きょうの猫村さん 17話の感想【ネタバレあり】

きょうの猫村さん 17話の感想をまとめました!あらすじや見逃し情報も紹介しています。坊ちゃんを想う猫村さん、その想いは届くのでしょうか…。松重豊さんの演技にご注目です!
                       

きょうの猫村さん 17話のあらすじ

 

漢字ドリルの「愛人」という言葉をきっかけに、奉公先の犬神家の噂話を始める猫村ねこ(松重豊)と山田さん(市川実日子)。奥さん(石田ひかり)に注意されてしまうが…。

 

 

きょうの猫村さん 17話の感想

  • 裏の坊やからいらなくなった漢字ドリルをもらった猫村さんが書き方練習の「愛人」という字に反応して、奉公先のご主人の不倫を思い出し、家政婦仲間の山田さんと噂話をしようとすると、奥さんに見つかり叱られます。村田家政婦紹介所の合言葉なのでしょう、山田さんと2人で「家政婦は見ない」と奥さんに反省の意味も込めて唱え出します。いつものように、ふとした日常の風景を切り取った中に「家政婦は見た」をもじったギャグが出てきたことでクスッと笑ってしまいました。

    (30代・女性)

 

  • 猫村さん、漢字も書けるのですね、意外と難しい漢字を勉強していました。「愛人」。回想シーンで猫村さんが筆で書いた字を坊っちゃん「パーフェクト!」って言ってましたが、全然パーフェクトじゃありませんでした。やはり優しい坊っちゃんです。いや、単なるバカなのかしら?「家政婦は見ない」って言われてもそれは無理です。家政婦だって人間だもの。あ、猫村さんは猫ですが。人の不幸は蜜の味、猫の世界も同じなのですね。今のご時世、不倫には厳しいので、そろそろやめた方がいいですね、ご主人様。

    (50代・女性)

 

  • 「家政婦は見ない‼︎」はお約束!のはず。猫なら見ちゃってていい、というのはまずいですね。しかし、「お掃除、お料理、お洗濯」、抜群な猫村さんですが、字を書く問題がありましたね。なんとなく読む事はできるんでしょうか。かわいいですよね。けれど、奉公先のご主人の浮気の話、ネットの匿名の書き込みとかがまずいですよね。そこも勉強しなくても、猫村さんなら。念の為、家政婦紹介所で確認を。そういうの知らないっていうのもあるかもしれませんね。

    (40代・男性)

 

きょうの猫村さんの見逃し配信

きょうの猫村さんを見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!