家政夫のミタゾノ(第4シーズン) 2話の感想【ネタバレあり】

家政夫のミタゾノ4の2話の感想とネタバレ
家政夫のミタゾノ(第4シーズン)の2話の感想をまとめました!2話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

家政夫のミタゾノ(第4シーズン) 2話【5/1放送】

家政夫のミタゾノ4の2話の感想とネタバレ

 

★2話あらすじ

ラーメン店を営む藤原家に派遣された三田園薫(松岡昌宏)と霧島舞(飯豊まりえ)。

家主・藤原力也(西岡德馬)が営むラーメン店『りきや』の従業員3人は、藤原のパワハラまがいの当たりの強さに耐えながら働いている様子だった。

ある夜、店を閉めた藤原は最も修業期間の長い河原(きづき)に「明日、麺を打ってみろ」と命じる。

ようやく店の将来を若者に任せようとするが…翌朝、店に河原が現れず大混乱。

三田園の機転でなんとか開店準備は進み、藤原の妻・奈美(重田千穂子)は三田園らに「お店を手伝って」と依頼する。

そんな中、三田園は店の裏で奈美が誰かにこっそり電話をしている現場を目撃。

どうやら奈美は藤原に内緒で、ラーメン店の事業拡大を画策しているようで…。

 

家政夫のミタゾノ(第4シーズン) 2話の感想

 

  • 人気ラーメン屋が舞台の、厳しすぎる大将のお話でした。大将はインスタントラーメンが大嫌いのこだわり派ですが、大将の奥さんはインスタントラーメン化する計画を立ててました。よくあるお話だなあと思ってましたが、最後どうなるか全く予想できない展開でびっくりしました。ミタゾノがパンケーキを出してきた時は本当に小麦粉で作ってたのかと思ってましたが、まさかの材料を使っていて、そのレシピを知っているミタゾノにもビックリでした。(20代女性)

 

  • ラーメンへの情熱が熱いからこそ、弟子たちや仕事に厳しい力也が、美田園さんや奥さんによって暴かれる意外な一面が見れていつしか、ただのパワハラの悪い上司とは思えなくなってきました。色んな思惑が交錯して、それが全部バレた時の口論するシーンは怖かったし、そのシーンにいくまでの話もドキドキハラハラする展開ばかりで少し怖かったです。でも、全ての事の真相が暴かれてもなお、最後に一人だけ弟子が残ってくれたことに歓喜する力也たちの姿を描いたシーンには感動しました。(20代女性)

 

  • ラーメン屋さんって我の強い厳しいおじさんが多いよなと思うけど、がんこ過ぎるのは本当に嫌いだなと思いました。ばっくれた部下はだめでしょと思ったけど、最後のベトナムに帰ったホーさんは好きって思いました。今回の回はラーメン屋さんが舞台だったので、家政婦感が少なかったのが残念でしたが、インスタントラーメンの麺でパンケーキを作れるっていうのは意外で面白かったです。飯豊まりえちゃんの、ねぎましまし!って言うところが凄く可愛かったです。(20代女性)

 

  • 過去のシリーズから放送されるたびに今回の裏技はどんなのが出てくるのか楽しみに視聴しています。いつも試してみたくなる裏技がたくさん出てくるのですが、今回はラーメン好きな僕にとって嬉しいラーメン屋でのお話ということもあり始まる前から楽しみにしていました。期待通りの内容で、なかでも簡単なチャーシューの作り方は本当にお手軽で今度試してみようと思っています!ちょうど前日にインスタントの袋麺を食べていたのですが具に物足りなさを感じていたので本当にタイムリーな内容で嬉しかったです!来週は傑作選のようですが過去の話を再び観れるのも楽しみです。(30代男性)

 

