隕石家族 6話の感想【ネタバレあり】

隕石家族の6話の感想をまとめました!6話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

隕石家族 6話【5/16放送】

 

★6話あらすじ

リストラされた事も片瀬(中村俊介)に金を貸している事も家族に内緒の和彦(天野ひろゆき)は自身の収集品を金に換える日々。

しかしその一方で片瀬は久美子(羽田美智子)と密会を重ねていた。

そんな中、翔太(中尾暢樹)が資産家の息子だったことが判明。

さらに、結月(北香那)と一緒に火星に移住したいと持ち掛ける驚きの展開へ…。

しかしそれだけでは終わらず、片瀬が門倉家に居候することに!?さらに隕石の動きに変化が?

 

隕石家族 6話の感想

 

  • また巨大隕石が、地球の方へ向きを変えたそうです。そう「緊急隕石速報」が伝えているのです。一度、多摩地区に、直径80センチから数メートルの隕石が落下して、門倉家の住宅はグラグラ揺れたのですが、再び恐怖が訪れました。そういう時に備えて、大事な秘密があるのだったら、状況のいい時に打ち明けておかなければいけなかったところ、ちょっと見損ないましたね。門倉家の二人の娘は、実の子なんでしょうか。意外としっかりしてないんだなぁと残念ですよ、門倉家のパパとママ。(40代女性)

 

  • 相変わらずのハチャメチャなストーリー展開で、結月に別れを告げて門倉家の元から去っていった翔太が、実は資産家の息子でめちゃめちゃ大金持ちだったことが判明。しかし告げられた門倉家の面々の反応はイマイチで、もっとリアクションが欲しかったところである。キャプテンこと片瀬を家に連れてきて、同居させるという和彦の考えにも賛同できない。登場人物の行動が身勝手すぎていて、色々な要素を詰め込みすぎている感が拭えないドラマである。(40代男性)

 

  • 一度は地球に追突して人類が滅亡するかと思いきや、また数か月後には地球にせまってくるということに絶望感を抱きました。結月は御曹司の彼氏と一緒に火星に逃げることも可能だと言うことが分かりましたが、1人だけ助かるというのも複雑だと思います。そして他の家族が結月だけでも助かってほしいという気持ちもよく分かりました。どういうわけかしばらく一緒に住むことになったキャプテンを正子は亡くなった夫だと勘違いして、物語はどんどんおかしな方向に向かっていきそうな気がします。(30代女性)

 

  • 隕石の軌道がそれて地球にぶつからないことになり、今までのツケが回ってくるようになり、キャプテンの腹黒さが徐々に現れてきました!
    和彦さんにお金を貢いでもらっておきながら、久美子さんと豪華なディナーに行くなんて。久美子さん、そのお金和彦さんの!気づいて!
    和彦さんもキャプテンに「友情」と言われて、愛情じゃないことにショック受けてるし、これを機に貢ぐのやめてほしい。
    おばあちゃんほんとにボケたのかな?ボケたふりのような気もするけど、ラストのなんとも言えない不気味な食卓。みんなあれは食欲失うね!続きが気になる!(30代女性)

 

隕石家族の見逃し配信

隕石家族を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!