浦安鉄筋家族 11話の感想【ネタバレあり】

浦安鉄筋家族の11話の感想をまとめました!11話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

浦安鉄筋家族 11話【9/18放送】

 

★11話あらすじ

限りなく東京に近い千葉、浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんな些細な出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。

中でも大鉄(佐藤二朗)のだらしなさは空前絶後。

家族サービスなどもってのほか…と思いきや、順子(水野美紀)が大鉄のある行動を、なんと「温泉旅行を計画している」と勘違い!

「歴史的事件」「奇跡」と色めき立つ大沢木家!

やがて旅行話は浦安中に広まって…たどり着いたのはサンタモニカ!?

そんな騒動が引き金となって、大鉄の身に何かが起こる――。

とにかくパワフルで極端な家族が巻き起こす、最高のエクストリーム・ホームコメディ!

 

浦安鉄筋家族 11話の感想&ネタバレ

 

  • 正直言うと、今週の話は少し物足りなかった気がします。タイムスリップして二人大鉄がいる時の展開がもっと笑えれば良かったなと思いました。アジャコングさんが出てきたシーンはクスっと笑ってしまいましたが、他は期待していた分ガッカリしましたね。花丸木くんが服が脱げるところも実写だと慣れてきて、コミックの方が安定して笑えていた気がします。最初の大鉄のだらしない生活ぶりはコミックと同じように表現していて、これぞ大鉄だなと思うところはありました。来週に期待したいなと思える11話でした。(20代男性)

 

  • このドラマの単行本を昔よく見ていたので期待しながら観ています。11話は、長男の晴郎がメインの話だったのでとても面白かったです。いつも意味なく誰かもビンタされるシーンが毎回楽しみに、しています。他の役者さんも必ず笑っているところがとてもこのドラマの演出が程良い味が出ています。いろんな発明品を使って星君に、立ち向かうやりとりとか最高でした。最後に、父と母が長女に、言った妹と想いなのが凄く印象に、残りました。こんなはちゃめちゃな家族だけど愛情いっぱい溢れるもっとも理想な家族だと思いました。(50代男性)

 

  • 今回はタクシー運転手の大沢木大鉄が家族サービスする話でしたが、行ったところがサンタモニカでなく、おそらく国内のどこかであることは間違いないと思いました。それを大鉄の娘の桜の恋人の花丸木に見つかるということはひょっとしたら浦安市内なのかもしれないと思いました。大鉄は本当はお金がなかったのではないかと思いました。また、今回は今まで出てきた人がほとんど出てきたので、最終回のように感じました。でも、最終回でないので来週に期待したいと思いました。(50代女性)

 

浦安鉄筋家族の見逃し配信

浦安鉄筋家族を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!