行列の女神~らーめん才遊記~ 7話の感想【ネタバレあり】

行列の女神~らーめん才遊記~の7話の感想をまとめました!7話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

行列の女神~らーめん才遊記~ 7話【6/1放送】

 

★7話あらすじ

まもなく開催される世界的な日本食文化発信イベント「ジャパンフードサミット2020」のラーメン部門責任者に、芹沢達美(鈴木京香)が抜擢される。

日々準備に追われる芹沢に代わり、しわ寄せを食らう河上堅吾(杉本哲太)は疲労困憊状態。

一方、夏川彩(高橋メアリージュン)は、芹沢から月替わりラーメンを開発するチャンスを与えられるが、思うようなものが出来ず思い悩んでいた。

そんな中、名店『麺房なかはら』の店主・中原昌英(石黒賢)が「清流企画」にやって来る。

90年代にラーメンの価値を一気に上げたラーメン界の大スターだ。ところが「ラーメン博物館」に出店した新店舗の客入りが悪く、原因がわからないため相談に来たという。

本店と寸分違わぬ味でやっているのになぜ客が来ないのか?話を聞いた芹沢は、この依頼を汐見ゆとり(黒島結菜)に担当させる。

プライドが高い中原をゆとりに任せることに、周囲は不安を抱くが、芹沢にはある思惑があって…。

 

Paraviで見逃し視聴する

 

行列の女神~らーめん才遊記~ 7話の感想

 

  • 芹沢社長が今回もかっこよかったです。本質を見抜き、それを各社員に分かりやすく指導するところも素敵です。過去の先輩が、昔とった杵柄でいつまでも変わらないところを痛快に指摘して、変えていかせるところも良いですね。
    今回出てきたらあめんもどれも個性的だった。バターにアンチョビとか、フォンドボーに三つ葉とか。そして、あっさり麺に砂肝などの歯応えたっぷりの具材を入れて、バージョンアップさせるなど。食べたくなるラーメンばかりが出てきます。ワクワクの源はアンバランスさ、歩みを止めることが敗北。など名言も出ましたね。(40代女性)

 

  • 芹沢社長と河上部長の昔の知り合いが出てきた今回。トレンディードラマに良く出ていた石黒賢さんがカリスマラーメン店の店主役とは~。それにしてもカリスマでも新しい時流を読むのは難しいのですかね。前にも芹沢社長が言ってましたが、美味しいラーメンと売れるラーメンは違うのが今回もクローズアップされていました。ラーメン博物館の新店舗に出店したのに客入りが悪いと相談に来たのにゆとりをよこしたから怒ってましたが、新人のいうことも聞ける心の余裕は必要だとは思いました。それにしてもさすがに芹沢社長、自身が関わっているフードフェスタもあるのに恩を売りつつ、ゆとりたちを遠隔操作?で無事に解決するのが感動でした。(30代女性)

 

  • 今回は芹沢と河上とかつて一緒に修行をしていた。中原からの依頼でしたね。本店は繁盛しているのにラーメン博物館の店舗は全然客が入らないのでなんとかしてほしいという案件。ゆとりが担当してまずはメニューの説明や写真がないことに気がつきました。名店と言われる店でも通なお客さんがあまりこない立地だと繁盛しないのだなと思いました。あとはボリューム感のなさが原因でしたね。客層の違いでこれほど違うのですね。ただ美味しいだけではもうからないというお店の経営の難しさを感じた回でした。(20代男性)

 

  • ついに、芹沢達美(鈴木京香)が、「ワクワクする味」に言及したんですけど。汐見ゆとり(黒島結菜)の解答に、「それもひとつ」だと。よくわかんなかったんです。しかし、次週は最終回。ざっくばらんに、アンバランスを食べる。ゆとりさんの言う通りの話だと思っていたので、次週、その点、聞けたらいいんですけど…。「抵抗を感じるくらいスリリングな側面」のアンバランスな刺激が、ラーメンの魅力では、と思っていた私。だが、それは、そのひとつでしかないらしい!。最終回が楽しみです!。(30代男性)

 

  • 中原というカリスマが、出店したものの客が入らないので、かつて自分がしごいた部下の芹沢と河上を頼って来たので、上手くいくのかと疑問に思った。
    しかも新人の汐見にコンサルさせたので、プライドの高い中原が芹沢の自分への復讐だと思って怒ったので、もはや救いようがないと思った。
    汐見はメニューに能書きを入れると客が入るが、すぐに頭打ちになる。芹沢は一番の職人の敗北は歩みを止める事で、芹沢は理想と現実の間で闘っているが、丸鳥ラーメンがずっと百点だと思ってしがみついている中原は汐見や夏川より劣っていると言う。グーのねも出ない程、弱点を突かれた中原は自暴自棄になるかと思った。
    しかしマンネリを打破して具を変えて漸く芹沢らが納得したのは流石の中原だった。ラーメンとは予想外に奥深いと思った。
    汐見がラーメンにアンバランスな味を入れることで、ワクワク感が増すと言ったが、それだけじゃないと言う芹沢の本音は何なのかは謎だ。(40代男性)

 

  • 夏川さんが新作ラーメンの試作を一生懸命取り組むが、なかなか認めてもらえない時に、自分が育ってきた実家に帰って、原点に戻って考えることで、三つ葉のアクセントの受容性に気付いたところはとても衝撃的でしたが、彼女のそれからの試作作りにとても生かされて、最終的には社長に認められたところでは、とても感動しました。また、あえて臭みを残したり、リスクのあるラーメンを作ることの重要性を話していたところは、とても説得力があるもので良かったです。(30代女性)

 

  • 今回のゲストは石黒賢さんで、主役の鈴木京香さんや共演者の杉本哲太さんとライバルの役でも十分劣らない、円熟した演技が良かったです。また、今回は新入社員の汐見が良く言う「わくわく」の意味がわかり、それがわかると、最終回に近づいていて、寂しい気もしました。しかし、今回はその人に合ったラーメンの作り方を劇中で説明していて、人間には個性があり、それぞれ成長の仕方が違うことをおしえてくれました。自分も凡人なので参考にしたいと思いました。(50代女性)

 

  • 行列の女神ーらーめん才遊記は、TV東京の「テレビBIZ」枠で放映されているビスネスを焦点にした経済ドラマである。前作は小泉孝太郎さん・高島政伸さんが病院経営を再建するドラマでした。その前は唐沢寿明さん・広瀬アリスさんが企業のパワハラを対峙するドラマでした。今回は鈴木京香さん・黒島結菜さんがらーめん店を再建されるコンサルティング会社のドラマで、最終回一回前で「らーめんコンサルティング会社」経営を存続するか重大な局面の7話でした。(40代女性)

 

  • 今回は名言がいっぱい出ました。まとまり過ぎてる味からもう一味たして「抵抗を感じるくらいスリリング」、「自分は天才ではない」と悩む夏川さんに「凡人には凡人の戦い方がある」、そして「理想と現実の間で戦っている」。たかがラーメン、ざれどラーメン。日々、ラーメンのこどを考えるプロはやっぱり凄い。いつの間にか仲良しになっていた夏川さんそ汐見さん。尊敬できる上司にのもとで働けるのは羨ましいと思います。くやしさで目を真っ赤にする中原「石黒賢)さんに『青が散る』の頃は棒読みだった生年月日プロになったなぁと思いました。次週は岡本健一さんがゲストだそうなので楽しみです。(30代女性)

 

行列の女神~らーめん才遊記~の見逃し配信

行列の女神~らーめん才遊記~を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!