MIU404 11話(最終回)の感想【ネタバレあり】

MIU404(ミュウヨンマルヨン)11話(最終回)の感想を紹介!あらすじや見逃し動画も併せてチェックしていってください。ネタバレを含む感想もあるので、見ていない方はご注意ください。
                       

MIU404 11話(最終回)のあらすじ

 

(2020年9月4日放送)

同時多発爆破テロのニュース映像はフェイクとわかり、大混乱は間もなく収束した。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、犯人が乗っているとネット上で拡散されたメロンパンの機捜車両404での密行は行えずにいた。別の車両で密行していると、その車中、伊吹は志摩の態度がおかしいことを追及。結果的に2人の関係がギクシャクしてしまう。

実は、トラックにひき逃げされた陣馬(橋本じゅん)は、爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れてしまった…。志摩はフェイクに気づけずに判断を誤った自分を責めていた。九重(岡田健史)も陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やみ、桔梗(麻生久美子)は班長としての責任を痛感。それぞれが無力感にさいなまれていた。そして伊吹は…。

 

 

MIU404のキャスト

伊吹藍 役:綾野剛

志摩一未 役:星野源

九重世人 役:岡田健史

陣馬耕平 役:橋本じゅん

特派員REC 役:渡邊圭祐

糸巻貴志 役:金井勇太

我孫子豆治 役:生瀬勝久

桔梗ゆづる 役:麻生久美子

 

MIU404 11話(最終回) 感想・評価

  • 最終回になってしまいましたが伊吹と志摩、そして久住が勢揃いになり一番見たかった展開になったのは嬉しかったのですが、久住の残虐性が物凄く見てしまったのと言うのが正直な印象でした。特に印象的に残ったシーンは伊吹と久住が対峙する所だったと思います。
    中でも久住が伊吹の眠っていた凶暴性に気がつき引き出そうとしていたのが衝撃的なシーンだったなと見ていて思いました。そしてそんな難しい役柄を演じていた役者陣が一番凄かったんだなと思いました。たからこそ最後の笑いも含むラストシーンの落差が面白かったです。

    (40代・男性)

 

  • 最終回は駆け足でしたが怒涛の展開で混乱してばかり。警棒が出たり、拳銃が出たり。ドラマを超えたスケールでとても痺れました。そして流血、でもそれは悪い事態の妄想、夢であって良かったとほっとしています。生瀬勝久さんは出番が少なかったものの最後の最後までカッコ悪い人だったし、渡邊圭祐くんは現在は行方知らずだけど着物着てなくてもカッコ良かった。金井勇太さんも大活躍!脇のキャラもしっかりと光照らされてまたこのメンバーでドラマが見たいです。あと陣馬さん助かってよかったです。ほっ。あと今回感電の流れるタイミング悪かった気もしない……。

    (30代・女性)

 

  • 久住を確保したが、正体が判らないミステリアスで久住のしたたフェイク爆破事件でトラックにひきにげされた陣場の搬送が遅れてしまった事を悔やむ志摩を態度がおかしいと言った事で関係がこじれてしまった時はハラハラしましたが、お互いに手足に巻かれたガムテープを剥がし合い、相棒として復活し、久住を確保する事ができた事は安心しました。確保した久住の正体が判らないミステリアスで久住のしたたかさを残した終わりや志摩が死んでしまったシーンは、久住の違法薬物によって眠らされていた間に見た夢だった話の展開はとても良かったと思いました。

    (40代・女性)

 

  • いつも通り、久住は名前の通りクズな人間でした。腹立たしいというか、本気でこの世から居なくなってほしいと思ってしまいます…。人間本来の感情をもちあわせてはいないので、本当に憎たらしい冷酷な奴でした。久住と伊吹が2人でいるシーンは、伊吹が色々な意味で怖かったです。
    志摩が殺されたところのシーンを見た時は、本当に久住を伊吹や志摩の代わりに銃の引き金を引きたかったくらいです。伊吹が涙を流していたのも、辛いものがありました。あと、個人的に今年行われなかった東京オリンピックの未来というか想像の映像が出ていたのは、すごく良かったです。最終回の終わり方は、ドラマ的ではあったのかもしれませんが、良かったと思います!
    毎週、楽しかったです!

