地獄のガールフレンド 4話の感想【ネタバレあり】

地獄のガールフレンド4話の詳細
地獄のガールフレンド 4話の感想をまとめました!4話のあらすじや見逃し情報も紹介しています。FODでは全話先行配信中。無料体験もあるのでぜひチェックしてみてください。
                       

地獄のガールフレンド 4話のあらすじ

地獄のガールフレンド4話の詳細

 

愛読書「求めない」を読み、通勤している悠里。オフィスで新入社員の大半が彼氏ができたことがない恋愛未経験であると知った悠里は、その話を2人にする。奈央は「恋だって暇つぶしでしょ」と言い切り、「恋していない人って普段何してるの?」と悠里に視線を送る。その夜、叫び声をあげて目が覚めた悠里は、昔の不倫相手の夢を見て嫌悪感を感じた自分にショックを受け、「この先こんな風に思うなら付き合う理由あるのか」と悲しむ。そんな悠里に「来週までに好きな人を見つけよう」と提案する奈央。悠里は街コンのポスターを目にし参加すると、同世代の鎌田らと出会い、知らなかった世界へ誘われていく。

 

 

 

地獄のガールフレンド 4話の感想

  • 悠里が「求めない」という本を読み、求めないことで人への見方が変わるということを実感して、たまたま参加した合コンで男性と巡り合うストーリーがとてもドキドキしました。悠里さんは今まで静かで地味なイメージがありましたが、男性とデートして自分の過去を話している姿はとても微笑ましかったです。結局は怖い感じの宗教への勧誘でヨガをしている姿は怪しい感じがしましたが、悠里さんはなんだか楽しそうな表情をしていたので、物事の価値の判断は人それぞれ違うのだなと、考えさせられました。

    (30代・女性)

 

地獄のガールフレンドの見逃し配信

地獄のガールフレンドを全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!