MIU404 6話の感想【ネタバレあり】

MIU404(ミュウヨンマルヨン)6話の感想を紹介!あらすじや見逃し動画も併せてチェックしていってください。ネタバレを含む感想もあるので、見ていない方はご注意ください。
                       

MIU404 6話のあらすじ

 

(2020年7月31日放送)

「志摩(星野源)は、相棒殺し」という噂話を聞いた伊吹(綾野剛)は、志摩から真相を聞き出そうとする。しかし、志摩は一向に話そうとしない。堪り兼ねた伊吹は、九重(岡田健史)から志摩のかつての相棒である香坂(村上虹郎)が不審な死を遂げていた事を聞き出す。

伊吹は九重を引き連れ、香坂の死の真相、そして、同日に起きた連続毒殺事件について調べ始めるが…

 

 

MIU404のキャスト

伊吹藍 役:綾野剛

志摩一未 役:星野源

九重世人 役:岡田健史

陣馬耕平 役:橋本じゅん

特派員REC 役:渡邊圭祐

糸巻貴志 役:金井勇太

我孫子豆治 役:生瀬勝久

桔梗ゆづる 役:麻生久美子

 

MIU404 6話の感想・評価

  • 感動した。「間違いも失敗も言えるようになれ」というセリフが心に響いた。先輩や上司に怒られることを怖がって間違いや失敗を隠したくなる気持ちがすごくわかるので、そう言ってくれる上司がいる九重はすごい恵まれた環境にいるんだなと思った。そして九重のパーカー姿に萌えた。志摩の過去が分かって何も言えない気持ちになったが、最後に本当の結末が分かって救われた気がしてよかった。人生のスイッチはどこにあるかわからないって本当にその通りだと思った。水道工事の人、怪しいなと思ってたけどやっぱり悪者だった。来週どうなるか楽しみ。

    (20代・女性)

 

  • 今回も割と面白かったです。綾野剛さんの、なんともつかめない性格で、少年のような性格を持ち合わせている警官役、すごく似合っていたと思います。星野源さんは、安定の綾野剛さんにあきれながらも、頼りにしているところも、上手く表現していると思います。岡田君も、最近は少し低姿勢になってきて、楽しく一生懸命お仕事している感じになってきました。(演技が下手だったのが、良くなったという意味ではありません。岡田君の役柄の警官が、変化したという意味です)

    (20代・女性)

 

  • 第六話は綾野剛が演じる伊吹が、相方の星野源演じる志摩が過去に相棒を殺したか知るために、九重とともに捜査するというストーリーでした。なぜ、相方の志麻は、周囲の人間から相棒殺しと呼ばれているのか、また、過去に何があったのか、志麻はどのような悩みを抱えているのか知ることができた。第六話によって、より伊吹と志麻の信頼関係が深まったとのではないかと思う。ラストのシーンでは、羽野が何者かに狙われてる様子が描写されており、来週のストーリーが非常に気になりました。

    (20代・女性)

 

  • まず、今までの話では、伊吹と志摩で
    事件解決していく内容でしたが
    今回は、伊吹[綾野剛]が志摩さん[星野源さん]の過去に追及していく回でした。伊吹が唐突に志摩に、相棒殺しといったのが衝撃的でした。機捜の
    志摩のかつての相棒【高坂刑事】が不審な死を遂げた事を
    きき出していきました。なぜなくなってしまったかを分かることができる、志摩が、どれだけ、元相棒を大切にしていたか分かる回だなと思いました。
    今回メロンパン号で、出動することが無かったのが、
    私的に残念ポイントです……

    (20代・女性)

 

  • 志摩さんの”相棒殺し”と言われている所以の事件の話でしたが、伊吹さんの志摩さんをぎゃふんと言わせたいということで事件を調べ始めました。
    途中では本当に志摩さんが追い詰めてしまったことと、正義に反したことへの罪悪感で自殺してしまったのだとおもって悲しい話だと思っていました。
    しかし、本当にぎゃふんと言わざるを得ないほど大逆転でした。
    6年間も悲しんで自分を責めていた志摩さんを、伊吹さんの真っ直ぐさで救い、あの二人の関係性でしかできない会話で感動しました。
    そして、最後に桔梗さんの家に盗聴器が仕掛けられてたのが心配です。次の話までドキドキです。

