地獄のガールフレンド 10話(最終回)の感想【ネタバレあり】

地獄のガールフレンド10話(最終回)のあらすじやネタバレ感想まとめ
地獄のガールフレンド 10話(最終回)の感想をまとめました!あらすじや見逃し情報も紹介しています。FODでは全話配信中。無料体験もあるのでぜひチェックしてみてください。
                       

地獄のガールフレンド 10話(最終回)のあらすじ

地獄のガールフレンド10話(最終回)のあらすじやネタバレ感想まとめ

 

前に進むために3人はシェアハウスを解散することを決断する。加南が部屋を見渡しながら、シェアハウスで過ごした日々を思い出し感慨に更けていると・・・奈央がついにシェアハウスに男を連れて帰ってきた。その様子を伺いソワソワする加南と悠里に、奈央は田辺からの貢ぎ物の“ジンギスカン”で最後の晩餐をしようと提案する。翌日、加南が買い出しから戻ると、台所には鹿谷!?わざわざジンギスカン鍋を持ってきた田辺まで・・・。渋々、石原も呼び、賑やかなホームパーティに・・・。しかし、3人はその雰囲気に違和感を感じ始める。最後の晩餐の行く末は―!?

 

 

 

地獄のガールフレンド 10話(最終回)の感想

  • 終わってしまいましたね、最終回。なのに、予告されていたシェアハウス解散は無くなり、安心しました。「いつでも脱出できるのが、この家のウリ」と言っていたオーナーの奈央さんが、急転換。「やっぱり、3人がいいなぁ」。なぜなら、仲良しぶりを監視し合うSNS関係。それに引き換え、お互い干渉しない約束で始まったシェアハウス。マイペースでエンジョイできると、結婚外の家族になっちゃって。割りを食ったのは、3人と交際中の男性3人。「ひっでぇなぁ」と言ってましたね。ただ、自分のようなファンは喜びました。トゥントゥントゥントゥン。エンディング・テーマ「Never Grow Up」(ちゃんみな)。また、このペースがいいですねぇ。大人になれなくたって…、ねぇ。

    (40代・男性)

 

  • 率直な感想を言うと毎回共感できたりわくわくできたりするお話でしたが、終わり方が雑だなぁと感じてしまいました。すっきりできない、3人が中途半端な状態で、ここで解散してどうなるんだろうと思いました。みんな前向きになれたのは間違えないということなのでしょうか。でも確かに3人で仲良くワーキャーやっててもこの先ずるずる行ってしまうだけでは?ということを伝えたかったのかもしれません。毎回考えさせられるエピソードでした。

    (20代・女性)

 

地獄のガールフレンドの見逃し配信

地獄のガールフレンドを全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!