捨ててよ、安達さん。 8話の感想【ネタバレあり】

捨ててよ、安達さん。の8話の感想をまとめました!8話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

捨ててよ、安達さん。 8話【6/5放送】

 

★8話あらすじ

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。

夢の中で謎の少女(川上凛子)の真相を探ろうとしていると、玄関に来訪者が。

それは安達さんがかつて交際していた男性に釣り合うようにと無理して買った靴(早織)だった。

かつてない程に卑屈な彼女は「捨ててください」と安達さんに頼み込む。

元彼との思い出詰まる靴に安達さんが下した決断は…?

 

捨ててよ、安達さん。 8話の感想

 

  • 謎の少女がかわいくてよかったです。口の周りをこれでもかと汚しながらスパゲティを食べるシーンはよかったですね。安達さんに口の周りを拭かれるシーンはセリフがなかなか言えないのもよかったですし、ほっぺたをつつかれているときの効果音がまたよかったです。謎の少女の正体が判明するかと思いきや結末にズッコケるかと思いました。安達さんがハイヒールと夜の街を歩くシーンでは、周りの人々の反応が突然のロケにびっくりしているような描写で新鮮でした。(30代男性)

 

  • 今回「捨ててよ」と登場したのは「安達さんがずっと前に好きだった男の人と付き合っている時に買った踵の高いハイヒール」でした。若き日の安達さんの恋愛物語でした。夢の中の少女と安達さんは一緒にナポリタンを食べながら話してたので、無性にナポリタンが食べたくなりました。夢の中の少女は子役時代の美空ひばりさんみたいな衣装を着てて、今回は何かと思ったら案の定、靴で室内なのに少女は靴をみがくシーンもありました。ハイヒールは「思い出の靴」として捨てるリストに記入され、最後に庭を歩いてみる安達さん。ハイヒールは本当に踵が強烈に高くて安達さんがはくとまるで背伸びでした。最近は、夢の中の少女がどんな衣装で登場するか楽しみになってます。(40代男性)

 

  • 落ち込んだ様子の西村マネージャーが気になりつつ靴箱を整理する安達さんが眠りにつくと、黒い服を着た女性が低姿勢で捨てて欲しいと訴えてきます。かつての恋人に合うように買ったヒールの高い靴だと言う女性を前に、安達さんは無理をしたり、釣り合わない自分が虚しくなったりしたが、気に入っていると靴への思いを話します。靴が安達さんを抱き寄せ、当時の安達さんを癒すようなシーンに、二人の結びつきの強さを感じました。背伸びしたモノを身につけることで頑張れるという経験は共感する人も多いと感じました。西村マネージャーが失恋で落ち込んでいたとわかりましたが、安達さんと西村マネージャーの関係性も不思議な距離感で毎回気になります。(30代女性)

 

  • 安達祐実の子供との接し方がお母さんで、子育てしてきた経験があるから今があるんだなーと思った。
    それはさておき、今回は安達さんが元カレと釣り合う女になりたいと買った靴が「捨てて下さい」と出て来た。
    卑屈になっている靴…釣り合わない彼に合わせようと、安達さんも靴を無理やり合わせて履いて、足は痛くなって…そんな姿を知っている靴は釣り合わせてあげたかった気持ちを伝える。
    安達祐実はなぜ悲しそうな表情が似合うのだろう…辛かった彼女の当時の情景の演技に引き込まれます。
    靴が安達さんを抱きしめた。
    その後元気を無くしていた西村マネージャーの理由を聞き、靴に癒された安達さんは代わりにマネージャーを癒す描写が描かれました。
    詩的で、どこか寂しく、どこか癒される、素敵なお話でした。(30代女性)

 

  • ネタが切れるかな⁉︎と前振りをいただいていたんですが、面白かったです。安達さんの低身長のこと、すごいハイなヒールでしたね。足は傷だらけになり、当時のカレと別れ、靴はもう履かなかった。それから、10数年…。捨ててしまうリストに載せてしまったが、「いいねー」(安達)。先はトンがっていた。オークションに出品し、値段がトントン上がってるー‼︎。あとは、西村マネージャーの失恋話。いつもピントが違うアイドルあがりの安達さん。殊更に、個人のチョイスのポイントを指摘。そこ、あまり関係ないかも⁉︎。でも、それもネタだった⁉︎。唖然…。(40代男性)

 

捨ててよ、安達さん。の見逃し配信

捨ててよ、安達さん。を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!