    (20代・女性)

 

  • 新しい事件が起きずに、志摩刑事(星野源)の元相棒が亡くなった事件についての経緯を探っているだけ•••、全くワクワク感やドキドキ感は無い。最初だけだったんだあ•••と、回を重ねる事に、つまらなさをとても感じます。志摩刑事の過去を現職の刑事みんなで、探ってどうなるのだろ?全く面白みや、興味は湧きません。MIU404としての、それ相応の事件が思いつかないのかなあ•••とまで思ってしまいます。米津玄師さんのテーマソング“感電”が宙ぶらりんで、凄くもったいないです。

    (50代・男性)

 

  • 志摩一未に翳があるというのは、本当のようでした。かつての相棒殺しというのは、言い掛かりを越えたナンセンスですが、かなり真剣に苦しんでいる様子で。その相棒の死の真相が明らかになった時には、「忘れない。絶対に忘れない」と。上司の自分の不注意といえる話ではなかったようですが、一声声を掛ける事が大事なんだと気付かされるお話。それがスウィッチになって、人のイメージが変わり、行動が変わる事がある。一言多い事ぐらいがちょうどいい?違法捜査をした刑事に優しそうな無責任寛容風発言。今の相棒の伊吹だったらやるかもしれない。でも、真面目でないので、癇にさわる。しかし時には。志摩がついに伊吹を認めた日という事ですね。負い目を与えず、自信を奪わない方がいいと。でも、伊吹は能力は大丈夫か、見てる志摩さんだと思いますけど。でも、あっけらかん過ぎて、刑事に見えない取り柄はあると思いますね。

    (40代・男性)

 

  • 志摩にとって伊吹はやっかいな相棒でしたが、伊吹が志摩の相棒の死の謎を解いたことで、二人の絆が深まり、真の相棒になった回だったと思います。
    相棒として仕事をする期間は限られていて短いですが、その中で志摩と向き合いたいという伊吹の姿がとてもかっこよかったです。
    また、陣馬さんと距離を置いていた九重が少しづつ心を開いていく様子も見ていて熱くなりました。
    6話では新たな事件は起こらず、志摩の元相棒:香坂の死についてを描いたものでしたが、1話分丸々志摩の過去について費やすことで、今までのモヤモヤが綺麗に解消された神回だったと思います。
    最後に桔梗家に盗聴器が仕掛けられたことが判明し、羽野さんに危険が迫っていることが分かったのが今後心配でもあり、楽しみです。

    (30代・男性)

 

  • 志摩の過去の真実が知れた回ですごく切ない結末だなと思いました。伊吹が相棒として志摩の過去のことを知りたいと思う気持ちがすごく伝わってきて真っすぐな人だなと思いました。志摩の元相棒の香坂は刑事としてはダメなことをしたけど最後まで困っている人を助けようとして自分は刑事だと自覚して頑張ったんだなと思いました。香坂に最後まで声をかけてやることができなかった志摩の後悔が本当に切なかったです。ラストのシーンで桔梗の家に訪れた業者が盗聴しているシーンがすごく気になりました。

    (20代・女性)

 

  • 志摩の「相棒殺し」という噂の事実を知りたい伊吹。志摩に直接聞く真直ぐな伊吹が可愛い。しかし志摩が話すわけもなく、元相棒の死が今の志摩に影響していることを感じる伊吹が解明しようとう、九重を上手く操り真実を探っていくところが面白い。志摩の元相棒が事故死にたどり着くまでの経過が何ともやるせない。だが伊吹にしか解明できなかった真実が明らかになる。間違いを犯してしまった元相棒が最後は正義の警察官であったことだ。真実を知った志摩が事故現場で亡き相棒に向かって語る姿が泣ける。現場に一人にしてあげる伊吹も素敵。声をかけなかった後悔を持ち続けていた志摩の心も少しは楽になっただろう。志摩の閉ざされた心を野生的な伊吹と組むことで少しずつ変化していく様が見ていて嬉しい。最高の相棒になっていって欲しい。

