行列の女神~らーめん才遊記~ 8話(最終回)の感想【ネタバレあり】

行列の女神~らーめん才遊記~の8話(最終回)の感想をまとめました!8話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

行列の女神~らーめん才遊記~ 8話(最終回)【6/8放送】

 

★8話(最終回)あらすじ

『らあめん清流房』全店舗の近くに、名前も味も明らかに『清流房』の“濃口醤油”にそっくりな新規ラーメン店『濃口醤油らあめん たかじ』がオープン。

本家より150円も安いこともあって、あっという間に客を奪われ売り上げが激減してしまう。

『たかじ』は、千葉・茨城を中心に展開する「麺獄」グループが運営している。

一体なぜ「麺獄」グループは『清流房』を狙い撃ちするようなやり方で進出してきたのか?

さらに不幸は続き、「ジャパンフードサミット2020」から、芹沢達美(鈴木京香)が統括するラーメン部門の参加を中止するというメールが届いたのだ。

橋爪ようこ(高畑淳子)からの横やりであることは明白。

芹沢は汐見ゆとり(黒島結菜)を連れ直接異議を唱えるが、ようこは“フェイク・フード”などとラーメンを酷評し聞く耳を持たない。

ところが卑劣なやり方を批判するゆとりに、ようこは「私をワクワクさせるラーメンを用意できるならラーメン部門の中止は撤回する」と言い始める。

ただし期日は10日後。もしワクワクさせられなかったら、「清流企画」を辞めて自分の元で働くという条件付きで…。

 

Paraviで見逃し視聴する

 

行列の女神~らーめん才遊記~ 8話(最終回)の感想

 

  • 芹沢のラーメンを強く愛する気持ちがストレートに伝わった最終回でした。自分のこだわりを貫くという強さがよくわかって、最後までカッコいい女性だと痛感しました。
    ゆとりが、芹沢から存在をしっかりと認められたことも、満足しています。近い将来、芹沢の強靭な右腕となって活躍するゆとりの姿が、目に浮かびます。芹沢の、ラーメンを作る技術力の高さ、経営力の高さ、などには感服しました。
    ワクワクするラーメン、というフレーズが目立ちました。挑戦し続けるゆとりたちの姿と重なります。(40代女性)

 

  • まず、ゲストが俳優の岡本健一さんだったのが驚きました。岡本さんも年取ったなと思いました。しかし、ジャニーズ事務所所属だけあって、かっこよいと思いました。今回もラーメンにはオリジナリティーと想像力が必要と勉強になりました。新入社員の汐見と味惑コーポレーションの難波倫子と最後も対決するのかなと思いましたが、それはなかったので残念でした。今回は最終回なので、終わってしまうのが寂しかったです。汐見ゆとり役の黒島結菜さんはネットで元気すぎると言われていましたが、それが彼女の持ち味だと思いました。(30代女性)

 

  • 清流房をつぶす目的で清流企画の元社員安本が出店してきます。清流房よりも安くてほとんど同じ味のラーメンは、清流房の客を奪っていきます。それでも、芹沢は新たなラーメンを発表して、安本を打ち負かすというのがメインストーリーでしたが、ラーメンのカリスマ芹沢は簡単に勝ってしまったというぐらいに強かったです。サブストーリーの橋爪の意見でジャパンフードサミット2020のラーメン部門を中止にするという話に対して、中止を撤回させるために汐見が条件を提示する内容は、娘を後継者として取り戻す母親の画策だったのか、それとも芹沢に嫌がらせをしたい橋爪の悪だくみだったのか、不明に感じました。最初は橋爪と安本も連携しているのかと思ったのですが、それはなかったようです。芹沢と安本の過去のいきさつが大雑把紹介されましたが、いつもの通り人物像までは届きませんでした。コミカルな雰囲気のままハッピーエンドとなった最終回でした。(40代男性)

 

