M 愛すべき人がいて 1話の感想【ネタバレあり】

M 愛すべき人がいて 1話の感想をまとめました!あらすじや見逃し情報も紹介しています。ネタバレも含んでいるのでご注意ください。アユの物語、ドラマで覗いてみませんか?
                       

M 愛すべき人がいて 1話のあらすじ

 

1993年、福岡から祖母とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。
そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。
一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。

 

 

M 愛すべき人がいて 1話の感想

  • 今クールで一番注目しています。個人的にテレビ朝日の深夜帯のドラマは面白いと思いますし、浜崎あゆみを特別好きということではありませんか、やはり浜崎世代のど真ん中ですし、自然と見てみようという気持ちになりました。
    主演の安斉かれんという方も実在するのか?と言われていた謎が多い女性でしたが、役はハマっていたように感じます。
    浜崎あゆみは元々歌手志望でなかったり、女優時代の事務所を急に辞めた展開など次週以降も見ようと思える内容でした。

    (30代・男性)

 

  • まず三浦翔平さん演じるマサさんがかっこよすぎるし、アユ役の安斉かれんちゃんも初めて見たけどかわいい!応援したくなる!!
    そしてマサさんの秘書役の田中みな実さんが怖すぎる、、!でもドロドロ大好物だから見ていて楽しいし、最後までとことん嫌な女を演じてほしい(笑)
    右目の眼帯の謎はこれから明かされていくのかな??マサさんが関係してるっぽい??
    私は原作を読んでいないし、ドラマを観る前はあまり期待していなかったけど、アユ世代でCDも集めて聞いていたので懐かしい気分になれた!
    次回予告に大好きな水野美紀さんが出ていたので、次週も楽しみ♬

    (20代・女性)

 

  • ドラマが始まる前から話題になっていたドラマで初回放送をとても楽しみにしていました。
    もともと浜崎あゆみのファンではなかったのですが、出演者の顔ぶれも豪華なだけあって最後まで飽きずに見る事ができました。
    ただ主役がエイベックスで売り出し中のシンガーソングライターということもあって、安斉かれんの演技があまり上手でないところはマイナスポイントです。
    「同じような境遇だからリンクしておもしろい」ということなのでしょうが、もう少し演技力が上がれば観やすいな…と思います。

    (20代・女性)

 

  • まず、アユ役の安斉かれんさんさんは歌手だそうでさすがに歌が上手だと思いました。歌手の浜崎あゆみさんに似ていなくてはならないので、安斉さんが選ばれたと思いました。民間のドラマには珍しく、モデルとなる人がいてその人の一生を描くドラマは意外で、かつ新鮮な気がしました。また、マサ役の三浦翔平さんはかっこよく、モデルとなる人もこんなにかっこよいのか、気になりました。それから共演者の田中みな実さんはあくの強い役で、ドラマに出演するたびに演技が上手になっていきます。

    (50代・女性)

 

  • 「M 愛すべき人がいて」は浜崎あゆみさんの半生を描いていると話題になった作品だったのでドラマ化が楽しみでした。主演の安斉かれんさんは浜崎あゆみさんに声質がそっくりで話し始めたとき驚きました。見た目も彼女以上の適任はいないと思います。専務秘書の姫野礼香役の田中みな実さんの眼帯姿も素敵でしたし彼女が場を引っ掻き回すのも魅力的でした。1話で主人公のアユは中谷プロを辞めてA VICTORYと契約するのですが、中谷プロ以上に波乱の予感が満載で主人公の純粋さと合わない世界観にハラハラどきどきします。2話からも楽しみです。

    (20代・女性)

 

  • 浜崎あゆみさんの全盛期を知らない世代なので浜崎あゆみはデビュー前こんな感じだったんだなと素直に見ることができました。アユ役の女優さんの演技がまだ少し棒読みっぽかったのでそこが気になりました。浜崎あゆみが最初は歌じゃなくて女優やタレントの仕事をしていたことにすごく驚きました。マサさんと約束したお店の前で歌うシーンはすごく良かったです。高校を辞めてどんな仕事でもやるという根性はすごいなと思いました。アユと一緒に上京してくるのがお母さんじゃなくておばあちゃんというのもすごいなと思いました。

    (20代・女性)

 

  • 平成の歌姫と言われ、圧倒的なカリスマ性を持ったあの浜崎あゆみの人生を基につくられたストーリーに、ドンピシャ世代の私は興味を持ちました。本は読んでいなかったのですが、多くのメディアで内容を紹介していたのでだいたいのあらすじは知っていました。実際に1話をみてみると、アユ役の安斉かれんが本物のあゆに似ていてびっくりしました。マサ役、礼香役、大浜役の役者たちの演技に勢いがあって夢物語のこのストーリーにはピッタリな演技だと思いました。マサとアユが出会うシーン、マサがアユを信じて待つシーン、アユがマサに気づいてもらうために歌うシーンには二人がお互いに引き寄せられている感じがして良かったです。また7回目の電話でアユとマサが会う約束をしたとき、あの歌の通りで嬉しくなりました。浜崎あゆみファンなので、これからも見届けたいと思います。

