MIU404 8話の感想【ネタバレあり】

MIU404(ミュウヨンマルヨン)8話の感想を紹介!あらすじや見逃し動画も併せてチェックしていってください。ネタバレを含む感想もあるので、見ていない方はご注意ください。
                       

MIU404 8話のあらすじ

 

(2020年8月14日放送)

山中で男性の変死体が見つかり、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は現場へ急行する。遺体の特徴的な創傷と残された文字から、未解決の連続猟奇殺人の可能性が浮上し、事件の捜査は一課の管轄となる。捜査会議に参加した伊吹と志摩は、そのまま一課の刑事・刈谷(酒向芳)の手伝いに駆り出される。

刈谷と同行し訪れた不自然死究明研究所、通称「UDIラボ」で、伊吹と志摩は臨床検査技師の坂本(飯尾和樹)と出会う。

その後、今回の事件の捜査資料を盗み見た伊吹は、複数の前科があった被害男性の最初の事件を担当した刑事が恩師の蒲郡(小日向文世)だった事を知る。伊吹と志摩は、蒲郡から得た情報を頼りに犯人を追うが…

 

 

MIU404のキャスト

伊吹藍 役:綾野剛

志摩一未 役:星野源

九重世人 役:岡田健史

陣馬耕平 役:橋本じゅん

特派員REC 役:渡邊圭祐

糸巻貴志 役:金井勇太

我孫子豆治 役:生瀬勝久

桔梗ゆづる 役:麻生久美子

 

MIU404 8話の感想・評価

  • まずドラマを見た印象は交通事故の影響で事故の記憶を失ったと思われていた男が、ある事件の犯人では無いのかと疑われていると言う違った角度の視点から描かれていたなとドラマを見ていて感じました。そしてその疑われている人物は主人公の刑事の人生の恩人と言うのがドラマの話にも深みが出ていてとても面白かったです。それと演技力にも注目して見ていました。妻を失ってしまいその原因となった男に対する復讐をするシーンがもっとも印象に残るシーンでした。

    (40代・男性)

 

  • まさかまさかの連続でした。ゲストが告知されてない人、松重豊さんもいたし、飯尾さんはとてもほっこりしました。伊吹の部屋も見られて嬉しかったし、休みの日に電話をかけない、会わないと決めていた志摩がその二つをして来てしかも二人ビールを飲んで語り合うシーン。伊吹にとっては今回辛い回でしたね。これがきっかけで彼が変わってしまわなければ良いのですが。せっかくいい相棒のようになったので。麦ちゃんも懸賞金かけられていてなぜそうなったか、今後身元がわかったらどうなってしまうのか。気になります。

    (30代・女性)

 

  • 最後に伊吹の恩師である蒲郡が逮捕される展開には少し同情しました。蒲郡は妻を殺されてしまい、妻を殺した人物を自分の手で殺したのには驚きました。それだけ、その犯人に対する怨みの強さや妻への無念を晴らしたい気持ちがあったのだと感じました。
    確かに蒲郡は、1人の人間を殺した殺人犯ではあるけど、それでも伊吹の恩人であり、蒲郡がいなければ伊吹は刑事として生きていけなかっただろうと思いました。伊吹がどのように立ち直るのか展開が気になりました。

    (30代・男性)

 

  • いぶきの恩師が今回追っている事件の被害者を知っていることを知った、いぶきとしまはいぶきの恩師に会いに行くが元警察官の恩師は記憶が曖昧だということをしまがいぶきに話したことでいぶきが一緒に住むことを提案していて、いぶきが本当にいい人だと思いました。途中でアンナチュラルで出てきたラボが出てきてアンナチュラルが好きだったのでまたアンナチュラルも見たいなと懐かしい気持ちになりました。最終的にはいぶきの恩師が記憶障害ではなく、被害者を殺した犯人だという事がわかって少し悲しかったけれど、奥さんをひき逃げで殺されているから同情もして、複雑な気分になりました。しまがいぶきに相棒と言ったのも、感慨深かったです。

    (10代・女性)

 

