警視庁・捜査一課長 2020 5話の感想【ネタバレあり】

警視庁・捜査一課長 2020 5話の感想をまとめました!あらすじや見逃し情報も紹介しています。ネタバレも含んでいるのでご注意ください!今回のキーワードは「キャミソール」です。
                       

警視庁・捜査一課長 2020 5話のあらすじ

 

キャミソールを手にした女性が、ビル屋上から転落死する事件が発生した。目撃者によると、彼女はキャミソールにしがみつくように屋上からぶら下がっていたが、しばらくして力尽きた様子で落下。屋上には犯人らしき人物の影も見えたという。

 

 

 

警視庁・捜査一課長 2020 5話の感想

  • 平井役の斉藤由貴さんがいいキャラしていますね。ずけずけものを言うスタイルは見ていて清々しいです。平井が頭を前後にくいくいと動かして大福を食べるシーンがおかしくて、後ろでしゃべっている演者のセリフが頭に入ってこなかったです。また、強引なストーリーの展開もいいですね。大岩が奥さんとの何気ない日常会話で捜査のヒントを閃いたり、笹川刑事部長がいきなり屋上からロープで降りてきて捜査のヒントになることを言ったりと、よく演者たちは強引なストーリーの展開に吹きださないのかと思います。

    (30代・男性)

 

  • 娯楽に徹した内容で、大変面白かったです。冒頭の「ありえないもの」を握ったご遺体の連絡を受けるシーンからラストの自宅での奥様と飼い猫との団欒シーンまで、この番組のファンならお馴染みの、ルーティン化した、時にコミカルな演出やセリフの連続がテンポよく続き、最後のシーンまで飽きることなく楽しんで観られるのは大変素晴らしいことだと思います。ただ、犯行の動機の部分がややお涙頂戴的なものだったことが少々気になりました。その部分も出来れば娯楽に徹して欲しかったと個人的には感じています。

    (50代・男性)

 

  • 殺害された女性がつかんでいたキャミソールがあまりにもダサかった。母親のお下がりを元にしたと説明があったがあのデザインでは流行らないと思う。屋上でキャミソールを投げ捨てられて柵に身を乗り出して取ろうとするのは不自然で気になった。犯人が足を持ち上げて落とさなくても落ちたかもしれないし未必の故意に留めた方が犯人に多少は救いがあると思う。あと劇中で何度も「しがみつく」というワードが出てきてくどかった。ゲストの登場人物の名前に色が入っていたが特に事件に関わりがなく拍子抜けだった。

    (30代・女性)

 

  • 自然と見逃すことなく毎週みれています、
    一話完結というところがとても気に入っており、長々とストーリーをひっはみらないでいてくれるので万が一見逃しても次回はもういいや!とはならずして翌週に持ち越せます!!あと、好きだの嫌いだのの恋愛のいざござがないのもドラマとしてとてもみやすいです。色恋をまぜるとめんどうなのでそれがないのも毎週見ている理由かと思います。

    (30代・女性)

 

  • キャミソールを握りしめて亡くなったご遺体は、昔キャミソールをデザインして売れたという過去にしがみついているご遺体でした。犯人は過去に一緒に会社を立ち上げようとしていた、秘書でした。秘書は幼少時に母に捨てられて、しがみついて止められなかったという思いを抱いていました。犯人が自分を脅し、社長を脅しているのを見て、犯行に至ってしまったようでした。大切な人をしがみついてでも離さない強さを持っていたら結末は変わっていたのかなと思いました。最後に一課長に仕事にしがみついているから〜という奥さんがかわいいなと思いました。

    (30代・女性)

 

  • 青崎美枝の転落死はてっきり元同僚であった赤堀社長が犯人だと思ったら業務提携していたKKドレスの黒坂社長の秘書緑沢いづみだったとは。
    この緑沢いづみも赤堀社長と青崎美枝と元同僚の関係。
    自分のやりたかった子供向けブランドが頓挫した為黒坂社長に泣きついて秘書にしてもらったみたいだけど今度は2人の大人の関係を知った青崎美枝に揺すられると言う最悪の展開。
    赤堀社長がビルの屋上から青崎が大事にしていたキャミソールを投げ飛ばした時外壁に引っ掛かったりしていなければ緑沢いづみも犯行には及ばなかったでしょうね。
    きっととっさに取ってしまった行動なんでしょうね。

    (40代・男性)

 

  • 最初、キャミソールをつかんだまま落ちてしまった被害者が落下した場面はちょっと怖かったです。被害者が勤めていた会社の社長はお母さんが小さいころいなくなっており。被害者がつかんでいたキャミソールを商品として出荷し、その10年後ぐらいで大成功を収めてすごいと感じました。捜査一課長が聞き込み調査の結果、ライバル会社の社長の秘書が被害者の務めいてた社長と会議しているところを撮影した画像を見たところ、その時間に飛んでいるはずのない飛行機が撮影されており、アリバイが崩れたところはこのような証拠についても調査するんだと感心しました。最後は陰から見ていた秘書がドンって押して落としたところはびっくりしました。

    (40代・男性)

 

  • 久々に酒井若菜さんがドラマ出演されていて、非常に面白かったです。幼少期の頃の苦い思い出を子供服デザイナーとしてやっていき、「しがみつかない」生き方を装って、最後の元仲間との屋上でのやり取りもとてもよかったです。また、毎回楽しみな刑事部長との掛け合いでは、今回外壁から避難訓練を装い登場して、最高によかったです。あと、ナイツ塙さんの演技が、徐々にうまくなってきているのも楽しみです。

    (40代・男性)

 

警視庁・捜査一課長 2020の見逃し配信

警視庁・捜査一課長 2020を見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!