アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 5話の感想【ネタバレあり】

アンサング・シンデレラ5話のあらすじと視聴者の感想をまとめました。石原さとみさん主演のドラマ、評価はどうなのでしょうか。ネタバレを含む感想もあるのでご注意ください。
                       

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 5話のあらすじ

 

萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、辰川は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。太一が倒れた後も、秀三と樹里の溝は埋まらない。樹里に助けを求められたみどりは、辰川と話に行く。

みどりの説得で、辰川は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時よりは薬も改善されてきてはいるが、それでも辛いことになるかもしれないと話す辰川に樹里は頷いた。
医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヶ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言う。辰川と樹里は反対するが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案した。

 

 

 

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 5話の感想・評価

  • 今回もすごく考えさせられる話でした。石原さとみさん演じる葵みどりは、いつも全力で患者さんと向き合っていてすごいなと思います。西野七瀬さんが演じている相原くるみも、どんどん成長していて目が離せません。病院薬剤師という仕事はすごく大変そうですが、それでも命を救うとても大切な仕事だということがわかります。誰にでもできる仕事ではないので、実際に働かれている人は負担が大きいのかもしれませんが、陰ながら応援させていただきたいです。

    (20代・女性)

 

  • 太一の最期の日々が描かれたストーリーを通して、色々考えさせられたところがありました。人としての幸せな生き方や、満足度の高い人生のまとめ方、自分自身の意見や希望を大切にする重要さ、などです。家族3人で、叶えたいコトのリストを成し遂げていったことは、本当に素晴らしいアイデアでした。だからこそ、秀三と樹里は、太一との別れのシーンでも、落ち着いて納得した形で居ることができたのだと感じています。患者やその家族の前で泣かなかった葵は偉かったです。

    (40代・女性)

 

  • 太一がステージ4のガンで助からない事実を知った上で最後どのように生きるかをテーマとしたストーリーでした。
    家族も第二の患者と言われ、孫娘もおじいちゃんのことを考えすぎてご飯が食べれなかったり体調を崩していました。
    でも太一は最初治療を受けないと言っていたけど家族と一緒に最後過ごすことを考え、治療を頑張ってくれました。
    でも薬剤師の葵にだけは弱音を吐いていました。
    息子や孫娘の前では明るく振舞っていたのにやはり辛かったんだと心が苦しくなりました。
    それに対して葵も顔に出さないよう、きちんと対応していてすごいなと思いました。
    亡くなった後に、最後に行った野球のボールを太一から葵へと渡されたときは本当に泣けてきました。

    (30代・女性)

 

  • 患者と家族、各々の思いやお互いを思いやる気持ちは大切だが、やはりきちんとお互いに話し合い向き合う必要性とたださが伝わって来ました。野球観戦を望む患者の為に薬剤師達が野球の試合を行い、患者と家族の楽しい一時を過ごすシーンは心が和み、薬剤師にしか出来ない事、薬剤師だから出来る事だと思いました。またみどりの薬剤師になったきっかけが、幼少の妹を亡くし薬剤師が悲しい気持ちに寄り添ってくれた事だと知り、みどりの患者に対する思いが理解ができました。

    (40代・女性)

 

  • ガン告知にガン治療…そして最期。内容が複雑すぎて終始涙涙。涙が止まりませんでした。もしも自分の家族がこうなってしまったらと思うと涙腺崩壊。最期は本人が決めた事を尊重したいと言うのは理想。しかし、実際そうなったら尊重してあげられるかどうかわかりません。一分一秒長く生きていて欲しい、一緒に居たい。誰かの最期を見送るのはとても悲しいです。出切れば見送る日が永遠に来ないでほしいなと思いました。今回も相原くるみさん可愛かったです。みんなでやってた野球大会はすごく楽しそうでした。ケモ室というのは初めて聞いて、認定薬剤師にもいろんな種類があるなんて凄いなと思いました。学生の頃に知れたら志したかもしれないなと思うと、子供にはいろんな職業を教えて世界を広げてあげたいです。次回の放送も楽しみです。