  • 志摩が、ハムちゃんや上司の家に盗聴器を仕掛けられたりしたことに責任を感じている表情が何とも言えませんでした。
    でも、伊吹といつも通り、言い合っている感じは良いですね!
    伊吹はこういう時でも、子供たちに優しく接していて、「メロメロメロンパン、と言っていて可愛かったです。でもその後に志摩に電話をかけたのは俺にも責任があると言うのに、志摩自身は自分のせいだというと、伊吹は「じゃあ、こんなに暑いのも志摩のせい。虫が集るのも志摩のせい。」と言って、楽しい言い合いが続きました。今回もすごく楽しかったです。

    (20代・女性)

 

  • 今回の放送は、ドラマ、アンナチュラルのUDIラボが登場してとても面白かったです。UDIラボの中堂さんがいつも「クソ」と言っていましたが、電話口でも暴言を吐いていてとても懐かしく感じました。元刑事の妻が、面倒を見ていた常習犯に殺されて、高次脳機能障害を装いながら、犯人を殺したというエピソードはとても衝撃的でした。中堂さんも、大事な人を殺人犯に殺された人だったので、アンナチュラルととてもリンクして、涙が出ました。

    (30代・女性)

 

  • 犯人しか知りえない被害者に残された創傷や遺留品から、未解決の殺人事件がまた起きたかと思われた今回の事件。被害者の検死に登場したUDIラボに興奮してしまいました。「アンナチュラル」で舞台となったラボ。脚本家が同じ野木亜紀子だからこそのサービス?でしょうか。坂本や神倉まで実際に登場し、中堂は声だけ出演。懐かしさに胸が躍りました。しかしストーリーは伊吹にはやりきれない展開となりました。荒れていた伊吹を表舞台に導いてくれた恩師の、まさかの凶行。妻を無残に殺された故の犯行とは言え、伊吹には残酷すぎます。「いつなら止められた?どうすればよかった」と聞いた伊吹。逮捕された蒲郡は志摩に「お前にできることは何もなかった」と伝えてくれと言い残します。それは伊吹に責任を感じさせまいという最後の思いやりに聞こえました。

    (60代・女性)

 

  • 今回は伊吹の過去が少し明かされていました。
    伊吹の部屋に志摩がやってきたとき、ビール片手に元警察官の蒲郡(ガマさん)に出会ったおかげで警官を目指すようになったことを語るシーンで志摩が見せる表情が少し切なそうに見えたのが印象的でした。
    そして志摩が伊吹の「感」について「今なにを感づいているのか」というシーンでは志摩が伊吹のことを信頼していることがわかり、絆が深まっているのだなぁと思いました。
    信頼していたガマさんの犯行を知って屋上で落ち込む伊吹に「行こう」手を差し出す志摩はかっこよかったです。

    (40代・女性)

 

  • ドラマ MIU404(8話)では、伊吹と志摩、伊吹と恩師であるガマ。それぞれ深い絆で繋がっていることを感じた。
    ガマさんの異変(嘘)に気付いているが蓋をしている伊吹に志摩は、ガマさんの周辺の捜査を休み返上で行い、そして真相を解明した上で、直接伊吹に会いに行き、その話をゆっくりと話し出す。
    伊吹を救った元刑事のガマさんが、殺人を犯すなんて全く予想もしていなかった。
    大切な人を目の前で殺されてしまったら、どんな人でも殺人を犯してしまうことにとても恐怖を感じた。家族のように慕っていた人が突然犯罪者になってしまい、伊吹は絶望していて、見ていて切なかった。
    落ち込む伊吹に志摩が「相棒」と言って、手を差し伸べていたシーンはとても感動した。
    今回でさらに絆の深まった二人がどのような事件を解決していくのか、また、羽野麦をどう守っていくのか楽しみです。

    (20代・女性)

 

