特捜9 season3 10話(最終回)の感想・見逃し情報【ネタバレあり】

特捜9 season3最終回のあらすじや感想をチェック!
特捜9 season3 10話(最終回)の感想とあらすじをご紹介!ネタバレを含む感想もあるのでご注意ください。2020年春ドラマの中でも期待の作品。視聴者はどういった評価をしているのでしょうか。
                       

特捜9 season3 10話(最終回)のあらすじ

特捜9 season3最終回のあらすじや感想をチェック!

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/

 

浅輪直樹(井ノ原快彦)は、国木田誠二(中村梅雀)の歓迎会を開くことを特捜班の面々に提案する。だが国木田は、直樹たちと馴れ合うつもりはないと改めて念を押す始末。すると国木田の電話に着信が…。
直後、国木田はある男性と対峙していた。ふたりの間に流れる不穏な空気…。国木田は男性から「信用していない」、「あなたの間違いを正す」と穏やかでない言葉をぶつけられていた。
翌日、男性が遺体で発見される。事件現場に駆けつけた直樹は、男性の遺体の近くで特徴のあるペンを見つける。
やがて、衝撃の事実が判明する。被害者は西島政信(風間晋之介)という人物で、西島こそ事件当日、国木田と会っていた男性だった。なぜ国木田は事件被害者の身元に気付いていながら、明かさなかったのか?直樹ら特捜メンバーの国木田への疑念が深まる中、国木田は検事の渡辺(佐野史郎)から電話を受ける。渡辺は事件について何かを知っているようで…。

 

 

 

特捜9 season3 10話(最終回)の感想

  • 今回の特捜9は、班長とナインメンバーとがなかなか一緒に行動することがなく、これまでのシリーズに比べてチームワークがないのかと寂しく感じていました。そのような状態で迎えた今日の最終回で、一緒に捜査をしている姿に感動しました。しかし、班長がメンバーを裏切っているように感じられる場面が多く、最後まで平行線かとガッカリ。まさか班長に辛い過去があったなどとは全く考えませんでした。特捜9も新しい班長と継続していくような雰囲気で安心しています。

    (20代・女性)

 

  • 昨日の最終回まで今までの作品を観てきて、この班長なんなの?ってずっといらいらしていたんです。
    でも、いつも最後には特捜に必要な書類など出してくれていい人なんだか悪い人なんだか分からず、あまり好きじゃなくてもやもやしていました。
    歴代の班長達はすごくいい人が多くて観ててスッキリするんですが、今回はそういう風に思えずにいましたが、
    班長の過去が分かり、改めて特捜9係が完成してハッピーエンドに終われてよかったなと思います。

    (20代・女性)

 

  • 最後、西島の国木田に対する本当の気持ちが分かって涙でした。西島の死は残念ですが、国木田や過去の事件関係者の今までの苦しい思いが、少しは楽になったのなら良かったです。国木田の、実直で実は人情味のある懸命な姿が素晴らしかった。真犯人が誰か、ほぼ分かったところでの急展開にハラハラしました。浅輪たちの息の合った捜査と活躍には最後まで見入りましたね。これから、そこに国木田が改めて加わって、さらに良い捜査班となっていきそうな終わり方が爽やかでした。

    (50代・女性)

 

  • 最終回を迎え、新しい班長国木田の過去が明らかになります。特捜班のメンバーと打ち解けようとしない、捜査をしようとしないのはなぜだったのか。それは3年前の冤罪事件が原因でした。被害者に寄り添うのは大事ですが、傾きが大きくなるのは危険な事という取り調べの難しさを見せてくれました。国木田と、態度に不満を感じるメンバーたちの中を取り持とうとするところに、浅輪の優しさを感じます。配属された当初は打ち解けない態度だった新藤が、今や浅輪のよき理解者になっているのにもほっこりさせられました。新しい班長との次のシーズンが待たれます。

    (60代・女性)

 

  • めちゃめちゃ見応えのあるストーリーだったと思います。国木田班長(中村梅雀)は、殺人犯⁉でなくて、本当に良かったです。更には、殺害される前に発見されて本当に良かった。それから、やっと特捜班が一つになることが出来て本当に良かった。一番印象に残ったシーンは、やはり、犯人逮捕の際の直樹(井ノ原快彦)のセリフと新藤(山田裕貴)のセリフのシーンでした。そして、めちゃめちゃ遅れたけれど、国木田班長の歓迎会が特捜メンバー全員で実施する事になって本当に良かった。とにかく、良かったづくしでした。次のseasonが楽しみです。

    (50代・男性)

 

  • 班長の元部下が殺害され、班長に殺人の疑いがかかってしまうというスリリングな展開で目が離せませんでした。何を考えているのか分からない班長とこれまで対立してきた特捜班メンバーでしたが、班長の過去を知り漸く一緒に捜査をすることになり一安心。と思いきや、班長に騙され手錠をかけられ置き去りにされてしまう浅輪主任にハラハラしました。しかし班長の辛い過去を受け入れ、班長を「仲間」と言った浅輪主任に感動しました。最後、特捜班メンバーと班長みんなが笑顔のシーンで終わって嬉しかったです。

    (30代・女性)

 

  • 特捜に馴染まないでいた班長の正体がやっとわかりました。今シーズンいっぱいをつかってやっとです。捜査の役にも立たないし、何の為にレギュラー入りしたのかと不思議でした。班長は捜査係の頃には熱い人で被害者の気持ちに寄り添うあまり冤罪を生み出していました。今回の殺人事件はこの冤罪の被疑者の兄の復讐でした。班長の動きは余りにも不遜で殺人犯かもと思ったほどです。事件が片付いた終わりには広報へは戻らずに特捜の一 真の一員になりました。長いシーズンでした。

    (50代・女性)

 

特捜9 season3のキャスト

浅輪直樹 役:井ノ原快彦

小宮山志保 役:羽田美智子

村瀬健吾 役:津田寛治

青柳靖 役:吹越満

矢沢英明 役:田口浩正

新藤亮 役:山田裕貴

佐久間朗 役:宮近海斗

浅輪倫子 役:中越典子

早瀬川真澄 役:原沙知絵

国木田誠二 役:中村梅雀(二代目)

 

特捜9 season3の見逃し配信

特捜9 season3を見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!