アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 3話の感想【ネタバレあり】

アンサング・シンデレラ3話のあらすじと視聴者の感想をまとめました。石原さとみさん主演のドラマ、評価はどうなのでしょうか。ネタバレを含む感想もあるのでご注意ください。
                       

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 3話のあらすじ

 

(2020年7月30日放送分)

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。
調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

 

 

 

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 3話の感想・評価

  • 薬剤師さんは薬を処方するだけのお仕事かと思っていましたが、薬が大きくて飲みたくない患者さんや吐き気を感じるから飲みたくない患者さんなどにそれぞれ対応しなければいけなくて本当に大変なお仕事だなと思いました。
    また、学校に600万円もかかるのにも驚きました。
    夢を持って一人一人の患者を見たいと思っていた薬剤師でもそんなに学校出るのにお金がかかったら、安くてキツイ病院薬剤師よりドラッグストアで働いたほうが稼げるし良いと思うのは当然なのかもしれません。

    (30代・女性)

 

  • 小野塚さんは薬剤師だった。いい感じの好青年どころか、強くかみつく狼みたいな人だった⁉︎しかし、萬津総合病院の薬剤部に来てくれるなら、この人しかいないほどの人手不足。ここから伝説か始まるのが、キャラクター・ドラマなんじゃないでしょうか。陰影ありのエピソードにファンがつく。ゲーム・キャラのようなんです。人使いの荒いドラッグストアで肩代わりしてくれた学費の返済の為、薬剤師自ら店員業全般を深夜まで一人でこなす日々。諦めた病院薬剤師の道は、諦めきれないものだった…!ただ、ちょっと口が悪いのがたまにキズで。ラーメン屋で知り合ったみどりに薬剤師である事を隠していたのは、どこかみどりに嫌いなところがあったはず。それがこれから明らかになって。強くやり合うんでしょう。楽しみです。外れたらごめんなさい。

    (40代・男性)

 

  • 人工透析を受けながら学校の先生をするのは、かなり無理があるように感じました。公務員だし、校長から労働制限をかけてもらうべきです。事務方に回るとかすれば、教師から孤立することはないでしょう。あくまでも現場に拘る故に起きた悲劇なのでしょうか?頑なな新田先生の心を動かしたのはやはり子供たちでした。この事に気付き、行動した葵みどりはやはり凄い薬剤師ですよね。患者にとって、生きる意味、つまりは「何のために生きるのか?」は大切なことなんだなぁとわかりました。

    (50代・女性)

 

  • 患者である瀬野の心情を始めとして、葵の考え方、相原の心の動き、そしてドラッグストア薬剤師の小野塚の心の微妙な変化がよく伝わってきて、じっくりと楽しむことができました。ドラッグストア商品関係の仕事もして、多くの客の要望に応える日々の中で疲弊してしまっている小野塚の本音の部分が、よく表現できていたと思います。小野塚が、人手不足で困り果てている萬津総合病院の薬剤部メンバーに加わることは、もう時間の問題といえそうですね。

    (40代・女性)

 

  • 今回は腎臓透析をしながら日々を過ごしている小学校の先生のお話でした。自分の理想とかけはなれせしまった為に少し自暴自棄になり、薬をちゃんと飲んでいませんでした。このドラマを見ると「ちゃんと薬を飲まない」患者さんが多いと思いました。病院薬剤師よりドラックストアの薬剤師の方がアンサングですね。中華料理店でよく会う青年はドラックストアの薬剤師でした。葵たちと出会ったことで彼は自分の理想を思い出し病院薬剤師になるのではないでしょうか。

    (50代・女性)

 

  • 葵がよく行っていた中華料理屋にいた男性の小野塚がドラックストア勤務の薬剤師で同業者ということが判明。しかも小野塚が処方した薬は薬を割って出していたのを葵が勤めている病院で分かってしまいました。最初は小野塚は仕事が忙しいから1人の患者に手をかけられないと突っぱねていたが教師の患者が倒れていたのを助け、救急薬剤師の瀬野の姿を目の前で見た。小野塚は救急薬剤師になるために勉強していて実際に現場を見ると怖くなったしまったという感情が伝わってきた。でも改心し再び勉強を始め葵も嬉しそうに見ていたので小野塚は一緒の病院で働くのかなーと思いました。

