竜の道 4話の感想【ネタバレあり】

竜の道 4話のあらすじと感想・評価をご紹介。ネタバレを含んだ感想も掲載しています。見逃してしまった方へ無料で視聴できる方法もあるので、ぜひチェックしてみてください。
                       

竜の道 4話のあらすじ

 

ネット通信販売大手のエニイウェイズとの契約を勝ち取るため、無謀な業務拡大を加速する源平(遠藤憲一)。竜一(玉木宏)はそんな源平に対して反発を強める息子の晃(細田善彦)に、クーデターを起こすようけしかける。そんな中、経済記者の沖(落合モトキ)が、UDコーポレーションを訪ねてくる。

 

 

 

竜の道 4話の感想・評価

  • 竜一と竜二は自身が行おうとしている完璧な復讐計画に僅かな綻びが出ているのかなと思って見ていました。特に印象的だったのは美佐に対して美佐自身が知らなかった事が分かってしまった事だと思います。霧島の娘と竜二の事について本当の妹では無いと打ち明けてから嫉妬のあまり関係が悪くなってしまった事と、前回の話であった幼い頃に霧島からもらったキーホルダーのキャラクターグッズから
    幼い頃の真実が分かってしまう展開は面白かったです。

    (40代・男性)

 

  • みさが、桐島急便と両親との関係に気づき始めて、兄弟の企みに気がつく日も近いのではと思いながら見ていました。そして、みさと竜二が実の兄弟ではないと知った真弓の思惑で、みさが陥れようとされることに、ドキドキしてしまいました。最終的に真弓もみさを助けようとしたり、竜一に助けられてホッとしました。竜二が最後に真弓と抱きついた思惑が、気になります。そして、助けた竜一のことを兄と気づいたのか、それともなぜと思ったのか気になります。

    (30代・女性)

 

  • とうとう美佐も真相を知ってしまったのか!と思うと同時に、知ってしまうのは時間の問題だった、という気持ちにもさせられました。美佐のことを最も大事に考えている竜一と竜二は、心中穏やかではないでしょう。美佐を見ていたら、なかなかの勝気な性格。疑問に感じたら調べあげるし、納得いくまで突き詰める性格だと捉えました。そのため、兄弟たちの行動に少しずつ気付いていきそうに思えます。まゆみは、竜二に抱きしめられて涙を浮かべたものの、本心がどうなのか興味が湧きます。

    (40代・女性)

 

  • 今回は、松本まりかさん演じるまゆみの、狂気を秘めた行動が見所でした。異常とも思える自己愛は、父親からも、母親からも愛されずに生きてきた結果なのだと言うことが、最後の表情に表れていたのではないかと思います。やはり、このような役柄は彼女の専売特許と言えるでしょう。今後、高橋一生さん演じる竜二にさらに心を奪われていくと言う展開になるのだと思いますが、彼女も最後に何らかの形で報われると良いと思いますが、そうはならないのだろうなと感じています。

    (40代・男性)

 

  • 竜一(玉木宏さん)と竜二(高橋一生さん)の隠している秘密が危ういことを臭わせる今話でした。経済記者が竜一の過去を探り、まゆみ(松本まりかさん)にもいろいろ情報が入ってきました。そして一番困ったことは、美佐(松本穂香さん)がキリシマ急便と竜二の関係を調べ始めたことでしょう。竜一と竜二の大切な妹が復讐のことを知ってしまうかもしれない、危険な目に合うかもしれないということですから、二人には絶対に避けたいことです。今話でもまゆみの計略でレイプ寸前のピンチに陥りました。竜一は美佐の行動を察知していたので、暴力団の若手組員を利用して寸前で救うことができましたが、これにより美佐は竜一の別の顔を知るきっかけになったでしょう。次回予告では、竜二の身を案じる美佐が竜一に対する態度を変化させるように見えました。さらに、人格に問題があり、信用できないまゆみを、竜二が復讐のために利用できるのかは疑問に感じました。

    (50代・男性)

 

  • 今回も、ダークな内容だったと思います。
    霧島まゆみが竜二の妹の美佐に「そのダサい恰好、どうにかしてくれない?私が恥をかくんだけど」と言っているのには、驚きました。普通、自分の恋人の妹にそんなことを言えるもんでしょうか。また妹と楽しく話をしているのを見て、嫉妬している姿も、恐ろしいなと思いました。まゆみさん、
    竜一が過去に犯した罪を暴いていくというか、これから追おうとしている記者がいるのも、ちょっと不気味でした。

    (20代・女性)

 

  • 妹美佐に付きまとっていたホストたち、腹が立ちました。そしてさらに美佐を襲うチンピラたち。竜一のお陰で事なきを得ましたが、美佐は竜一に対して何かを感じたのかもしれません。死んだはずの兄なのではないか?と。美佐がなぜ、まゆみに竜二と血の繋がりのないことを伝えたのか理解できません。結婚が決まったならわかりますが。もしかしたら美佐も竜二を一人の男性として見ているのかもしれません。そして、あんなわがままな女性とお付き合いしているのが許せなかったのでしょうね。まゆみは本当の愛を知って変わるのでしょうか?見ものですね。

    (50代・女性)

 

  • 妹の美佐が二人の復讐計画にどんどん関係してきてハラハラする回だったなと思いました。松本まりかさん演じるまゆみの悪女っぷりがすごいなと思いました。ラストのシーンの竜二に抱きしめられた時に愛なんていらないと流した静かな涙が本当にすごいなと思いました。美佐を守ろうと必死な竜一が切ないなと思いました。曽根村と竜一の関係がすごく気になりました。竜一を少し怪しんでいる凛子が今後どういう行動をするのかすごく気になりました。

    (20代・女性)

 

  • 竜一(和田)と竜二はキリシマ急便の社長である源平に復讐するため、着々と計画を進めていた。まず、源平の息子である晃はキリシマ急便の次期社長候補から外されたため、父親である源平のやり方にますます不信感を抱くことになる。竜一と竜二はそれを狙い、それぞれ、晃がキリシマ急便を変えているべきだと説得した。もちろん最終的に源平を陥れるためだ。そして、竜二と交際している源平の娘のまゆみは、妹の美佐と竜二の関係柄が気に入らなく、美佐を何度も襲った。それを裏から助けたのは竜一であり、兄弟愛を感じた。また、美佐が親の本当の死因を知ってしまう。美佐が竜一を心配だと思い和田の元に相談しにくるシーンが、一番心に残った。そして、二人の会話を見ていると可哀想で胸が痛くなり、涙がでてきた。竜一と竜二の計画、加えて過去がばれないことを願っている。

    (10代・女性)

 

竜の道の見逃し配信

竜の道を見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!