  • 今回は、ラーメン屋に家政夫の依頼がありミタゾノさんたちは行きます。そのラーメン屋の亭主は、社員に厳しく感じました。厳しいから、辞めていく人もいて、亭主は、最近の若い者がというのが口癖でその言葉が印象に残りました。ミタゾノさんは、亭主が作るスープがインスタント麺のスープを利用しているのを見抜いたことは、さすがだと感じました。スープの味を美味しく作ることは、やはり何十年も修行をしないと作れないと実感しました。スタッフのふーが、亭主の味を再現してお店を任せることになりましたが、スープのレシピを持ち帰り、故郷のベトナムでお店をオープンして、結局は、亭主のラーメン屋は、潰れました。残念だけど、インスタントスープを使用して何十年も営業してたから、仕方ないのかと思います。今回も役に立つ家事情報をミタゾノさんをみて知れてよかったです。(40代女性)

 

  • ラーメン屋さんが舞台で「最近の若い奴は」がキーワードの回でした。厳しすぎる大将の口癖は「最近の若い奴は!」です。ラーメン屋を継がせる予定だった弟子の店員が着信拒否していなくなり、チャーシューの仕込みが出来てなくて困っていました。ミタゾノさんの家事スキルは毎回勉強になると思って見ていましたが、今回はお手軽チャーシューの作り方を紹介してきて衝撃でした。とても簡単なのに美味しそうで、作ってみようと思いました。(20代女性)

 

  • ミタゾノ第2話では、ラーメン店を誰が継ぐのか気になって見ていました。しかしラストには、店主が誰も継がせたくない理由に驚愕しました。今回の登場人物は、最近の若者を象徴すると同時に、最近の中高年の頑固さもよく表現していたと思います。ミタゾノさんは、今回も鋭く従業員を見ており、一件落着をさせたかと思いきや、大どんでん返しがあり、最後の最後まで楽しむことが出来ました。つくづく他人を信頼するのは難しいと思い知った回でした。(20代女性)

 

  • 有名ラーメン店の頑固おやじの店に派遣されたミタゾノたちですが、今回もミタゾノの勘が冴え渡っていました。弟子になかなか秘伝の味を教えない店主。そんな中、店の今後を心配した店主の妻は、内緒でインスタントラーメン化の話をすすめますが、なんと裏ではすでに店主自らインスタントラーメンの麺やスープの粉を使って店に出していたというオチに驚きました。弟子に厳しく、なかなかスープを教えない秘密はそこにあったようで、このドラマの登場人物らしいおかしな展開だなと笑ってしまいました。今回も神出鬼没的な登場の仕方をするミタゾノさんが面白かったです。(40代女性)

 

  • りきやというラーメン屋の店主のお話。
    ミタゾノ達はラーメン屋のお手伝いに行ったのですが、そこの店主がとても頑固で、弟子達に厳しく接したりして何人者従業員を辞めさせていた。でも、それには凄い理由があって、分かった時には納得した。ミタゾノの鋭い観察力で、そのラーメン店の裏側を暴くとはあっぱれ!でも結局、従業員達を騙し続けた結果、最後の弟子にすべてをもっていかれたのは店主が少しお気の毒な結果となりました。流石、ミタゾノ!(40代女性)

 

  • 今回もミタゾノさんの生活の知恵が大変勉強になりました。特に、醤油ラーメンに豆乳を入れるという発想には驚かされました。ラーメン屋の店主が初めはただの頑固で厳しい職人気質な人かと思いましたが、実際には店を畳みたいという思いから、若者に対して厳しい態度を取っていたいうことは意外でした。途中、1人で何かを叩くようなシーンが出てきた時には何をしているのか想像がつかず恐かったですが、秘伝の味に隠された秘密が明かされた時には切なく悲しい気持ちになりました。しかし今回もミタゾノさんが介入したおかげで家族が良い方向に進んでいけそうなので最後はとても安心しました。またエンディングで出演者の皆さんが踊っている姿がとても楽しそうでよかったです。(20代女性)

 

