レンタルなんもしない人 8話の感想【ネタバレあり】

レンタルなんもしない人の8話の感想をまとめました!8話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

レンタルなんもしない人 8話【5/27放送】

 

★8話あらすじ

「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田貴久)。

そんなレンタルさんの元に瀬戸正一郎(松尾諭)から依頼が舞い込む。

マッチングアプリで知り合った女性とデートし、告白したが3週間連絡がなく…何が悪かったのかデートを一緒に振り返って欲しいという依頼だった。

瀬戸は現在42歳。色々手を尽くしたが結婚には程遠く30戦30敗だという。

デートも終盤、告白した池を後にボートを降りたとき彼女から…!

 

レンタルなんもしない人 8話の感想

 

  • 今回の依頼は「デートの反省会」。依頼人の真面目さが伝わってきました。
    自分を見て欲しいという訴え、悲しさ、切なさに落ち込む依頼人に、デートの感想を聞かれても「普通」「判断できない」と淡々と答えるレンタルさん。怒るどころか、「慰めたりしない所が有難い」という依頼人の言葉、とても素敵なシーンでした。見えない何かがレンタルさんにはあるのだろう。誰かに見て欲しかった僕が、誰かの人生を見ている、レンタルさんと一緒にいれて良かったと呟いた依頼人の笑顔とても良かったです。「失恋した後に結婚式で微笑むなんて、僕には出来ない」という言葉に勇気づけられたのだろう。
    気まずい展開だったが最後は微笑んでくれて本当に良かった。明るい表情になっていった依頼人。「優しさに優しさがプラスされている人」だものきっと願いは叶うでしょう。
    そしてポジティブに節約に勤しむ奥さんの素晴らしさにも感動しました。レンタルさん幸せ物だな。(50代女性)

 

  • ついにレンタルさんが雑誌の取材を受けていて、すごいなぁと思いました。記者の質問に飾る事なくありのままの返答を返していて、レンタルさんらしいと思いました。レンタルなんもしない人という活動は何も生み出さないし収入にもならないから、自分の旦那さんがしていたら反対してしまう物ですが、長く続ければこうやって取材がきてすごいと思いました。何事も長く根気よく続ければ努力はいつか報われる物なんだと、少し考えさせられました。きっとレンタルさんはそんなことは望んでないと思いますけどね。(20代女性)

 

  • なんもしない人・森山将太がついに雑誌の取材を受ける。今日のメインの依頼は、全く女にもてたことがない人・瀬戸正一郎の依頼でデートの検証してくれと言うもの思った通りの感想を伝える将太に、落ち込んでいたところにお目当ての彼女から付き合うことはできなと言うメールがさらに入り落ちこんでしまうが、将太の次の依頼・結婚式を通りすがりで見て欲しいと言う依頼に同行して、依頼者からのお礼のメールを貰い肩から力が抜けたような感じになり、次の出会いは上手くいくのではないかと想像できた。(40代男性)

 

  • デートの振り返りを一緒にしてほしいという依頼を受けたレンタルさんが、依頼主さんに何をアドバイスすることもなく「優しさに優しさがすでにある」という意見を最後に言ったところが、的を得た意見だなと納得してしまいました。また、最後に神社で他の人の結婚式を依頼主さんとレンタルさんが二人で作り笑顔ですが笑みを浮かべて見ているシーンではとてもほっこりした気分になりました。依頼主さんは結局今回もフラれてしまいましたが、最後にランニングを頑張っている姿がとても魅力的でした。(30代女性)

 

  • やはり3週間連絡がなければ、諦めてしかるべきかと…。そこをレンタルさんが何か言ってくれる訳じゃない。やはり。3週間前のデートの振り返りの、レンタルさんの感想は、「普通です」。どうもマズイ展開でないでしょうか。あの美人妻が、レンタルさん・将太さんをもやしに擬えて、「もやし君は人間と一緒」…。妙にリラックスし過ぎた感じの真っ直ぐなもやしを見つけて、並べている。このまま、見続ければ、おそらくやる気にならざるを。見られるのでは…。他人を家に呼んで、プレッシャーをかけるのだけは…。(40代男性)

 

  • 8話では初めてメディア取材に応じているレンタルさんの内容だった。「レンタルなんもしない人」というTwitterのつぶやきからこんなにも話題になる人物を取材するのは、レンタルさんにとっても、困っている人々への良いきっかけとなるのではないかと感心しました。なんにもしない人、というだけで沢山の依頼がきて、感謝されて、ありがとうと言われる人って周りを探してもいないと思う。それをメディアに取り上げるというストーリーも面白い。これが社会現象になっていくのかと考えてしまった。そしてデートの振り返りをしたいという男性からの依頼に答えたレンタルさん。そんなことまでしてくれるの?どんなことまでするの?と興味を持って見入ってしまった。男性目線が分かって今後の男性との付き合い方への参考にもなった。(30代女性)

 

  • レンタルさん夫婦の出会いはネット大喜利のオフ会だったんですね。そういうものなら最初から、自分と合うか合わないかとか笑いのポイントだとか、力まなくても深いところを知ることができそうだなと思いました。なんだか30戦30敗の彼とは対照的でした。自分が選ばれているのではなくて、相手が相手自身のために結婚を目的としているような様子が見えてしまうと、相手は躊躇しますよね。30戦30敗の彼、良い人に思えるけど考え過ぎな気がします。(40代女性)

 

  • 今回は、雑誌の取材でレンタルさん(増田貴久)が、写真を撮られているところから始まります。それも依頼中で、朝が弱く大学で単位を落としそうなので誰かと待ち合わせをすれば起きられると思い、依頼したそうです。出会った瞬間、別れたので最短レンタル記録が更新されました!その後、取材に答えていくレンタルさん。なんもしないのに取材で初めてのメディアデビューでした。次の依頼は、女性に告白をしたけど返事がないので、デートを一緒に振り返ってくれませんか?という依頼でした。依頼主の瀬戸正一郎(松尾諭)は、42歳で婚活をしていました。そんな中、出会った女性に3回目のデートで告白をしました。お茶をしてから占いをしてボートに乗り池の中心でラブレターまで読んで告白をしました。しかし、結局は降られてしまいました。自分のことばかり見ているようでとても窮屈な人だなと思いました。デート内容ではなく、自身がなさすぎると思いました。(20代女性)

 

レンタルなんもしない人の見逃し配信

レンタルなんもしない人を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!