    (50代・女性)

 

  • 今回の放送内容は志摩の昔の相棒との話でした。なぜ人を信じず、自分を信じないのか…伊吹は志摩の過去について調べ始めました。昔の相棒の香坂は少し頼りなく、でも一生懸命な警察官でした。志摩にいつも怒られ、なんとか手柄を立てようと単独で犯人かもしれない女性に接近。しかし失敗してしまい、進退を迫られることに…。香坂が苦しんでることに背を向けてしまった志摩…そして香坂は事故で亡くなってしまった。全て自分が悪いを責め続ける志摩。そんな志摩を救うために第4機動捜査隊のメンバーが当時の事件の洗い出しを始めました。やはり事故死だった…でも一つわかった事が!香坂の向かいのマンションの女性宅に不審者侵入。香坂はそれを止めるまで、110番通報し、助けようと向かってる途中に階段から転落死していた。彼は最後まで警察官だったのです。それを発見した伊吹。志摩の気持ちが晴れたように思いました。

    (30代・女性)

 

  • 綾野剛と星野源がバディを組むMIU404の第6話。ドラマも佳境に入ってきて、今回はいよいよ星野源演じる志摩の過去の事件が明らかになりました。綾野剛演じる伊吹がとにかくいいやつだぁと思わせるエピソード満載でとても感動する回と思いました。志摩が過去の相棒に何かしてあげればよかったとずっと後悔しているのを、伊吹が伊吹のスタイルで過去の呪縛から解き放ってあげた様子が繊細に描かれていました。回を増す毎に志摩と伊吹の絆が強くなっているかんじが伝わってきてとてもハッピーな気持ちになれるドラマです。次回も必ずチェックします。

    (30代・女性)

 

  • 志摩(星野源)の過去について悪い噂を耳にしてしまった相棒伊吹(綾野剛)は、志摩に直接尋ねても話そうとしてくれない。志摩から聞き出すのを諦めて、伊吹自ら志摩の過去の事件をほじくります。志摩の今までの言動の根元は、かつて志摩が捜査一課で組んでいた相棒を死に追いやったのだはと思い悩んでいたことでした。志摩はパワハラだったのでは、何とか助けるチャンスがあったのではと思い悩みずっと後悔し続けていたことが判明。伊吹の再調査により、志摩のかつての相棒は最後まで正義感があり死亡原因は事故ということが明確になり、伊吹が再調査したことを志摩にあらためて一連のことを伝えると志摩は心のつかえが取れたようになりました。

    (40代・女性)

 

  • ずっと気になってもやもやしていた志摩(星野源)の過去について触れた回でした。
    すごくデリケートな部分なのに伊吹(綾野剛)のど直球なぶっこみ方はさすがで、みているこちらがハラハラしてしまいました。
    ですが、そんなストレートでなんでもすぐに知りたいと思う伊吹だからこそ明かすことができた志摩の過去。
    ただただ暗くて志摩に重く纏わりついていたはずの過去なのに、伊吹が誰も知らなかった事実を新たに明かしてくれたおかげできっと前向きに進んでいくことができるんだろうなぁとこれからの志摩に希望が見えました。

    (30代・男性)

 

  • 星野源演じる志摩の闇が気になってしょうがない伊吹を綾野剛が丁寧に演じていた。隠そうとすればするほど人の秘密は気になるもの。ただの興味本位ではなく、志摩の心を救うために、相棒のために過去をほじくっていく展開に伊吹の心の熱さを感じた。今回のゲスト、村上虹郎が新人刑事の焦りをうまく表現していて、手紙を書くときの背中、屋上で事件を見つけた時の表情などとてもひきつけられた。人生のスイッチについて九重くんが覚えていたこと、そこに反応して伊吹以上に秘密を知りたがって自分のキャラをはみ出していく様子が若者の成長を感じてとても面白かった。とにかく脚本がいいとどの役者さんも光りますね。

