隕石家族 2話の感想【ネタバレあり】

隕石家族の2話の感想をまとめました!2話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

隕石家族 2話【4/18放送】

 

久美子(羽田美智子)の家出騒動は一件落着かに見えたが、高校時代の同級生キャプテンこと片瀬(中村俊介)との仲は密かに継続。

しかも久美子の相手だとは露知らず、和彦(天野ひろゆき)も偶然趣味を通じて知り合った片瀬と親交を深めていた…

 

隕石家族 2話の感想

 

  • 隕石が落ちてくるまで、あと145日、第2話は「ルールは守りましょう」がテーマである。ゴミ出しのルールを守らない田中さんとそれを許せない御園さんの結末はルールを守らないと土の中に埋められるという事件にまで発展してしまった。姑の幼少時代の記憶の中で村のしきたりというルールを守らなかった家族が埋められたのは自分のせいだと何十年も思い悩んだ結末は嫁に話す事で長念の思い込みから解き放たれた。どちらも、最後は(やれやれ)というと結果に落ち着く。誰にでも、こだわりや思い込みはあるものだけど、それが、あれが落ちてくる時だからこそ表に出て解決したのだと思う。そこに家族や地域の方の思いやりがあればこそだ。第1話からのママの秘密、それに絡むパパの意味深な行動、美咲の秘密が次回暴かれるのか守られるのか、又そうじゃない方が幸せなのか、それを左右するのは結月と翔太の関わりがキーポイントだと面白い。(50代女性)

 

  • ゴミ出しのルールを守らない田中さんがおばあちゃんによって畑に埋められてしまうという衝撃の展開から、おばあちゃんの過去が話されて、ビックリの内容でした。最後には母と子供が協力しておばあちゃんの友人役をエキストラを雇って振舞ってもらいおばあちゃんが元気になったところは思わず笑みがこぼれました。お父さんとパノラマを通して仲良くなった男性がまさかのお母さんの浮気相手という展開でしたが、鎌倉に行くお母さんと浮気相手の今後がとても気になっています。(40代女性)

 

  • 今回もとても面白かったです。衝撃的な展開が続いていて見入ってしまいました。人が穴に埋められるってそんなことが割とあるんだなぁって思わず笑ってしまいました。光浦さんの演技は意外と上手くて面白かったです。おばあちゃんは凄く意地悪なのかなと思っていたけれど意外な辛い過去を抱えていて驚きました。エキストラのお婆ちゃんだったけど、昔の友達と楽しそうに思い出話をして元気になって良かったです。隕石が落ちてくるまでは長生きしてほしいなぁと思っています。(20代女性)

 

  • 門倉久美子こと羽田美智子さんのソワソワする態度の演技が何とも乙女チックで可愛いなと思いました。そのソワソワとは、初恋の相手で高校生時代の元テニス部のキャプテンこと中村俊介さんからの携帯電話に入るメッセージです。キャプテンから、お誘いがあると家族には見せないキラキラのときめく女子の顔になるところが、共感が持てます。お姫様扱いに女は弱いのです。主婦を家政婦としてしか扱い、同居のお姑さんや、この姑の言うことに50歳を過ぎても逆らえないマザコン夫には、そんな扱いされないので、仕事中でもこのキャプテンからの連絡にうっとりなのは当然とも言えます。(30代女性)

 

  • キャプテンとに純愛に走った久美子は娘に知られてはいるものの、残り少ない人生を思うように生きたいと言って、キャプテンとの接触を続けている。でも、家庭を放り出したりせず、家の事をきっちりしている所は流石だと思うし、そこは家族を大事にしているからこその行動だと感じました。墓場まで持っていく出来事を告白したくなった姑の正子や長女の美咲も悩んでいることを告白して色んな問題が起こってくるように感じました。それを家族全員で解決していく形がこの門倉家だと思いました。(40代女性)

 

  • あと半年後に地球に隕石が落ちてくる所からドラマが始まります。人々は残りの人生を後悔しないように生きようとします。奥さんはテニス部の先輩と浮気が発覚しました。家族がバラバラになってしまうかの今後の発展が楽しみです。また食べ物や物資の物価も上がってるみたいで面白かったです。りんごが1個3千円するのが衝撃的でした。仕事を辞めて田舎に帰る人もいたり考え方や生き方は人それぞれだと感じました。この家族がこれからどう生きていくのか楽しみです。(20代女性)

 

  • 半年以内に隕石が落ちてきて地球が滅びるというドラマの設定に、ちょっとあきれるところもありつつも、ただこのコロナウイルスの現状とも全く一致していないかというとそうでもないので真剣に向き合うことができる。隕石のことをアレと言っているのもすこし笑える。食材はかなり値段が上がり、冬服などはもう二度と着ることがないのだからと値段が落ちている異常な状態。もうあと少しでこの世が終わるなら、ずっと好きだった人に会いに行くという思い切った人もいれば、それでもくるかわからない受験に向けて勉強する学生や変わらずルールを守らせようとしたりする人もいる。人間とはなにか。そんなメッセージが含まれたドラマだと感じた。このご時世だからこそ、冷静に第三者の目線でこのドラマを楽しみ学ぶことをお勧めします!(20代女性)

 

  • 今回は門倉久美子の姑の正子に焦点を当てて、2話が展開しましたが、家族で秘密があるのはドラマの「10の秘密」に似ているなと思いました。また、久美子と正子の関係は1話ではあまり良さそうでなかったのですが、2話では久美子は、いやいやながらのこともありますが、基本的には正子に優しいと思いました。正子も久美子を頼りにしていると思いました。東海テレビ制作ドラマということで、近所の人の役に愛知県田原市出身の光浦靖子さんや美咲の先輩の役に名古屋市出身の遼河はるひさんが出ていて、地元感があってよいです。(50代女性)

 

  • キャプテンこと片瀬との純愛は継続中の久美子。わがままと言われようが好きだから仕方ない。人生あと半年かもなんて知ったら過去の恋も取り戻したくなるし、築いてきた家族も失いたくない気持ち共感します。
    鉄道の趣味仲間の片瀬に不倫相談された和彦は「その女性を奪うべき!」なんて呑気すぎる!嫁が家出すればうろたえるのに、許せてしまうのは天野さんの演技の上手さゆえですかね。
    その帰り道、和彦が目の当たりにした主婦の田中さんが土に顔から下を埋められていたシーンはリアルすぎて恐い。ゴミの分別ルールを守らない事を許せない御園さんがやっぱり犯人でした。やりすぎると犯罪だとまずは知ってほしい。
    この事件を機に、正子は子どもの頃の忌まわしい記憶を「嫁は他人」と言いながらも久美子に打ち明けます。実際にヒサちゃんが生きていて良かった。ヒサちゃんの代役を立てることにはなりましたが正子の気持ちは救われました。
    ”秘密”は刺激的です。(30代女性)

 

  • 巨大隕石が地球に近付いていて、あと何日かで地球が滅びるだなんて。真実味がないようで、あるような、不思議なお話です。東京の1家族門倉家、みんな仲良く暮らしていたように見えました。でも、それぞれに秘密があって、それが徐々に明らかになっていくので、楽しみです。妻が高校時代の同級生と会っていたり、まさにその人物と夫が趣味仲間だったり、この先一悶着ありそうですね。自分に置き換えてみて、もしあと半年足らずで地球が滅びるとしたら最後に何をしたいか、今から考えておこうかなと思ってしまいました。(40代女性)

 

隕石家族の見逃し配信

隕石家族を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!