    (20代・女性)

 

  • 最終回までの10話があって、最後にどのように話を決着付けるのかとドキドキしながら見ていました。伊吹と志摩のコンビの関係は、野生の犬と飼い主というような面白く、和やかな関係性で、最終回ではそのようなシーンもありました。しかし、大事な場面では伊吹の手綱を放し暴走し、志摩も志摩で結構な暴走をしていたので新たなコンビの一面も見ることができました。九重と陣馬さんのコンビの絆も素敵で、九ちゃんが方言丸出しで眠っている陣馬さんに話しかけるシーンなんて号泣でした。そして久住を演じた菅田将暉さんの演技もとても素晴らしかったです。目だけであれほどの演技をできる役者さんがいることに驚きです。伊吹と話すシーンでは子供っぽいような目、志摩に手当をされている時は反抗的な目…。鳥肌が立ちました。

    (20代・女性)

 

  • 途中まで、志摩が死んで伊吹が久住を打ってしまうという最悪の自体になったんだとばかり思っていたので泣きそうでした。
    そうならないようにしようぜという遡る内容で本当に良かったです。
    久住は結局のところ最後まで素性がわからなかったのが逆に新鮮だなと思いました。
    ボス感がすごかったです。
    菅田将暉さんが人当たり良さそうに話すのに目が笑ってない役だったので結構怖かったです。
    志摩と伊吹が最後までイチャイチャしていたのを見てなんだかニヤニヤしてしまいました。
    ケンカ別れにならなくて良かったです。

    (30代・女性)

 

  • 桔梗や九重の移動に陣場の入院と悪いことが続く第4機動捜査隊。
    加えて伊吹と志摩の絆も脆くなっている時に訪れた、久住との直接対決に息をのみました。
    伊吹が一人で乗り込みドラッグで倒れ、助けに来た志摩までドラッグにやられ、先に意識を取り戻した志摩が久住に銃を向けたまでは良かったのですが、まさか久住の仲間が背後にいて志摩が撃たれるとは思いませんでした。
    それを知った伊吹が、憎しみから久住を撃つという信じられない展開でしたが、実はドラッグが見せた幻覚で、目を覚ました二人は脱出し、九重の助けを借りつつ久住を追い詰めるというホッとする最終回でした。
    久住の描いた金とドラッグの世界は結果、久住本人を裏切りますが、犯罪者である久住の心の闇が少し切なく見えました。

    (30代・女性)

 

  • 主人公2人の相棒愛がみれるドラマでした。信用してなかった相方を信用してしまったが為に犯人を取り逃がしてしまった。その後相棒なんてその時だけと考え、別々に行動する様になったけど、お互いが互いの事を考えて暴走しないようにとした結果だった事にやっぱり相棒愛だなと感じた。犯人に辿り着く事が出来たけれどそう簡単には逮捕出来ない相手ですごくもどかしかった。終いには銃殺された相方を見た反動で犯人を銃殺して、刑事を辞めてでもやってしまったのかと思ったらそれは夢だったという展開に驚いた。

    (20代・女性)

 

  • 伊吹と志摩のバディ愛、飄々としたクズミの実態、まだわからない厳しい現実、たくさんの要素がつまった最終話で、見ている私も深く考察せずにはいられない素晴らしいストーリーでした。個人的に伊吹と志摩のコンビが爆発しているなと思うし、志摩を失いかけても泣く、ちゃんと横にいるとわかって安心しても泣く伊吹にとても胸を締め付けられました。反対に志摩も伊吹を信頼し、伊吹のためにわざと離れようとする態度が愛おしかったです。この二人が永遠にコンビであり続けてほしいし、もう1話からとんでもなく深い絆を作り上げていってるなと感動しました。そして特に大好きな機捜チームの絆を改めて見れてすごく感動したし、まだまだこのチームを見続けたいので続編を希望します。

    (20代・女性)

 

  • MIUの最終回で最終的にはくずみを逮捕出来ることが出来たし、陣馬も復活したしハッピーエンドに終わることが出来て良かったなと思いました。
    最後にくずみが船に残っている仲間のみんなに助けを求めたときに、その仲間たちは薬をやっていてハイになっていてくずみの話をまともに聞けることが出来なかったのを見て
    何とも言えない気持ちになったし、演技だとしても薬って怖いな・・と改めて思いました。
    最後の2020年のシーンでは二人ともマスクをしていてオリンピックも中止になって・・という現在の終わり方だったのでいいまとめ方だったなと思いました。

    (20代・女性)

 