    (20代・女性)

 

  • 「理想の小学校教員」「理想の薬剤師」を追い、現実とのギャップに葛藤する2つの話をうまく交差させてストーリーが進んでいました。
    病院薬剤師はいつも忙しいし、求人募集をかけても人は来ないけれど、20年も勤続している販田部長、それを祝う同僚たちがいます。
    人と人の関わりが活力に結びついているのではないかと思いました。
    現代社会において、理想通りにいくことは難しいかもしれません。
    しかし、何が1番大切かわかっていれば、葵みどりのように前を向いていけるのではないでしょうか。

    (50代・女性)

 

  • 理想を追い求める葵と過酷な環境のせいで理想を諦めた小野塚の両方の気持ちがすごくわかるなと思いながら見ていました。理想を諦めて悔しい心情を成田亮さんがうまく表現していたなと思いました。理想の教師を諦めかけた新田に児童全員が書いたメッセージを葵が見せたシーンは本当に感動しました。販田部長のお祝いをサプライズで薬剤部のメンバー全員が仕掛けたシーンはほっこりしてすごく面白かったです。ラストのくるみの関西弁のシーンがすごくかわいいなと思いました。

    (20代・女性)

 

  • 今回は糖尿病の持病を持つ学校の先生。多剤服用のため、薬の副作用で生徒の前で吐いてしまい、あだ名が「ゲロゲロ先生」。親からも「ハズレくじ」と。体育の授業中に、生徒に頼まれ走る見本を見せている途中に倒れて入院。薬を確認した葵は、いつも処方している薬局の薬剤師のずさんな薬のだし方に怒りを覚え電話をするが、埒が明かず直接薬局を訪ねてビックリ。いつも中華料理屋さんで会う謎の青年だったからです。私も驚いてしまいました。薬剤師という仕事に対してのやる気、意気込みは一切感じられず、患者への歩み寄りもなく、ただ処方された薬を出すのみ。「新田さんは理想の教師を目指し、私は患者さんのために出来る限りのことをする理想の薬剤師を目指す」という葵の言葉に心を動かされ、初心に戻り、認定薬剤師の勉強を始めます。新田さんは退院後、生徒との信頼関係も生まれ理想の教師目指して一歩を踏み出します。謎の青年は葵の病院に入るかも?

    (50代・女性)

 

  • 救急で運ばれた患者の薬の処方が無茶苦茶で、葵が問合せをし、訪ねてみると、ふとしたきっかけで知り合った男性がその薬剤師でした。葵は薬剤師の理想論をかざし、彼と言い合いになり、責める正論をうざい感じで言ってしまいます。私は初回から見ていて、正論、理想論を振りかざすのもその人の環境や背景を無視して言ってしまう葵の真っ直ぐさが好きです。救急で入った患者にも正論を振りかざし、毎回、何も知らないくせにと言われても怯まない所も好きです。人と接する仕事をしている私も、相手のことを考えて話をしないとと、考えさせられながら見ています。
    ドラッグストアや調剤薬局、やむを得ず働いたり色んな環境の人が居るんだなぁと毎回。楽しみにしています。

    (40代・女性)

 

  • 今回の腎臓病をもっていて、週に3回くらい透析のために早退して、終わったら残業して、ほかの人と同じ量の仕事をしている浅利陽介さんは、この役に似合っていたと思います。
    ただ、主役の石原さとみさんは、アンナチュラルの時と同じ演技で、なんでこんなにも幅がないのかなと不思議です。わざとらしくて、いつもぎゃんぎゃんうるさい演技が得意なようですね。もう少しナチュラルに演技できる方にこの役をやっていただきたかったです。話の内容はよいので、勿体ないです。

    (20代・女性)

 

アンサング・シンデレラのキャスト

葵みどり 役:石原さとみ

相原くるみ 役:西野七瀬

小野塚 綾 役:成田 凌

刈谷奈緒子 役:桜井ユキ

羽倉龍之介 役:井之脇 海

工藤虹子 役:金澤美穂

販田聡子 役:真矢ミキ

辰川秀三 役:迫田孝也

七尾 拓 役:池田鉄洋

荒神寛治 役:でんでん

瀬野章吾 役:田中 圭

 

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の見逃し配信

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師を見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!