  • ラーメン店を舞台にした回でした。店主はいわゆる頑固者で、自分の考えを貫くために、厳しい態度をとるタイプで、パワハラ上司のようなものです。弟子はみんな若く、なんとか食らいついていきますが、イマドキの若者であって、どこかドライで、嫌なことから逃げ出したくなる姿がよく描かれていました。結局、ラーメン店の秘密が世の中に明るみになってしまい、期待した最後の弟子にも裏切られ、つぶれてしまいました。まだ自分も若者世代に入りますが、情は大切にしていきたいと感じました。(20代女性)

 

  • 家政婦のミタゾノは何度見ても面白いです!ドラマ中にちょこちょこ出てくる家事の裏技はふざけているように見えますが、実はちゃんと実用性があって、たまに地味に家で実践していたりします。特にお掃除の技は本当に秀逸で、うちの母親もよくこんなこと知ってるわね〜と感心してみています。ジャニーズって格好つけるイメージしかなかったんですけど、このドラマはジャニーズのイメージをプラスの意味で払拭してくれて、松岡さんのことが大好きになります。(20代女性)

 

  • 自分の日常生活にはなじみのない家政婦さん。
    だから、家政婦がどんなことをしてるのか気になってついつい見ちゃいます。
    でも、家政婦のミタゾノは、秘密情報ばんばん勝手に探っていくし、勝手に暴露するしていくし、私はやるなって言われると、なぜかやりたくなる天邪鬼だから、ミタゾノさんの行動が好きです。だって、日常生活ではやっちゃダメだから、ミタゾノさんに自分を照らし合わせて見る時がたまにあります。
    あと、プチ情報もためになる!
    今回は、普通に硬く絞ったタオルでは油は落ちにくいけど、蒸しタオルにすると落ちやすくなるとか、家で簡単にできる情報が3つ毎回紹介されるので家事力アップ⤴️します!(20代女性)

 

  • 人気ラーメン店の店主も、ミタゾノに秘密を暴かれてしまいましたね。若い従業員にとても厳しく、スープの作り方を頑なに拒否していたので、何か特別な秘密があるに違いないと思っていました。妻の話では、店を始めた頃、おいしいスープができずに苦労してスープ作りに励む毎日だったとか。店主が夜に一人で何かを叩き割る場面や、絶対に誰にも教えようとしないことから、まさかスープに人骨を使い、失踪した従業員はもうこの世にいない?なんて、恐ろしい想像をしてしまいました。しかし!突然おいしくなったスープの謎は、なんとインスタントラーメンの粉末スープでした。ホッとしましたが、さすがにこれは誰にも言えませんね。(40代女性)

 

  • 私が大好きな!6年間応援し続けているHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんが出演しております!なんと言っても伊野尾慧さん演じる村田光がとにかく可愛い!あのピュアさ、無邪気な笑顔!心を奪われてしまう視聴者が大勢発生することは間違いなしです!
    中でも私が一押しするポイントは、エンディングで出演者の皆様が主題歌「Last Mermaid…」に合わせてダンスを踊っているところです!覚えやすく、また比較的簡単な振り付けのため誰でも踊れるところが魅力です!(20代女性)

 

  • 家政夫のミタゾノ(第4シーズン)(2話)を見た感想は、今回の話しはミタゾノと舞がラーメン店を営むお宅に派遣され、ミタゾノ特製「即席チャーシュー」で、救ったことからなぜかミタゾノと舞の二人がラーメン店の店員として働くことになりました。ミタゾノ特製の即席チャーシューの作り方がとても参考になり、簡単にチャーシューが作れるんだととても驚きました。やってみたいと思いました。即席チャーシューがとても美味しそうだと思いました。ラーメン店の大将がとても頑固で、弟子にもとても厳しくて、大変だなと思いました。ラーメンスープの秘密が発覚した時は、とてもびっくりしました。この店のラーメンに袋ラーメンのスープの素を混ぜて使っていたことにとても驚きました。まさかと思いました。なかなか美味しいラーメンスープが作れず悩んでいて、ついに粉に手を出してしまったんだと思いました。ミタゾノ特製パンケーキもとても美味しそうでした。(20代女性)