    (50代・女性)

 

  • 志摩がずっと気にしていた同僚の死が、自殺ではなく、警察官として役目を果たそうとした結果、足を階段から滑らせて、階段から落ちてなくなったと知った時の志摩の表情が本当に切なくて、泣けました。長い間ずっと自分の中で解決できず、抱えていたのだろうなあと思わせる演技でとても共感しました。その事実を明らかにした伊吹の着眼点は本当にスゴイです。誰も解決できなかった一人の人物の死の真相をあっさり解明したのでとても驚きましたが、それも野生のカンなのかもなと思いました。

    (30代・女性)

 

  • 同僚のチームの刑事たちの間でも噂になっている志摩の過去を振り返り、元相棒の死について振り返り最後彼がどうして亡くなったかが最後にわかるストーリーでした。犯人を見つけるためにやってはいけない事に手を出した相棒に対して刑事としてどうあるべきかを諭す志摩もまた心の葛藤があったように思います。また、相棒が亡くなってからずっと自分を責めていた志摩に対して今の相棒が真実を見つけて志摩に伝えるシーンは胸が熱くなりました。

    (30代・女性)

 

  • 今まで冷静沈着に事件を解決してきた志摩でしたが、今回は志摩の過去が明らかになる大切な回でした。昔のバディーだった香坂が不審な死を遂げてしまったことに対して、志摩が酷く後悔するわけですが、若い人材が突然そんな死を遂げたらそれはショックだと思います。しかもその人が苦しんでいる時に、声をかけるチャンスが何度もあったにも関わらず、声をかけなかったとしたら…。次に会う時が変わり果てた姿だったら…。想像するだけで辛くなりました。村上虹郎さんの演じる香坂が、無茶なことをしてしまったけど、熱い刑事役でその一生懸命さに好感が持てたので、命を落としてしまうのは残念でなりませんでした。最後、香坂の死の真実が明らかになった時の志摩の安堵した様子は、長年担ってきたものが少しでも軽くなったのかな?とこちらの心も少し軽くなりました。

    (40代・女性)

 

  • 「相棒を殺した」と言われている志摩のことが気になって調べることにした伊吹。志摩の元相棒は、若くて正義に燃えるあまり捜査を面白がる女にあやつられてしまい証拠を捏造した。それに気づいた志摩が冷たく突き放し「進退は自分です決めろ」と言ってしまった。自殺かと思われていたが、証拠を集め現場検証をして事故だったと判明した。とどめの証拠はありえないことでしたけど、彼は自殺も退職も考えていなかったことに安心しました。村上虹郎くんの演技が素晴らしかったです。

    (50代・女性)

 

  • 毎週ハラハラしながら見ています。
    6話は志摩さんの過去に関するストーリーでした。
    伊吹を始め4機捜のみんなで志摩さんの心を救ったように思えました。
    また一段と団結力みたいなものが強くなったような。放送回を重ねる事に切迫感が増していてどんどん続きが見たくなります。
    伊吹と志摩はほんとにいい相棒のように思います。陣馬さんも九重くんもキャラが絶妙で最高です。
    伊吹も志摩もそうですが、一人ひとりにそれぞれのストーリーがあるように思えます。隊長のところにいるハムちゃんも気になりますし九重くんも何か心の闇のようなものを感じます。
    毎週目が離せないところも見どころの1つではないでしょうか。
    もう6話で折返しですが最後まで 応援しようと思います。

    (20代・女性)

 

  • 無断で男性が女性の部屋に押し入る現場を、たまたま目撃してしまった警察官がそれを助けようと焦って転落してしまった真実は悲しすぎました。でも、星野源さんが事件に関わっていなくて、その真相を知れてよかったなあと思いました。綾野剛さんの役はおちゃらけているように見えて、とてもしっかりしていて、今後も綾野剛さんの事件を解決する活躍が楽しみです。毎回今までにない切り口で事件を解決するので、次の回も楽しみだという気持ちになります。

    (20代・女性)

 

