未満警察ミッドナイトランナー 4話の感想【ネタバレあり】

未満警察ミッドナイトランナーの4話の感想をまとめました!4話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

未満警察ミッドナイトランナー 4話【7/18放送】

 

★4話あらすじ

ある日の夜、寮の部屋では、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がスマホで恋愛映画を見ていた。

エンドロールが流れ始め、感動の余韻にひたる一ノ瀬。

一方、男子校出身で恋愛に疎い本間はラブストーリーの内容が理解できず、これには一ノ瀬も半ば呆れ気味に。

翌日、警察学校の教室では、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)の座学が行われていた。

「警察官たるもの己の限界を知ることも重要だ」と説く片野坂の言葉を真剣に聞く本間。

そんな本間の横顔を、同期のさやか(竹内愛紗)がどこか思いつめたような表情で見つめていた。

そんな中、午後からの体力トレーニングの授業中、今度は訓練についていけず大怪我をしそうになるさやか。

同じく同期の田畑(小平大智)は、少し様子のおかしいさやかのことが気になり…。

 

未満警察ミッドナイトランナー 4話の感想

 

  • 4話はカイくん、フィーチャー回でしたが毎回、同じような展開でそろそろ飽きてきました。毎回少し入るラブ要素もいらないのではと思います。警察学校ってこんなに勝手に外出できるものなのと不思議に思いました。内容だけで言うと、SNSを使った殺人で身近にありそうな犯罪に怖くなりました。今回は終盤にちょっとしたどんでん返しがあり、その部分は面白かったです。あと、回を重ねるにつれて主人公たちの成長が見え、犯人を捕まえるのが上手になっているように思いました。(20代女性)

 

  • 今回の話では、本間快(中島健人)が活躍します。警察学校内の同期である野原さやか(竹内愛紗)が、SNS上でのマイナスなつぶやきをきっかけに命を狙われます。それに気づいた警察学校内の同期内の団結に少し胸が熱くなりました。学生時代を思い出します。みんなで何かひとつのことに全力になるって素敵なことですし、見ているこっちまで元気をもらえます。
    個人的にはやはり、本間(中島)と一ノ瀬(平野)のやりとりのシーンが好きです。今回は恋話要素も少し加わり、恋には奥手な本間(中島)が一ノ瀬(平野)にダメ出しされる場面が面白い!(20代女性)

 

  • 今回の内容は最近よくも悪くも色々なことが起こっているSNSが題材でした。
    よくSNSで死にたいとか、呟いている若者も最近では少なくないですが、そうゆう現代の悩みを抱えた人たちをターゲットに殺人を繰り返す犯人を捕まえる話でした。
    たまたまその犯人を見つけた主人公でしたが、実は犯人が1人ではなく3人いたってところが予想外で面白かったです。
    SNSも今や自殺の原因になったり、そういう他殺の原因になったりとトラブルの元になることも多いので、気をつけなければならないなと改めた思う内容でした。(20代男性)

 

  • SNSで死にたいとつぶやくアカウントに近づく殺人犯の話でした。快たちの同期の野原は警察学校での生活に悩んでおり、カウンセラーを装った殺人犯の標的になりました。快の的確な推理が、刑事たちの捜査と一致していく流れが見ていて気持ちよかったです。投稿の文体が違うことから複数犯だと見抜きましたが、普段SNSを使い慣れている世代だからこその強みではないかと感じました。最後に柳田刑事と片野坂教官の意味深ややりとりがありましたが、この二人の関係にもさらに注目して見ていきたいと思いました。(20代女性)

 

  • SNS上で出会った人を簡単に信じてしまうと恐ろしいこともあると再度認識しました。警察学校の友人が殺されてしまうのかドキドキしましたが、かいくんの活躍のおかげで犯人を捕まえることできとても安心しました。かいくんの登場の仕方はとてもカッコ良かったです。「すきでした」のメッセージの読み方も斬新で自分だったら縦読みは気がつかないだろうなと思いました。男子校出身で恋愛に疎いかいくんとじろちゃんのやりとりも面白かったです。(20代女性)

 

  • 今回のドラマの内容は現代でもあり得るような事件になっていて、よりネット社会になっていて気軽に知らない人と繋がってしまうことを実感した。死にたいと呟いただけで、本当は死にたくなくても、殺されてしまうことがあるので、生きていく中で辛いと思うこともあるけど、それを誰でも見ることができるSNSに呟いてしまうことはいけないと思った。辛い時は話せる人にはなしてみたりすはことができるなら、その方がいいと思った。
    最後のシーンで平野くんと中島くんの警察官の姿がとてもカッコよくて、こんな警察官がいたら守ってもらいたいと思った。(30代女性)

 

  • 問題ばかり遭遇する警察未満の2人。今回は、その2人の同期の女子が狙われます。「死にたい」と呟いた女性の元へ、どこからともなく現れる「指友指助」という人物。彼はカウンセラーを名乗る殺人鬼だった!現代の闇を強く実感する内容。簡単に「死にたい」と呟いてしまう弱さと、その弱さにつけ込む顔のない殺人鬼が、遠い事のようで身近な話なのだと思い知らされる。今回は本間に甘酸っぱい展開が?!と思ったが過去形で終わってしまい残念。シリアス、アクション、コメディと3要素のしっかり揃ったドラマで、次回も楽しみ。(30代女性)

 

  • 自分の悩み、特に失敗や挫折などは、なかなか他人に言えないものだと思います。その失敗や挫折が大きければ大きいほど言えず、つい「死にたい」などの表現になって、ネットに呟いて発散することもあると思います。しかし、その、人の辛い悩みを自分の欲望のために利用し、命を奪うなんて、あってはならない犯罪です。でも、このような犯罪って、実際に起っているそうですね。ネットが普及し、特に若い世代が被害に遭っているようですね。一番理想的なのは、このドラマのように信頼できる「仲間」に「相談」できる環境があることだと思います。(30代男性)

 

  • 今回もドキドキが止まらないストーリーで、今時ありえる話なので見入ってしまいました。団体責任は警察の組織の中では仕方がない事なのでしょうが、ホント心が折れてしまう気持ちもわからなくないですが、男女でやはり体力の差はあって仕方がないのだから、体力に関係がある授業ではおくれてしまう女性がいるのは仕方ない事なのに少し不思議なシーンに感じてしまいました。教官のまだまだ未熟さにもこのドラマの面白いところであり、自分も年齢を重ねたからなのか不思議な感覚に気づかされるドラマでもあります。(40代女性)

 

  • 自殺志願者を集めて殺害する事件は今日本でも実際に起こっているのですごくリアルで怖いなと思いました。快くんとジロちゃんの最初の二人のシーンが面白かったです。死にたいと思っている人の心の闇を身近にいる人たちはなかなか気づけないものなんだなと思いました。指友指助がさやかの首を絞めようとするシーンが本当にリアルですごいなと思いました。さやかに片思いしている田畑がさやかを助けようとしたときさやかの口から「本間君」という言葉が出たときはすごく切なくなりました。最後の快くんのヘタすぎる縦読みが面白かったです。(20代女性)

 

未満警察ミッドナイトランナーの見逃し配信

未満警察ミッドナイトランナーを見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!