 

  • ドラマ的にもミタゾノさんもパワーアップしてますね。今回はラーメン屋さんの謎解きのような部分の方が多く、家政夫以外の仕事をしてるような、でも家事情報も入っているのでためになりますが。結局ラーメン屋さんは、最後はベトナム人バイト君にレシピ持っていかれ閉店したけれど、ずるいことをしてそれを隠すため頑固になったりパワハラめいたことをしてたツケが回ってきたってことだと思いますが、結局ミタゾノさんが解決したのかなと思いました。次回から傑作選になるのがちょっと残念です。(50代女性)

 

  • 今回もいい感じでした。まぁみなさんいい演技するわするわで謎に泣きました。私はラーメン屋で働いたことがあるのであのおしぼりの情報を当時知っておきたかったです。やっぱお店をやっていくのは大変。おしきって家を出てきてそりゃ戻れないわ。スープがとても気になってて「頑固」の台詞に本当にそうでしょうか?って言っていた(謎)が解けてよかった。私の心は納得。最後にふぉーさんに感動!と思ったら最後の最後にどんでん返しで私の気持ち返してってなりました。最近の若いものは…私も言われてたなぁと浸りながら事務所?のシーンを笑って見てました。(20代女性)

 

  • パワハラ気味のラーメン屋への家政婦のお仕事でした。ラーメンの麺は2年修行して、認められてやっと教えてもらえるもので、スープはお弟子さんも全く教えてもらえないくらいのものでした。このお店はスープが美味しいことで有名でしたが、実はインスタントラーメンの粉末スープを使っていたことで、30年お弟子さんに教えることが出来なかった理由みたいでした。全てがバレた後で、絶対的な味覚を持っていたベトナム人のお弟子さんがインスタントラーメンの粉末スープの味を再現して、お店を継ぐことになったのですが、すぐに閉店したそうです。お弟子さん、ベトナムに帰っちゃったそうで。今回も時事ネタ満載で楽しい回でした。(30代女性)

 

  • 毎回謎に包まれた三田園の行動に想像力が掻き立てられます。今回はラーメン屋さんの話。最近の若者は…と頑固な親父さんがどうしても弟子にスープのレシピを教えたくない理由はなんだろう?と推理力を試されました。とても厳しい親父さんで弟子もすぐに辞めてしまう、なかなかレシピを教えてあげない、インスタントを嫌っている、ずっと不味かったスープが突然美味しくなったのはなぜか?途中で登場人物や三田園の言葉、何かを砕く音でもしかして人間の骨をスープの材料に…ということもありえるかもしれない。今シーズンから見始めたのでこのドラマって殺人とか起きるの!?と驚きと疑いがありドキドキさせられました。結局、親父さんがスープのレシピを隠したかった理由、それをきいて拍子抜けというか安心はしましたが最後のどんでん返しにやられた!と思いました。いいお話だけで終わらないというのが毎回楽しめる原因ですね。(20代女性)

 

  • ミタゾノさんはいつも依頼者の裏を探し、正体を暴いてしまいますが、今回もずばりと暴いてくれてました!
    今回の依頼はラーメン屋の奥さんでした。
    奥さんは、インスタントラーメンを作りお金儲けをしたい、大将は長年美味しいスープが出来なくて30年もの間、
    インスタントのスープを使って提供していましたが、今回もまさかでした。
    また、今回の家事情報も為になるものでした。
    特に家で簡単に焼豚を作る方法やインスタントの麺でパンケーキが作れる裏技は、
    自宅でもやってみたいと思います。
    次回は、どんな依頼者でどんなことが起こるのか楽しみです!(20代女性)

 