  • 志摩の過去のトラウマを解消できる回でとてもスッキリしました。
    相棒殺しと噂され、実際は事故なのか事件なのか自殺なのかわからないけれど、かつての相棒からの連絡を無視し行かなかったことをずっと後悔し、自分のせいだと自分を責めてきた志摩にとって、今の相棒の伊吹はとても相性が良いと思います。
    ニヤニヤしてくる伊吹のことを鬱陶しく思うのと同時に嬉しいと思いました。
    嫌なことでも遠回しに触らないようにされるより、正々堂々とはっきり言われるほうが本人にとっても良いのでしょう。
    俺なんて死んでも良いという考えだった志摩が少しは変わってくれそうで嬉しい回でした。

    (30代・女性)

 

  • 伊吹とペアを組む7年前に志摩は別の相手とタッグを組んでいた。志摩の相棒は、ある事件をきっかけに刑事人生を思い悩んでいる様子が辛かった。しかし、彼が夜中にマンションの屋上でウィスキーを呑んでいるとき、向かいのマンションに不法侵入するのを見かけて駆けつけようとしたとき、彼は事故により亡くなった。
    志摩は、彼が亡くなった理由に自分がある事件のことで彼を追い詰めてしまったせいだと思っていて、とても辛そうだった。
    しかし、伊吹たちが過去の事件を再度調べてみて、志摩の元相棒の死の真相がわかったことで、志摩は救われていたところがよかった。

    (30代・男性)

 

  • 志摩の過去に起きた相棒が死んだ件について明らかになる回でした。何故、相棒が死んでしまったのか志摩自身は自分を責め続けていたけど、今の相棒の伊吹が原因や背景を突き止めてくれた結果、志摩のツライ過去が報われ、志摩と伊吹の絆が深まった回になったと思います。
    最後の志摩が少し涙を堪えながら話しているところに感情移入する部分もありました。
    そして、志摩の桔梗への恋心的な部分も垣間見えるシーンもありましたが、片思いな感じで微笑ましいかったです。

    (40代・女性)

 

  • 一度目見たときはなんかあまりにも先週期待し過ぎてしまった、もう少し重い罪を志摩が起こしたわけじゃないかとがっかりしてたけど二度目を見直してとてつもなく悲しい、あのときこうしていればの後悔が伝わってきた。タリウム事件の犯人を惑わす女性役がとてつもなく不気味ですごく印象に残りました。また岡田健史のキャラがだんだん心開いて馴染んできたなと思う。これからもっと出てくるかなと思うと楽しみです。伊吹は本当におちゃらけすぎて刑事なのか疑いたいけど今回の回でとても人情深い人なんだと。まだ伏線回収しきれていないのでこれからが楽しみです。

    (30代・女性)

 

  • 綾野剛さん演じる伊吹が星野源さん演じる志摩が相棒殺しとの噂を聞いて、謎の死を遂げた真相を知るために調べ始めたところは、今の相棒である志摩のことを信用しているからこそ余計に知りたくなったのかなと思った。元相棒が自分達の手柄を上げるために、探っていた女性の家に行ったり、捜査令状が出せるようにクスリを注文した履歴など虚偽の証拠を出したが、捜査一課が捕まえた犯人は別の女性で、その探りを入れていた女性はその真相を知りながら警察を惑わせたりして楽しんでいただけだと知りすごく相棒が落ち込んでしまった。志摩は相棒に飲もうと誘われたが行がなかったこと、落ち込んでいる時に声をかけられなかったことを後悔し、自分が殺したのと同じだとずっと思っていたが、伊吹が現場に行き、真相を突き止め、志摩は真相を知ることができて、本当に良かったなと見ていて思った。この2人はタイプが違うが、いいコンビだなと思う回だった。

    (30代・女性)

 

  • 毎回見ていてとても面白いのですが、今回は特に良かったです。
    まず、星野源の演技が上手すぎて引き込まれます。とても影のある役で今週ついに過去が明らかになったのですが、志摩が元同僚に語りかけるシーンでは感情移入してしまい、とても切なく涙なしにはみれなかったです。
    何もしなかったことへの後悔がとても胸につきささりました。忘れることは絶対できないだろうけど志摩の心が少しだけでも軽くなれたらいいなと思いました。
    色々と、とても考えさせられた話でした。