  • めちゃめちゃ見応えがあって、おかわりしたい魅力的な良いストーリーでした。対面に“たかじ”というラーメン屋がオープンして、一杯100円•••というような作戦を仕掛けてきて、清流企画の顧客が持っていかれ、閑古鳥が鳴いたときは、今回はヤバイのかなあ•••と、思ってしまいました。しかも、橋爪よう子との対決や浜本(岡本健一)の殴り込み•••ますますそう思いました。しかし、起死回生の“濃口しょうゆラーメン:解”は最高でした。橋爪よう子(高畑淳子)が完食したうえに、スープまで完全に飲み干す程でした。そして、退店するときに、「ワクワクするラーメンだったわ!」その一言に涙腺大崩壊でした。あと、ラストシーンで芹沢社長とゆとりが将来を話ながら歩くシーンは最高でした。もう少しおかわりしたいです。(30代男性)

 

  • 最終回は清流房の元社員が店の近くに次々と安い濃口ラーメンの店を出して客を奪っていくという話でした。そして明らかに清流房を首になったからと言う理由の単なる嫌がらせ。やり方がえげつないです。しかし、芹沢は700円のラーメンに対抗してプレミアム感を出した1000円のラーメンで勝負に出て見事に勝利。しかし、店の経営の難しさを思い知らされました。立地、客層、価格などいろいろな条件にあてはまらないと繁盛店にはならないのですね。考えさせられる内容でした。(40代女性)

 

  • 仕事をしていく上で大切なものを毎回教えてくれるドラマでした。毎週楽しみにしていたので終わってしまうのが本当に残念です。
    8話完結と短い話数だから仕方ないのですが、最後は少し駆け足だったかな?1クールドラマならもっと盛り上げられた気がします。このまま終わってしまっては勿体無いので、ぜひ続編か2時間ドラマで復活して欲しいです。
    このご時世で他のドラマが撮影中止、放送延期になっている中、良い春ドラマを見られた事を幸せに思いました。(30代女性)

 

  • 昔の社員だった安本が復讐のために登場。誰かと思ったら岡本健一さんでびっくりでした。でも昔自分の提案を却下されて店を閉店にさせられたくらいで嫌がらせって器が小さい~と思っちゃいました。結局、ゆとりの母ようこたちも認めさせ大逆転だったので良かったです。それにしてもまた魅惑コーポの難波ちゃんが出て来たので嬉しかったです。裏では関西口調がほんと最高です。最後は安本たちの提案を断り、自分たちの力で清流房と戦うみたいに言っていたのが気持ち良かったです。芹沢社長が最後に出したラーメンは鮎たっぷり使ってそうなので食べてみたいです。(40代女性)

 

  • ゆとりの母を満足させるラーメンを作るということで社長が渾身の一杯を食べさせて、最後には認めてもらえてラーメンをエントリーしてもらえることになったところは、私もとても嬉しい気持ちになりました。1000円のラーメンを開発することで、一見高くてお客は去っていくと思わせておきながら、きちんとこだわっているところもあり、行列が出来ているシーンでは、値段だけでなく美味しい味を求めている人がたくさんいるということがよくわかってとても良い展開だと思いました。(30代女性)

 

  • 新しい店の前で客呼びしているのは、ジャニーズふぉ〜ゆ〜の福田悠太くんじゃないですか!そう言えば最終回のゲストは元男闘呼組の岡本健一さんが出ると予告を思い出しました。清流房の品川店と店長で達美社長のパートナーだった安本(岡本)安本は利益を追求するあまり店の勝手に店の味を変えてしまった。それに気づいた達美社長は品川店を閉店することにした。「思い知らせてやる」と安本は清流房と同じ味のラーメンを安く清流房各店と近くにオープンさせた。情けない男だ。逆恨みも甚だしい。ラーメンが大嫌いなゆとりの母親もテレビの料理対決のコーナーに負けたことを根に持っている。人気ラーメン店の店主は「腕組みをして怖い顔をしている」とゆとりが言っていたけど、達美社長も同じことポーズを取っていた。ラーメンに千円は出したくないけど、美味しいものなら許すかも。(50代女性)

 

行列の女神~らーめん才遊記~の見逃し配信

行列の女神~らーめん才遊記~を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!