  • 今回の即席チャーシューの作り方は役にたつ!ラーメン屋さんの話だったので、見ていてラーメンが食べたくなっちゃいました。亭主がインスタントラーメンのスープを使ってお客さんに出していたのはヤバすぎ。そのお店のように、そのままのスープで出さなければバレないのかも。長年通ってくれていたおじいちゃん、そんなにラーメンばかり食べていてあの年まで元気でいられたことに笑えました。めちゃくちゃ塩分摂りすぎで病気になってておかしくないのに。(40代女性)

 

  • ラーメン店に派遣されたミタゾノが昭和気質の店主とその店の秘密に迫る話で、西岡徳馬がその頑固親父を演じていてぴったりだった。他の人気店を羨んで密かにインスタント化を進める奥さんや真面目に見えて突然来なくなるベテランスタッフやいい店に見えて見え隠れする問題がダークではまった。インスタント麺でパンケーキが作れる裏技も紹介していて、それは意外だった。やってみるにはミキサーとかを使うのでちょっと大変そうだったが。(30代女性)

 

  • ラーメン店の店主がとても厳しい方で私も自分があそこで働いていたら辞めてしまうだろうなと思いました。店主が長年苦労してスープを作ってきたから誰にもスープを作らせないのかと思っていたのに、まさかのインスタントラーメンのスープを使っていたというのにビックリしました(笑)でもインスタントラーメンを使ってパンケーキを作ったり、豚バラ肉を巻いて即席のチャーシューを作ったり、ミタゾノさんの力はスゴいなと感心しました。(20代女性)

 

  • 家政夫のミタゾノを見て、ある老舗ラーメン店りきやの店長のところに、主人公たちが派遣されたが、その店長が、なかなか部下に厳しく、頑固な店長で、3ヶ条の鉄則みたいなものまで作って守らせるくらい厳しい人だった。その厳しさに耐え兼ね、部下がやめていき、そのカバーを見事にミタゾノさんが即席チャーシューを作ったりしてカバーしていた。そして、店長の妻が店長に内緒で、ラーメンのインスタント化を目指していたが味を守るためでなく、本当はお金のためだったのには衝撃をうけた。さらに店長がスープの味を部下に教えなかった理由がインスタントラーメンのスープを使っていたことが理由だったのにはさらに衝撃だった。(30代女性)

 

  • このシリーズは毎回、普段の生活でも使える役立つ情報がちりばめられていることや予想のつかない展開でも最後はみんな幸せになる終わりであることもありとても好きなシリーズです。第2話の最初は、よくあるラーメン屋さんの跡継ぎや頭の固い人の話かと思いつつドラマを見進めていくと、店主にも秘密があるというところが予想外の展開で面白かったです。お役立ち情報も途中で小出しになっていて、最後までみたいという気持ちになるドラマでした。(20代女性)

 

  • 弟子が修行に耐えられずに、辞めていくラーメン屋の「りきや」。麺の作り方は教えても、スープは頑なに断る店主を見て、スープに裏があると思いました。弟子が常連さんにラーメンをこぼして、店を閉めると言い出したところから、何か閉めたい理由があると思いました。奥さんはインスタントラーメン化しようとしていましたが、ラーメンのスープにインスタントを使用していて、弟子も奥さんも他の家政ふさんも驚いていました。インスタントの麺は屋根裏に隠していて、ミタゾノさんがジャンプしたら大量の麺が上から落ちてきて、ミタゾノワールドが開始されました。インスタントのスープってそんなの美味しいのかな?と思いました。弟子には裏がなかったので、裏があったほうが面白いと思いました。最終的に、ベトナム人の弟子にレシピを教えるも、レシピを自分の国に持ち帰って、そのまま帰国しなかったので、りきやは閉店したそうです。(30代女性)

 

家政夫のミタゾノ(第4シーズン)の見逃し配信

家政夫のミタゾノ(第4シーズン)を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!