地獄のガールフレンド 1話の感想【ネタバレあり】

地獄のガールフレンド1話の感想
地獄のガールフレンド 1話の感想をまとめました!1話のあらすじや見逃し情報も紹介しています。FODでは全話先行配信中。無料体験もあるのでぜひチェックしてみてください。
                       

地獄のガールフレンド 1話

地獄のガールフレンド1話の感想

 

島田加南は、ワンオペ育児やモラハラ夫に疲れ、離婚しシングルマザーとしての一歩を踏み出すために新居を探していた。一方、首藤悠里は、6年間も住んだアパートの取り壊しが決まり区役所へ相談に来ていた。二人は、区役所の掲示板に「同居人募集!」の張り紙を見つけ、とある一軒家に面談に行く。家主の共同経営者・鹿谷に案内されて中に入ると、そこはゴミ屋敷。通された先には、美しい容姿をした出口奈央がいた。奈央は、家のお掃除をしてくれることを条件に「友達になる訳ではないから、お互い気楽に好きなことをしましょう。」と簡単に入居を許可する。性格や仕事、立場も全く違う3人のシェアハウス生活がスタートする。

 

 

 

地獄のガールフレンド 1話の感想

  • 部屋を掃除してくれることを条件に一緒に住んでくれる人を探していましたが、こんなにも簡単に来てくれるとは思ってもなかったです。あんなゴミだらけの家を掃除するなんて、気が遠く感じました。加藤ローサさんの旦那さんが物の言い方に関してキツイなと思いました。仕事をしたい女性はたくさんいるのに理解して、もっと優しくても良いと思いました。また、家に訪問したときに初めてなのに軽い感じで話をしていてそれで良いのかと突っ込みたくなりました。家主が自由すぎました。

    (30代・女性)

 

地獄のガールフレンドの見逃し配信

地獄のガールフレンドを全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!