  • 泣けました。元警官の主人公の先輩が、とってもいい人なのですが、自分の妻を車でひかれてしまったのです!
    その時、同じ場所にいたが、記憶をなくしてしまった、と言う設定になっていたのです。実は殺害した犯人を自ら殺したことを隠していたのです!
    描写が繊細でとても切なかったです。主人公の性格がとても優しく、良い人柄なのですが、実は幼少期は荒れていて、そんな自分を信じて励ましてくれた先輩だったのです。
    なかなか、真実を知る勇気が出ない中、最後その先輩は全てを受け入れ、堂々と告白しました。犯してしまった罪は大変なことでしてはいけないこと、ですが
    とてもやるせない気持ちになりました。誰かが誰かを支え、救うと同時に、大切な存在を失うつらさは人を殺人にまで追いやってしまうんだと怖くなりました。

    (40代・女性)

 

  • 伊吹(綾野剛さん)の恩師でもある蒲郡が捕まってしまってとても悲しいです。
    長年連れ添っていた奥さんが目の前でわざとひき逃げされたのを見たら、それは当然許せない人のほうが多いと思います。
    裏設定としてアンナチュラルのドラマに出ていたUDIのメンバーが出てきてとても嬉しかったです。
    殺されてしまって残された人の辛さはどちらのドラマにも共通しています。
    蒲郡は刑事でもあったけれど、やはりその前に一人の男性で奥さんと静かでも幸せに余生を過ごして欲しかったなと思いました。

    (30代・女性)

 

  • 今回は伊吹がメインのお話でしたが、伊吹の優しさがよく伝わってくる、とても良いお話でした。伊吹の恩師を思い、信じたいという気持ちと、実際に起きてしまったことを受け止めなければならないという気持ちとの間で葛藤する姿にとても心を打たれました。綾野剛さんの演技のうまさも相まって、思わず涙が出そうになってしまう部分もありました。
    また、志摩と伊吹のやり取りが面白く、シリアスな中にも笑いがあって毎回楽しみにしていますが、今回もまた期待を裏切らないやり取りを見せてくれました。今後、2人の関係がどうなっていくのかもとても楽しみです。

    (30代・女性)

 

  • 今回は、伊吹にスポットの当たった街でした。伊吹は最初から恩師にも疑いを持ったのではないかと思います。それでも信じたいと言う気持ちを持って接しているのが、よく伝わってきました。綾野剛さんの演技は、今まではそれほどいいと思った事はなかったのですが、このドラマの息吹は非常によく演じていると思います。伊吹と志摩のコンビネーションが、回を重ねるごとに良くなってきていて、もう後半に差し掛かったこのドラマが終わってしまうのがもったいないような気がしました。

    (40代・男性)

 

  • 3本の指を切断された遺体が見つかりました。被害者は2度の服役したことのある男でした。その男の取り調べを行ったのは伊吹の恩師。伊吹は詳しく聞こうと恩師を訪ねました。数度訪れ、恩師の異変に気付く伊吹。伊吹と恩師のことを観察して気付く志摩。今シーズンは警察ドラマが多いですが、刑事の勘がこの番組でも生きています。恩師役が小日向文世さん。ただで済むわけがありません。犯人はその恩師でした。元警官でも人間です。故意に愛する妻を殺されて黙っていられなかったのは分かります。私が裁判官なら無罪にしたいです。

    (50代・女性)

 

  • 猟奇的な連続殺人事件が発生して被害者の身元が前科犯で担当してたのが伊吹の恩師の蒲郡さん。話を聞きに行くと違和感を感じた志摩は認知症を疑う。捜査一課との因縁がある志摩と刈谷のバチバチ感を他所にまさかのアンナチュラルの世界線が再び。坂本さんと所長…声だけ中堂さんに湧きました。小指と親指以外切断された遺体がキリスト教由来と知り伊吹の中に疑念が生まれたのを見逃さなかった志摩…伊吹は蒲郡に会いに行き真実を知る。機捜に入った日にひき逃げ事故で妻が死亡し自らも記憶がなかった。全てを思いだし轢いた犯人が今回の殺害された男…何度も許したが今回は許せなかった故の犯行。伊吹に人を簡単に信用するなと言った言葉に込めた自らの過ち…伊吹が刑事になる目標だった蒲郡の逮捕にこれから伊吹は刑事としての生き方にどんな影響があるか気になる。小日向さんと剛くんの演技に凄みを感じた回です