    (30代・女性)

 

  • 5話は今までで一番感動しました。はじめて「死」を取り上げたのですが、同時に抗がん剤治療から家族との思い出を作るために緩和治療へと切り替えるところや、
    治験薬についての難しさなどもこれまでで一番リアリティがあったと思います。
    病院薬剤師について詳しく知る事は一般的にはないですが、そんな素人でも「やりすぎ」だと感じてしまう箇所があったので余計にそう感じました。
    ドラマの最後の場面で、瀬野副部長の過去に対してフラグが立ったので来週以降の展開にも期待です。

    (30代・男性)

 

  • 今の世の中ガンはすごく身近にある病気に感じます。
    私が子供の頃はガンは治らない病気でした。
    今は早期発見すれば、治らない病気ではなかったりします。
    上手く付き合って行けば長い年月生きている方もいます。
    でも人はいつか死にます悲しい事だけど、それが現実です。
    残される家族に取ってもそれは悲しい現実でもあることは変わりません。取り巻く環境も他人事ではありません。
    ドラマの中のようにとらえられたら、いいですけど私にはきっと無理ですね。

    (40代・女性)

 

  • 今回は、とにかく涙、涙の回でした。癌末期患者の家族の関わり方が良くわかりました。お互いが思い合い、気を遣い合い、結局疲れてしまう。疲れない程度に、余命3ヶ月の命の中、やりたいことをどこまで完了できるのか。家族の間に立ち、それをサポートする薬剤師の葵さんは、本当に凄いと思いました。実際の病院薬剤師さんもそこまで入り込んでやっているのか?と思ってしまいますが、ドラマとしては本当に感動しました。葵さんの患者さんに対する仕事のスタンスを良くしっている先輩が、上司の反撃をフォローし、患者さんが亡くなり、悲しみに涙している葵ちゃんをさりげなく支えている、絆の強さを涙しながら観ていました。そして民間のドラッグストアーに勤めている中華料理屋で会う彼も、何気なく協力している。そして顔も柔らかくなってきていることに気づきました。今後はどのような形で病院に入ってくるのか楽しみです。

    (50代・女性)

 

  • 先週の続きで辰川太一さんのことでした。治療を止めようとする太一さんに今は色んな薬があると情報を提供する葵。青井についてガン患者の治療学ぼうと張り切る新人の相原。良くなるのは少しずつなのに、悪化して死ぬまでは瞬く間。悲しむ藍原にクールなふりをする葵。影に隠れて号泣してました。太一さんが亡くなって悲しむ孫娘さんに寄り添う葵。葵も子供の頃に幼い妹を病気で亡くし、その時に病院薬剤師さんが寄り添ってくれたそうです。それが葵が病院薬剤師になったきっかけとわかりました。

    (50代・女性)

 

  • がん患者さんに病名を告げるということは家族だったらとても悩むところであり、黙っているとしても自分が今まで通りに接することができるかということも不安に感じらことがすごくドラマを見ていて共感して見ることができた。家族として後悔しないように話し合ってやりたいことをとことんやる、そしてそれに協力する薬剤師さん達が実際にいるとしたらとてもいいなと思うことができた。きっと実際にあのように協力したり1人の人に寄り添うことなど難しいと思うので、ドラマの中でのことは理想なのかなと思ってしまった。

    (30代・女性)

 

アンサング・シンデレラのキャスト

葵みどり 役:石原さとみ

相原くるみ 役:西野七瀬

小野塚 綾 役:成田 凌

刈谷奈緒子 役:桜井ユキ

羽倉龍之介 役:井之脇 海

工藤虹子 役:金澤美穂

販田聡子 役:真矢ミキ

辰川秀三 役:迫田孝也

七尾 拓 役:池田鉄洋

荒神寛治 役:でんでん

瀬野章吾 役:田中 圭

 

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の見逃し配信

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師を見逃した方、全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!