  • クズミを逮捕したいが、なかなか尻尾を掴めませんでした。逮捕のチャンスを伊吹のミスだと思って志摩は単独行動に出ます。爆弾騒ぎでクズミに陥れられたREC釈放に力添えをし、捜査協力するよう言います。ネットを駆使してクズミの居場所を見つけます。ついに志摩らしくない行動に出たと思いました。伊吹も別ルートからクズミの居場所を突き止めます。伊吹が走って走ってクズミを追い詰めて逮捕までに至るのにカーチェイスより面白くてハラハラしました。逮捕後もクズミの素性は不明のままでした。少しエピソードが欲しかったなと思いました。入院していた陣馬も退院でき、桔梗隊長、九重は人事異動がありましたが10カ月後も志摩、伊吹のコンビは続いていました。コンビ解消していなくて良かったです。

    (40代・女性)

 

  • 志摩と伊吹の関係性と信頼関係が崩れかけていきますが、クズミの逮捕に向かい、MIU 404 一丸となっていたお話でした。志摩、伊吹はそれぞれ単独で捜査を始めてしまいますが、クズミの居場所にそれぞれ辿り着きます。2人ともクズミの罠にはめられてしまい停泊中の船に監禁されてしまいます。そこはドラッグを密造していた部屋でドラッグの成分が蔓延している状態で閉じ込められてしまいました。このまま2人は死んでしまうのかと思ったり、機捜が救出に来てくれるのではと思いましたが、2人は目が覚めて自力で脱出します。伊吹は走って走ってクズミを追いかけ、屋形船で逮捕するところはクライマックスシーンだと思います。

    (40代・女性)

 

  • 久住との直接対決がすごく見ごたえがあってすごく面白かったです。陣馬さんにうどんの話題で話しかける九重のシーンがすごく泣いてしまいました。志摩と伊吹の夢のシーンが本当にびっくりしました。麦に桔梗がいつまででもいていいよと言ったシーンがすごくウルっとしました。目が覚めた志摩と伊吹が頭突きをするのがすごくグッときて本当にいいバディだなと思いました。最後に新型コロナウイルスの現在を映し出しているのがさすがの脚本だなと思いました。

    (20代・女性)

 

  • どんなラストに落ち着くのか、途中までまったく分からなかったMIU404最終回。
    途中のシーンで志摩や伊吹の命が危ないかのような描写があったけれど『薬によるバッドトリップ』だとわかったひと安心。
    最終的には久住も捕まったけれど、計り知れない久住の抱えている闇が辛くもありました。
    相手に合わせて弱い部分を追い詰めることも気持ちを共有して信頼を勝ち取ることも瞬時にできる久住が、もっと別の方向へ向かっていたら良かったのに、と思いました。
    直接説明はなかったものの、久住の言葉を結びつけていくと、きっと久住は東日本大震災でそれまでの総てをなくして、総ての価値観を変えざるを得なくて。
    頭の傷に志摩が白いタオルを当てた時の、少年のような表情の久住が本当に印象的でした。
    主人公と敵対する『悪』であっても、様々な描き方でより深く感じられる、そんなドラマでした。

    (50代・女性)

 

  • ドラマの中盤で志摩も伊吹も久住も全員死んでしまう超バッドエンドの展開になっていて「嘘でしょ」と声が出てしまった。野木さんの脚本にはいつも良い意味で裏切られる。番組の後半では、久住を全力で追って捕まえることができてほっとした。久住の過去を知りたかったけれど、そんな視聴者の気持ちを見透かしたような久住の台詞が印象的だった。ラストでは今の時代まで時が進み、二人がマスク姿で勤務をしていて「今この瞬間も二人が生きている」ことが嬉しかった。

    (30代・女性)

 

  • 爆破事件がフェイクだとわかって久住の消息も分からず手掛かりを失った二人は出会った頃のように分裂したかに思えたはじめ、勘違いしたままに久住のもとに向かったのかと思っていましたが、誤解することなく久住と対峙して迎えた結末は相棒のままだったなと思いました。久住との会話のシーンちょっとしたおふざけもありながら、それぞれの役としての見え隠れするけんか腰の言い方や、けしかける感じが何度も見たいシーンだと思いました。

    (20代・女性)

 

  • ついに最終回。陣場さんが前回でトラックに跳ねられ重症を負って、一刻も早く久住と接触しなければならない。志摩が警察を辞めてもいい、と言う覚悟で、レックに近づく。九重に伊吹を悪く言うけれど、それも伊吹のため。自分で全部背負いこもうとするところは志摩らしいと思った。
    やっと伊吹が久住と接触。久住の関西弁で、伊吹を馬鹿にしたような話し方をする場面は、本当に見ていてイライラさせた。
    菅田将暉ならではの演技か、今まで自分がイライラする事はなかったので演技力が凄かったのだと思う。志摩が拳銃で撃たれた場面では涙が出た。薬を嗅がされたせいの幻覚で本当にホッとした。志摩と伊吹は最高にかっこいい相棒だし、404にいた捜査員はとても素敵な人ばかりだった。普段、ドラマにこんな思い入れをしないのに。何度でもみたいと思わせられた。もうすでに観たい。