    (40代・女性)

 

  • 毎回1話完結で話がある中で、元々ある事件がどう絡んでいくのかいつもドキドキします。久住がどう関わってくるのかこれからが山場だと思って毎回見逃せません。
    志摩の相棒の事故もはっきりわかり、伊吹の過去も理解してきて、また今回、伊吹の恩師が逮捕されてしまった件でどんどん2人の関係は相棒になっていき感動します。
    第8話の最後の志摩が伊吹の恩師が逮捕された後に休憩は終わりだ、いくぞ相棒と言って手を出したのは感動しました。前の相棒に出来なかった事を今回は出来てるなって思うシーンでした。

    (40代・女性)

 

  • 今回は伊吹の回、だとは最初思わずに見ていました。起きた事件と最後にわかった犯人が、話が始まった時には全く予想出来ず、本当に50分弱ですごくドキドキし展開に驚きました。今夏のドラマで同じ警察ものの未満警察でも、初恋相手の幼なじみが犯罪を犯していることを知って最後は自ら幼なじみに手錠をかけ、彼女の乗ったパトカーを見つめて号泣するシーンがありました。MIUでは罪もより重くそのぶんまさかこんな信頼していた人が犯罪を犯したということを伊吹はすぐには納得できずただ泣き叫ぶしかなく、とても切ないシーンでした。伊吹は納得出来たのかなと心配になります。大枠で動いている謎のエトリという男の話、危険な香りしかしない菅田将暉が動き始めているのもあと2話の楽しみをそそります。

    (40代・女性)

 

  • 今回は衝撃の回でした。綾野剛演じる伊吹の尊敬する蒲郡、今までもちょいちょい登場していたのですが、今回は犯人役でした。蒲郡は小日向文世が演じていて、非常に穏和な役柄なのですが、妻を奪われた復讐のため殺人事件を起こします。それを追求していく伊吹と、星野源が演じる志摩のコンビ。違うと信じているけど心のどこかで犯人かもしれない…と思いながら、蒲郡に迫る伊吹。そして自白する蒲郡が隠れていた警察に捕まるシーンは本当に切なくなりました。

    (30代・女性)

 

  • 今回は伊吹側の過去が垣間見れるお話でした。
    はじめ、志摩の元上司が本当に嫌味なやつでムカムカしていたのですが、事件が予想していなかった方向に進んで驚きました。
    伊吹の過去はなんとなく想像ついていたのですが、がまさん(小日向さん)との関係性が素敵で。
    過去ちょっとヤンチャだった人がいい大人に出会って更生したと言うよくあるパターンだったのでもうちょっとひねりが欲しかったけど今回の話にはちょうどいいぐらいかなと思いました。
    がまさんの奥さんとがまさんに起きた事件は殺意があったとしか思えず、がまさんが狂気に走ってしまったところで思わず号泣。
    伊吹とがまさんのやりとりでの「どこで止められたかな」と言うセリフにさらに号泣。
    胸が痛くなりました。最後の志摩と伊吹のシーンでは、さらに絆を深めた気がしてジーンときました。
    菅田さんの役が怪しすぎて気になりますが、麦ちゃんが早く安心して生活できることを祈ってます。

    (50代・女性)

 

  • 今回の主役は確実に小日向文世だった。元警察官ながら妻を殺された恨みを晴らす犯人役。定年退職後に妻と静かに余生を過ごすつもりが無惨に殺されてしまう。綾野剛演じる伊吹の憧れだったはずなのに。愛する人を奪われると人はこれ程変わってしまうのかと恐ろしさを感じた。星野源演じる島は小日向が犯人だと見抜いてしまう。さすが元捜査一課の刑事だと思った。伊吹一人で自首するよう説得に行かせたのも、彼なりの優しさだと感じた。

    (30代・男性)

 

MIU404の見逃し配信

MIU404を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!