節約ロック ちょっと特別編 5話のネタバレあらすじ・感想【動画あり】

節約ロック ちょっと特別編5話のあらすじや感想、見逃し情報をご紹介!ネタバレを含む感想もご紹介しています。上田竜也と重岡大毅の名コンビ大復活です♪
                       

節約ロック ちょっと特別編のあらすじ

 

あの2人がついに帰ってくる!

松本タカオはロックをこよなく愛するサラリーマン。

30歳にして貯金ゼロ、恋人も愛想を尽かせ去ってしまった…。

そんなタカオはいつしか節約とロックの共鳴に気づくと、節約ロッカーとなるのだ…!

 

 

節約ロック ちょっと特別編 5話の感想・評価

  • 桑田ケイゾウ氏の発言で、節約をやめてしまった。CMクリエイターの桑田さん、給料を上げてくれるそうですが、信用していいのか不安ですね。松本タカオさんも今の広告代理店の営業の仕事をコツコツ続けるのが無難でしょう。いきなり本業の、広告のキャッチコピー案を考えて来いというのは、別の試しのような。桑田さんについていきます!。別のドラマに出てくるような。松本さんのひょうきんさが守られた方が面白いんじゃないでしょうか。反社会的ではないにしても。

    (40代・男性)

 

  • 小さくなった鉛筆を削ってつなぎ合わせる鉛筆削りがある何て知りませんでした。浪費グセがあって彼女にフラれたタカオが、彼女を取り戻す為に節約に開眼。そのストーリーは知ってますが、コウタは何故節約に目覚めたのでしょう。タカオに鉛筆のことを説明するのに「これでもう“これだれの?”と言われずに済む」とちょっと悲しげな顔で言ってました。貧乏で苦労したんでしょうか。タカオと違ってコウタの節約は楽しんでるし、悲壮感もありません。節約ストレスでギターを衝動買いしたタカオ。残念です。確かに自信作のコピーはセンスゼロです。

    (50代・女性)

 

節約ロック ちょっと特別編のキャスト

松本タカオ役:上田竜也

稲葉コウタ役:重岡大毅

大黒マキコ役:藤井美菜

椎名リン役:アヤカ・ウィルソン

ロックの神様役:くっきー!(野生爆弾)

桑田ケイゾウ役:宇梶剛士

 

節約ロック ちょっと特別編の見逃し配信

節約ロック ちょっと特別編を見逃した方や、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!