MIU404 2話の感想【ネタバレあり】

MIU404(ミュウヨンマルヨン)2話の感想を紹介!あらすじや見逃し動画も併せてチェックしていってください。ネタバレを含む感想もあるので、見ていない方はご注意ください。
                       

MIU404 2話のあらすじ

 

志摩(星野源)とのパトロール中、隣を走る車に違和感を抱いた伊吹(綾野剛)。そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬耕平(橋本じゅん)と九重世人(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。事件現場となったハウスクリーニング会社では、真面目に働く社員だったという加々見。殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているのに、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。疑惑の車を追尾する伊吹らは、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による”移動立てこもり事件”と見立て様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から、事件は予期せぬ方向へと転がっていく・・・。

 

 

MIU404 2話の感想

  • この新ドラマがどんなドラマになっていくのか注目して見ていました。二人の刑事がコンビを組んで問題を解決している姿が、まず最初に目についた印象でした。そんな難しい間柄を二人とも、とても良く演じていたと思います。後は事件の解決の仕方にも注目するべきシーンがあったと思います。防犯カメラのシーンや車のナンバーのシーンなど所々に話が連動していく所が面白かったと、ドラマを見ていて感じました。これから二人の刑事がどうなっていくのか期待してドラマを見ていきたいなと思っています。

    (40代・男性)

 

  • 今回は切ないお話でした。逃走した殺人の容疑者を動物的な直感で見つけた伊吹。容疑者に拘束されて車を走らせる夫婦を容疑者に亡くした息子を重ねて逃走を手助けしてしまう。「“やってない”と言うのは自分かろやってないと思いたいから。やってない頃に戻りたいから」と言う志摩。容疑者は父親に虐待を受けたトラウマがあり、被害者にその時のことを重ねてしまい刺してしまっのだ。自分がこうなったのは父親のせいだから父親を殺して自分も死のうと思ったのだ。しかし、父親はすでに亡くなっていた。今回は切なすぎる。父親に「一度も謝って貰ってない」と嘆く容疑者に、赤の他人である夫婦が「最後まで付き合うと言ったのにごめん」と謝る。それに少し気持ちが軽くなったのか夫婦に頭を下げる容疑者。今回のゲスト鶴見辰吾さん池津祥子さん、松下洸平さんが凄く良かったし、前回は少し「?」と思った件もありましたが、今回は最高でした。

    (50代・女性)

 

  • 第4捜査機動隊の活動拠点が、前回と違う部屋に移動になった理由が、陳馬が窓からうどんの湯切りをしていたから、というところにあったのが面白かったです。
    見ている人がいたんだな、と思ったからです。
    真面目な志摩や久重は、愉快すぎるメンバーたちに嫌気を刺しているところがありますが、見ていていい職場だなと思いました。
    警察庁と聞くと、事件ばかりで頭が痛くなりそうだから、面白い出来事があれば頑張れると思うからです。

    (30代・女性)

 

  • 加々見が本当に犯人なのか、犯人ではないのか最後まで分かりませんでした。田辺夫婦の自殺した息子さんを信じることが出来なかった気持ちを加々見に重ね合わせてしまうところは、不安と後悔が入り交じったような不思議な気持ちになりました。田辺夫婦は最後まで加々見を信じていた結果、犯人だった加々見を逃がしてしまいますが、加々見は田辺夫婦に最後まで信じてもらえて、気持ちは少し救われたんだと思います。伊吹と志摩の関係も少しずつ寄り添っていき、志摩が伊吹のことをだんだん信じていくような感じがしてこれからが楽しみになってきています。

    (20代・女性)

 

  • 伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が、メロンパンの車でパトロールに行くという設定から始まりました。伊吹が運転していると隣の車に何か違和感を感じて追跡するけれど、最初は、犯人におどされていた夫婦が、自分達の息子を亡くしたという経験から犯人を信じ逃してしまうという所には、驚かされました。犯人が自分の幼い時に父親から受けたことを思い出して、社長を殺してしまったことは、とても残念です。復讐をするために実家に帰るけれど、すでに父親は事故で亡くなって、この世にはいないという犯人にとっては、やるせない結末でした。伊吹の[殺しちゃいけないんだ]
    [殺した方が負けなんだ]という言葉や鶴見慎吾が捕まった犯人に対して[最後まで付き合えなくて、ごめんな]と謝って犯人が深くおじぎをしていたシーンに心打たれました。犯人も夫婦も少し気持ちが晴れたシーンだったと思います。

    (40代・女性)

 

  • 星野源さんと綾野剛さんのやりとりがほとんどの1話完結のドラマなので、とても見やすく、解決して終わるのでスッキリします。始終星野源さんが、不機嫌そうな怖そうな顔をしているところが見ててきついなと思うので、もう少し表情を緩めるところがあってもいいなぁと思います。最後の犯人が親を殺そうと探し回るシーンは、演技がうますぎて、かなり怖く、子供と見られないなと思えるほどでした。見終わってあー怖かったなと思うのですが、3話も見たくなります。

    (30代・女性)

 

  • 社内で刃物で脅された女性を伊吹(綾野剛)は見かけ、一瞬の出来事で決定打はないですが、きっと事件だとその車を追いかけます。
    加々見崇(松下洸平)は殺人事件を起こした犯人として追われる身ですが、どうやら一緒に同行している夫婦は脅されてるようには見えません。
    子供を亡くした夫婦で反抗期だった子供のことを信じてあげられなかったというトラウマを抱えていました。
    本当に事件を起こしたのか?と加々見に問い、私たちは信じる、と言います。
    また、父親にされてきたことを憎み、それと同じに見えたからという理由で殺人をしてしまった加々見ですが、ただ一言謝って欲しかったのだと思います。
    最後まで付き合うといったのにできなくてごめんね、と同行していた夫婦が謝ってくれたことで、父親からの謝罪にはならないけれど、ほんの少しですが救われたかなと思いました。「ありがとう」や「ごめんね」は本当に大事だなと思います。

    (30代・女性)

 

  • 始まったばかりの綾野剛と星野源の刑事コンビプレー。性格は全く違う2人ですが、少しづつ息の合う連係プレーを見せてくれています。今回は2人のそれぞれの過去に何があったのか想像する回想シーンもあり、これからそれが徐々に明らかになっていくことを感じました。2人の過去が今にどう結びついているのか、そして今後の2人にハードで心温まる仕事ぶりから目が離せません。コウノドリのコンビ。医師の役とは全く違う性格の役柄がまた見る側をワクワクさせます。

    (40代・女性)

 

  • 今回の話の印象としては、何だかいまいち良く分からない印象を凄く見ていて感じました。このドラマを特有のカラーと言うのか事件をどう解決していくのかと言うよりも、その中にある俳優同士の演技の方に注目をして見ていました。特に車の中から犯人と思われる人物の会話を聞いたり、その最中での車の中での話のやり取りがとても面白く見れました。それと女優の麻生久美子さんも素晴らしい女優さんだと思いました。これからも期待して見ていきたいと思っています。

    (40代・男性)

 

MIU404の見逃し配信

MIU404を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!