竜の道 2話の感想【ネタバレあり】

竜の道 2話のあらすじと感想・評価をご紹介。ネタバレを含んだ感想も掲載しています。見逃してしまった方へ無料で視聴できる方法もあるので、ぜひチェックしてみてください。
                       

竜の道 2話のあらすじ

 

キリシマ急便の得意先企業の炎上騒動に乗じて、経営コンサルタントとして源平に近づこうとする竜一(玉木宏)。しかし、ある人物に竜二(高橋一生)との会話を聞かれ、源平(遠藤憲一)への復讐計画を知られてしまう。このままでは、すべての計画が台無しに……。もはや一刻の猶予もないと悟った2人は、父・源平の強引なやり方に反発する跡取り息子の晃(細田善彦)を利用し、次の手を打つことにする。

そんななか、竜二に会うためにホテルを訪れた竜一は、そこで偶然、上京が決まった妹の美佐(松本穂香)と再会。美佐は竜二から知人だと紹介された竜一が、まさか死んだはずのもう一人の兄だとは知るよしもない。そんな妹の成長した姿を初めて目の当たりにした竜一は……。

 

 

 

竜の道 2話の感想・評価

  • 双子の兄弟たちの、凄まじいまでの復讐心の連続に圧倒されながら見ています。両親の仇をとれた暁には、幸せな生活を手に入れて欲しいなぁと思いながら見続けています。
    せっかく妹の美佐と再会した竜一でしたが、あくまでも他人のフリであったことが、何とも言えず悲しいです。
    ただ、美佐の方は竜一を見て、何かを感じ取っていたことが、今後の明るい光のようにも感じました。美佐には、源平を倒すことしか考えていない兄たちに幸福を与える役割をして欲しいと思います。

    (40代・女性)

 

  • 時は恐ろしいほど早く過ぎました。竜二は高級官僚になり、憎きキリシマ急便は業界のトップになろうとしていました。竜二は爽やかな笑顔を見せるのに、目の前に人がいなくなると冷たい表情になります。霧島は労う優しい言葉をかけながら笑顔で左遷を言い渡します。竜二と霧島の共通点です。仲が良く無いのに食卓を囲む家族。家族を仕事のコマに使ってもどこか愛しいと思っているような霧島。妻のブランケットを抱きしめて匂いを嗅ぐ霧島。我に返ってブランケットを椅子に投げる霧島。あれは何だったのかと思います。鬼退治みたいに霧島をやっつけて欲しいけど、少し可愛く見えてきました。霧島から見た竜一竜二はどう映っているのでしょう。

    (50代・女性)

 

  • 竜一と竜二、ヒートアップした口論を思わぬ人に聞かれてしまいました。どうも妹、美佐のことになると二人とも熱くなりますね。そもそも、二人の養父母の復讐のために立ち上がったのですが、いくら大事に育ててもらったとはいえ、そんなに霧島源平を恨めるものかなぁ?と疑問に思っていました。しかし、今回、妹を深く愛するゆえに復讐をするのでは?と感じました。両親が生きていたら妹の人生はもっと違ったものになっていたでしょう。もちろん兄二人の人生も。妹、美佐がもし、この復讐劇を知ったらどう思うでしょうか?私は悲しむと思います。

    (50代・女性)

 

  • 今回、1番印象に残ったシーンは、高橋一生さんが女性にトッキービーンズの豆乳を差し入れした時の笑顔がすごく不気味でした。裏の顔があるよという顔を意味している感じです。その後に玉木宏さんと話し合っていたその時の険悪な感じは、対照的でした。
    妹の美佐に「和田さん(玉木宏)ってどういう人?」と聞かれて、俺が1番信頼している人だよと、高橋一生が話したシーンは、色々な意味で感慨深いと思います。玉木宏さんの渋い声も、このドラマに似合っています。

    (20代・女性)

 

  • だんだんと謎な人物が増えてきて、どの人も怪しく、裏切るのではないかと感じてしまいました。
    和田の手伝いとしてブラジルからきた遠山凛子の笑わない顔が、逆に怪しく見えたり、霧島の妻も奥ゆかしい人のように見えて、実は裏切っているのではと勘ぐったり、霧島の娘の怪演が怖かったりと、作品の意図にハマってしまっています。

    今回は、霧島急便のコンサルタントになろうと、前回の子会社、トッキービーンズのコンサルタントになれ、次は霧島急便だという時に、砂川にバレてしまう話でした。
    砂川はいつかは裏切りそうなので、今後どう展開していくか楽しみです。
    また、妹のみさによって、若干乱れ始めているのも、見所です。

    (30代・女性)

 

  • 遠藤憲一さんの娘役の子と、高橋一生さんが近づき始め、復讐が複雑化してきて、今後さらに面白くなりそうです。高橋一生さんの国交省のお偉いさんの役と、復讐に燃える双子の二面性があるのが、演技に期待しています。今野さんが深く関わってきそうな展開が意外でした。双子の妹と、双子との関係も進展してきて、竜一と接点ができてしまいましたが、これも今後どうなるのか、ワクワクします。最後のエンディングの曲も、これぞというタイミングで流れ、とても効果的でした。

    (20代・女性)

 

  • 双子の兄弟達の逆襲がはじまり、玉木宏さんと高橋一生さんの連係プレイは見事でした。あえて人気アイドルの差し入れに、今話題の投入を持っていき、SNSにより拡散させる手法とかすごく頭が良すぎてしびれました。でも、ひょんなことから豆乳の会社の人に二人の計画がばれてしまい、どうなることやらとは思いましたが何とか危機を乗り越えて一安心しました。悪い人たちが得をする世界では最悪なので、きちんと罰を与えてほしいです。斉藤由貴さんが何となく後半のカギを握りそうな気がします。

    (30代・女性)

 

  • まずは高橋一生さんの声を荒げている場面がありましたが、意外性があり良かったです。
    次に今野さんですが、とてもイメージに合ってる役だと思いました。敵か味方なのか次回のお楽しみな所がありますが、ぜひ味方であってほしいです。
    さらに遠藤さんですが、やらしさ全開な感じですがそういった役の人がいることで主役が目立つのでとてもいいと思います。
    最後に玉木さんですが、もうベテランの域に入っているので安心してみていられます。
    ドラマ自体は半沢直樹に近い感じがありますが、半沢直樹より波?が少ない分落ち着いて見られました。

    (40代・女性)

 

竜の道の見逃し配信

竜の道を見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!