    (20代・女性)

 

  • アユ役の安斉かれんさんはデビューして一年くらいのシンガーソングライターで、本格的な演技はこれが初めてのようですが、小顔だし、アユの雰囲気は出ていたかなと思いました。ガングロなどが流行していた時代に色白を通していたアユが新鮮でしたがそれをうまく演じてくれていたので楽しかった。どのようにしてアユがデビューしていくのか、マサとの関係がどのように発展していくのか、礼香の眼帯の意味がどういうものなのかすごく気になる点がたくさんあるドラマで次回が楽しみです。

    (20代・女性)

 

  • 平成の歌姫「浜崎あゆみ」がデビューし、歌姫となるまでのノンフィクションドラマである。当時の平成のヒット曲がいくつも流れたり、時代を感じさせるファッションがとてもみていておもしろかった。出演している「まさ」の秘書役「田中みな実さん」は眼帯をつけた謎の女であるが、とてもおそろしく似合っていた。今後彼女にどのような秘密があるのか楽しみになる。主人公を演じる安斉かれんさんはシンガーソングライターということで、演技は下手だった。

    (20代・女性)

 

  • アユがどうやってマサと出会ったのか凄く分かりやすく、時間をあっという間に感じるほどテンポが良く面白かったです。そして、アユ役の安斉かれんさんの歌声が浜崎あゆみに似ていて驚きました。とても惹かれる歌声に魅了され、もっとドラマを見たいと思わせてくれました。マサ役の三浦翔平さんは、文句なしの演技力でアユを見つめる目線が素敵でした。歌姫が誕生するまでのストーリー展開を分かっていても、十分に楽しめるドラマだと思いました。

    (30代・女性)

 

  • マサが上司に対し、「凄い歌手を探して見せる!」と威張ってしまった場面は凄いと思いました。
    普通ならクビになってもおかしくないけれど、マサはそのくらい必死だったのだろうなと感じました。
    一方で、家のために芸能界で頑張ろうと大きな夢を目指すアユとマサが出会うのは、不思議だなと見終わった後に思いました。
    アユは結果的に有名になることが見えているけれど、売れなければ厳しい仕事なので、今後どうなってしまうのか気になりました。

    (30代・女性)

 

  • 田中みなみさんのファンで田中みなみさんが見たくてドラマを見ました。あゆの全盛期を知る世代ですがあゆのことはあまりよく知らず、ドラマもフィクションなのかノンフィクションなのかよくわからないで話半分のような感じで見ています。
    実際にあったこととしてドラマを見るとあまりピンとこないのですが、ただのドラマとして楽しむといい気がしていますし、なんだかドラマチックで非日常的な話で結構楽しめました。
    主人公の女優さんは新人ですが可愛いし演技も上手くてすぐに話に入り込めました。相手役も田中みなみさんも大げさですがドラマチックで普通に楽しめました。
    いろんな懐かしいヒット曲が流れるので次回はそれも楽しみに見ようと思います。

    (40代・女性)

 

  • 出会いのストーリーで、あゆが松浦さんの目に止まって出会う事が出来たかがよくわかりました。ドラマなんで色々違うところもあるかもしれませんが流れがよくわかりました。人生ってすごいなぁと感じました。これから先に色んな事が待ち受けているんだろうなと思いながら観ていました。今からが楽しみです。内容は大体知っていますけどドラマになってると観やすいし、分かりやすいので楽しみです。来週も観たいと思います。

    (40代・女性)

 

  • 90年代2000年代当時の流行やファッションを懐かしみながら見れました。avexの若手アーティストの方々が歌手役で出演されていたので、歌のレベルは高かったです。劇中でマサからの7回目の電話で呼び出されたアユを見て、浜崎あゆみさんのappearsを思い出せずにはいられませんでした。今後も浜崎あゆみさんの曲とリンクする出来事が起こるのかと思うと楽しみです。それにしても安斉かれんさんが浜崎あゆみさんに似ていて可愛いですね。今後も応援したいと思いました。

    (20代・女性)

 

  • 私が学生時代の時は、浜崎あゆみさんはスターで歌も容姿もファッションも憧れでした。
    浜崎あゆみさんと松浦社長との恋愛ドラマを見ることができて嬉しいです。このドラマで、1つの時代を作ることができる人は根性と度胸がある人ではないとできないのだと思いました。
    浜崎あゆみさんが華やかなイメージだったので、苦労してスターになったことがわかりました。また、このドラマで、意外なキャストの田中みな実さんや白濱亜嵐さんも出演にビックリしました。演技しているイメージがなかったので、新鮮でした。

    (30代・女性)

 

M 愛すべき人がいての見逃し配信

M 愛すべき人がいてを見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!