未解決の女 season2 7話(最終回)の感想【ネタバレあり】

未解決の女 season2の7話(最終回)について見逃し動画を無料で見る方法やあらすじ、感想をご紹介!波留さんと鈴木京香さんの素晴らしい演技をぜひ最後までご覧ください!
                       

未解決の女 season2 7話(最終回)のあらすじ

5年前の未解決事件で殺された人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)と、つい先日殺されたネット長者・西松文也(渡辺邦斗)。共に「梵字」の刺青を入れた被害者2人は、かつて同じ詐欺事件で逮捕されていた。しかも、彼らを不起訴処分へ導いた弁護士・若林守(矢柴俊博)は、行方をくらましたエリート刑事・富野康彦(市原隼人)の捜索を「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)に極秘依頼した警視庁幹部・小野塚吾郎(筧利夫)と、裏でつながっていたのだ――。

 

 

未解決の女 season2 7話(最終回)の感想・評価

  • 波留さんの演技が好きで、前作を見ていなかったのですがシーズン2から見始めました。やっぱり波留さんのドラマはおもしろいです!性格の違う2人のちょっと変わった捜査が特徴的で、他の刑事ドラマより魅力的でした。また、シーズン1もU-NEXTで配信されているとのことだったので、見返します!

    (20代・女性)

 

未解決の女 season2のキャスト

矢代朋 役:波留

鳴海理沙 役:鈴木京香

古賀清成 役:沢村一樹

岡部守 役:工藤阿須賀

桑部一郎 役:山内圭哉

宗像利夫 役:皆川猿時

国木田哲夫 役:谷原章介

財津喜延 役:高田純次

草加慎司 役:遠藤憲一

 

未解決の女 season2の見逃し配信

未解決の女 season2を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!