    (40代・女性)

 

  • 相棒殺しと噂されている志摩の真実を伊吹が調べるという内容の話でした。志摩にどのような過去が隠されているのか?ワクワクしながら観ました。志摩は、刑事として許されない罪を犯してしまった相棒ひ対して、何度かチャンスがあったにもかかわらず、声をかけることができずに、相棒が亡くなってしまいました。
    その事がずっとトラウマとして残ってしまった事に胸が痛みめした。でも、その相棒が最後に屋上から犯行現場を目撃して、通報していたとわかり、自殺ではなく事故だったとわかった時は、志摩が少し救われたと思いました。伊吹によって真実がわかって、これから志摩と伊吹が本当の相棒になっていく瞬間だと思い
    これからのストーリーが楽しみになりました。

    (40代)

 

  • タイトルはリフレイン。事件を一話完結で解決していくスタイルかと思いきや、6話は志摩一未(星野源)の過去の話。”志摩は相棒殺し”と言われていたのを聞いた現在の相棒伊吹藍(綾野剛)が、興味を持って過去を知っている人に話を聞きながら、過去に何があったかを振り返る流れでした。1〜5話までにたまに見せる志摩の少し憂いのある表情や、何かを思い出す仕草、暗さ、曖昧さがこの回で一気に理解できます。志摩にとっては、太陽のような伊吹が相棒になって、救われたのでは?と思いました。感動回です。

    (30代・女性)

 

  • これはMIU404史上、感動の回でしたね。志摩さんの過去の相棒との話が明かされました。志摩さんはずっと後悔していたんですね。誰もが言いにくいことでも、伊吹は絶対に放っておかない所が素敵でした。志摩さん、伊吹と出会えて本当に良かったです。これで志摩さんも一歩前に進むことができますね。それにしても、志摩さんの片思いは一体どうなるのでしょうか。そんな恋模様も見ていて面白かったです。相手は全く気づいてないあたりが笑えました。

    (30代・女性)

 

  • 相棒殺し。なんて嫌な言葉なんでしょうね。転落して死んでしまった志摩の元相棒香坂。真相がわからないのに、警察の中で、志摩を疑ったり、志摩の責任にしたり、最低です。そんな中で、九重を巻き込んで、真相を突き止めようとした伊吹。志摩のことを信じたからなのでしょうね。諦めることなく、そして、伊吹だからこそ、違う目線で香坂の死を突き止めることができたのでしょう。なぜ死んだのか、知ることが出来た事実は、志摩の気持ちを救っただけでなく、死んだ香坂の行動も明らかになって良かったです。

    (50代・女性)

 

  • 志摩が元相棒を殺したうわさの真相は事件を目撃し、犯人を追いかけようとしての転落死は意外だったが、真相を知った志摩が相棒が伊吹だったらと元相棒を偲ぶシーンは心が打たれました。また事件当日のシーンで、志摩の他に隊長ゆずるや陣場が一番に表れ何か怪しさを思わせ最後まで見逃せない気持ちにさせてくれた演出は良かったと思いまし被害女性が感謝をしている事実にもたどり着けたのは、伊吹が相棒を思う素直な気持ちからだと思いました。

    (40代・女性)

 

  • これまでは冒頭に何かしらの事件が起こって、それを志摩ちゃんと伊吹が中心になって解決していく流れ(大体1話完結型)なのに…今回は伊吹と九重くんが珍しく組んで、志摩ちゃんの過去を掘り下げていくストーリー展開。
    最後の大どんでん返し、どこか切ない気持ちにさせるテーマ選びはいつものことですが、脚本家の野木さん、天晴れです… これまでと違う「現在進行形」でない事件を主に伊吹が追う流れでしたが、飽きずに最後まで観られました。起承転結がカッチリしててほんと引き込まれる!今季の大当たりです。

    (20代・女性)

 

MIU404の見逃し配信

MIU404を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!