捨ててよ、安達さん。 4話の感想【ネタバレあり】

捨ててよ、安達さん。の4話の感想をまとめました!4話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

捨ててよ、安達さん。 4話【5/8放送】

 

★4話あらすじ
女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。

ある日安達さんの元へ遠い親戚だという光代おばちゃんから手作りの大きな時計が届く。

お礼の手紙を書こうと筆を執ったが、あまり進まず…。

悩んでいるうちに眠ってしまった安達さんの夢の中に光代おばちゃん手作りの時計・ミツヨ(片桐はいり)が現れる。

そして、今まで知らなかった意外な事実を知る!

 

捨ててよ、安達さん。 4話の感想

 

  • 第4話では手作りの時計と写真を撮るところから始まりました。光代おばさんという親戚でもない関係の人からもらったそうですが、お礼の手紙の筆がなかなか進まず寝てしまいます。またも謎の女の子が現れ、ミツヨと名乗る女性も現れました。女の子に「あなた誰なの?」「なんで私の夢に出るの?」と問い詰めるシーンではついに正体のヒントが出るのでは、とわくわくしましたが、女の子は答えず、わかりませんでした。ミツヨに気を使う安達さんとずけずけ言う女の子の対比が面白かったです。手作りのものが重いと感じつつ気を使って言えない人は多いと思うので、安達さんがしっかり気持ちを言えるように応援するように見ていました。「あなたを縛るものから解放される」石は本当にそんな効用はないのかもしれませんが、ミツヨの思いを初めてありがたく思えたという意味で、安達さんの力になるのだろうと思いました。(30代女性)

 

  • 安達さんが光代おばさんへ書いた感謝の手紙に、夢の中で謎の少女が書き足したシーンで「きついです しんどいです ムリっす」と正直に書いていたのには笑ってしまいました。また、ミツヨ役の片桐はいりさんが光代おばさんを思わせるキャラ作りでおもしろかったですね。ミツヨが肩をすぼめるところやソファから起き上がるシーンに効果音がかぶせてあるのがおかしかったです。時計は捨てるものの時計についていたパワーストーンをイヤリングにして残すのは、安達さんの優しさが伝わってきてじーんときました。(30代男性)

 

  • 珍しく安達さんの自宅のリビングで寝落ちするところから始まります。今回のゲストである時計(片桐はいりさん)の表情や仕草ひとつひとつに癖があり、クスッと笑ってしうポイントが、随所に散りばめられていました。安達さんが捨てることを躊躇っている時に、心ない気遣いがお互いの心の負担なっていた、と時計が言います。誰にでも似たような経験がありそうだなと思い、とても印象的でした。また、時計の一部のパワーストーンを髪の毛から外す際、ネジネジポンという効果音を添えていて、技が細かいなと感じました。(30代女性)

 

捨ててよ、安達さん。の見逃し配信

捨ててよ、安達さん。を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!