地獄のガールフレンド 3話の感想【ネタバレあり】

地獄のガールフレンド3話のあらすじ
地獄のガールフレンド 3話の感想をまとめました!3話のあらすじや見逃し情報も紹介しています。FODでは全話先行配信中。無料体験もあるのでぜひチェックしてみてください。
                       

地獄のガールフレンド 3話のあらすじ

地獄のガールフレンド3話のあらすじ

 

腰を痛めた加南は、奈央の紹介で腕のいい整骨院に通うことに。22歳の若くて可愛い石原先生の“気持ち良すぎる”施術で、心地いい時間を過ごしていた。悠里は、妊娠・出産・育児に優遇される同僚の仕事を押し付けられ、残業を強いられることに腹が立ち、家族を持つ“誰かのために生きる”女性が気に入らないと嘆く。近頃肌がツヤッツヤな加南に詰め寄ると、石原先生のマッサージについての話題に・・・。「後腐れもなく、女性ホルモン全開になる」と石原君のマッサージを風俗みたいに言う奈央に怪訝な顔の悠里と少し納得している加南。続けて奈央は『女のための風俗だってあっていいよね?』と主張し、自分たちの求める“女のための風俗”を作ろうと女たちの話は進んでいく・・・

 

 

 

地獄のガールフレンド 3話の感想

  • 仕事を押し付けられる独身女性の切なさや、シングルマザーの恋愛感など、とてもシリアスな雰囲気になる場面もありましたが、自由奔放な女性の一声からソープランドを発足しようと動き出す姿にはクスっと笑えました。結局諦めた結末でしたが、これからのシングルマザーの恋愛がどうなっていくのかがとても気になります。独身女性の芯の強さや自由を武器に新たなことに挑戦したりする姿を期待しています。一番初めは三人が仲良くなれるのかがとても不安な感じでしたがあっという間に距離が縮まっているので、これからの女三人の言動には目が離せません。

    (30代・女性)

 

  • 訳ありのそれぞれ全く性格も違う3人の共同生活を描いたもの。様々なタイプの女性の恋愛、仕事、人生の考え方を表しており考えさせられる作品。当たり前だと思っていたことがそうでなかったり、勇気付けられたりする物語。これから一緒に生活する中で広がっていく3人の視野や恋愛物語にも注目しながら楽しめます。正に私たちが普段から中々言葉にできない悩みや思いを包み隠さず赤裸々に主人公たちが語ってくれるので見ていてすっきりする。

    (20代・女性)

 

地獄のガールフレンドの見逃し配信

地獄のガールフレンドを全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!