    (40代・女性)

 

  • 久住による偽情報に踊らされ取り逃してしまった志麻と伊吹。判断ミスにより同僚は意識不明の重体となり、上司は責任をとるため隊長を降りることになったと知り2人の絆がほどけ四機捜はバラバラになってしまう。今まで時間をかけて絆を深めて行った2人を見ていただけに、その描写がとても寂しく、見ていて辛いものがありました。このまま志麻と伊吹は誤解したまま離れていくのか、さらに2人は久住に一矢報いる為に警察官を捨ててしまうのかとハラハラの展開でした。久住の罠にはまり伊吹と志麻は一旦囚われてしまうがそこで再びお互いを信頼し絆を取り戻せ熱い展開でした。考えうる最悪の結末かと思いきや夢オチでほっとし、そこからの反逆はテンポよく見ていてスカッとします。最終場面ではコロナでオリンピックが中止になったことを残念がる2人の描写があり正しく警察官を続けられていることに胸を撫で下ろしました

    (20代・女性)

 

  • さすが野木亜紀子さん脚本、さすがアンナチュラルのチーム。11話は、暗い雰囲気から始まり急な展開でいぶきとシマが仲間割れみたいになってからの急展開で久住と対決、ハラハラとドキドキが凄かった。
    時計を一々アップして視聴者に日付を覚えておいて。とさりげなく教えてくれたから、楽しさが増したしその後の展開にも理解しやすかった。
    久住の表情、セリフに久住の過去が隠されていそうだと思ったけど最後の久住のセリフに心を打たれた。
    そして1番最後は、今現実世界で起こっているコロナの話題も出てきてまるで本当に404機捜が現実世界にいるようだった。考察をして自分で考えて何度でも見たくなる話でした。

    (20代・女性)

 

  • 菅田将暉さんと2人の船の上でのシーンが印象的でした。星野源さんが拳銃で打たれて血を流しているのが夢で本当に良かったです。ずーっとドキドキバクバクしながら最後まで見ました。菅田将暉の関西弁が自然で、違和感なく見れました。綾野剛さんの涙の演技は本当に美しく、圧巻です。綾野剛さんのおてんばで言葉下手だけど、人想いの性格が最高だし、星野源さんとのバディが素敵です。陣馬さんが目を覚ましたときには涙が出ました。続編や第2回作を期待しています。

    (20代・女性)

 

  • 今までの話も当然役者さん皆さんの演技はとても素晴らしかったのですが、最終回はまた一段と素晴らしかったです。伊吹の目だけで悲しんでいるのか怒っているのかがとても伝わってきて、また身体全体でも感情を表しているのが鳥肌が立ちました。どんな最終回を迎えるのか、登場人物のその後はどうなるのか、など見る前はドキドキしていたのですが、最終回を見て最高の終わり方だと思いました。404の伊吹と志摩のコンビ、401の陣馬と九重のコンビ、桔梗隊長、全員が大好きです。

    (20代・女性)

 

  • やはり何といっても久住がどうなるかでした。逮捕されるのか、あるいはそのまま逃亡してしまうのか、殺されるのか、いろいろ想像をしました。特にクルーザー船に伊吹が単身乗り込み、絶体絶命という矢先、志摩が助けに来ました。ただ、志摩が殺されたとき、えぇと一瞬訳が分からなくなり、この先どうなるのか疑問に感じましたが、この先のドラマのつくりこみに、自分がいつの間にかその世界に入っていました。久住のその後、志摩や伊吹がどうなっていくのかも、十分納得できました。

    (40代・男性)

 

  • 今回は最終回でしたが、謎の男の久住は最後まで手強いなと思いました。途中で機捜404の志摩か伊吹が死ぬのではないかと思いました。久住が捕まって良かったです。ここは久住をやはり捕まえるべきだと思いました。久住役の菅田将暉さんはヒール役も演技が上手でした。また、同僚の陣馬が助かって良かったと思いました。また、機捜隊長の桔梗がかくまっている羽野に対して言った言葉が泣けてしまいました。桔梗は羽野のお母さんです。

    (50代・女性)

 

MIU404の見逃し配信

MIU404を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!