日曜日の夜が楽しみで待ち遠しいです。

    (40代・女性)

 

  • 半沢VS国家組織の勝負の結果は、半沢の負けだったがまだ一回戦が終わっただけであり、最後に久しぶりに半沢がやられたら倍返しのセリフを聞き、本当の勝負はこれからである事やこれこそが本来の半沢直樹であると思いました。また最初から国家組織や大臣という立場で銀行に脅しをかけにわざわざ出向いた事や最後に権限を使用して認可を認めない事から、本当は権力しか使えない能力がない大臣なのではないのだろうかと思いました。

    (40代・女性)

 

  • とにかく、今回も面白かったです!今回は、黒崎や大和田に加え、半沢直樹も顔芸が凄かった気がします。大和田の顔芸はいつもですが、なんでこんなにもあんな表情を見せることが出来るのか、謎なくらいです。大好きでもあり、大嫌いな黒崎がまた登場してくれたので、ウキウキしながら見させて頂きました。あのオカマみたいな口調は片岡愛之助さんにピッタリですね。これからは、女大臣がキーパーソンになると思うので、女大臣にめちゃくちゃイライラしたいです!来週も楽しみにしています。

    (20代・女性)

 

  • 今回は帝国航空の再建の話なのですが、そこに政府が絡んでくること自体がややこしくなっていると思いました。また、その原因を作っている東京中央銀行の裏切り者は誰かと言えば、取締役の大和田のような気がします、どうしてかというと大和田は半沢に対して仕返しを考えていると思うので、裏切り者に一番なると思うからです。もし大和田であると大和田は東京中央銀行に残れないと思います。帝国航空タスクフォースのリーダーの乃原役の筒井道隆さんは最近はヒール役が多く、イメージも変わったような気がします。

    (50代・女性)

 

半沢直樹(続編)の見逃し配信

半沢直樹(続編)を見逃した方や、見逃し動画を視聴したい方はこちらをチェック!