浦安鉄筋家族 5話の感想【ネタバレあり】

浦安鉄筋家族の5話の感想をまとめました!5話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

浦安鉄筋家族 5話【5/8放送】

 

★5話あらすじ

ある日、大沢木家の隣に、関西人のドケチ族・西川家が引っ越してきた!

しかも、西川父(バッファロー吾郎A)は大鉄(佐藤二朗)の同業・タクシー運転手でライバル関係。

順子(水野美紀)もスーパーで西川母(MEGUMI)と大バトル!

晴郎が起こしたある事件をきっかけに、この両家族がお隣さん同士であったことが判明する。

関東VS関西のプライドを懸けた世紀の大バトルは、野球ゲームで決着をつけることに!?泥仕合の行方は如何に!?

 

浦安鉄筋家族 5話の感想

 

  • 朝起きるといつもあるはずのものが来ていないというショックから始まる。これは不吉の前兆か。隣に引越しをしてきた西川一家との対決が勃発する。関東と関西の文化や考え方の違いをドタバタコメデイとして上手く表現していると感じました。小鉄とノリコが小学校の中でこれからどのようなかたちで純愛が展開されていくのか少し気になるところです。今回は、ハルマキ先生の活躍する場面が少なかったのが個人的に少し残念に感じました。(50代男性)

 

  • 大沢木家の朝のドタバタしている現場で、さりげなくテーブルの下で土井津親子がごはんを食べているシーンには笑ってしまいました。今回は、新キャラがいっぱい出てきましたが、のり子の父役のバッファロー吾郎Aさんと母役のMEGUMIさんが原作とイメージがぴったりでおもしろかったです。関西人のノリとツッコミとずうずうしさとマシンガントークがうまく表現されていておかしかったですね。ただ、原作と違ってのり子役の平澤宏々路さんが小鉄役の斎藤汰鷹さんと比べて身長が大きすぎるのが少し気になりました。(30代男性)

 

  • 原作では主要キャラクターであるのり子の初登場回であり、のり子の家族のキャラが炸裂していた。中でも飛び向けて原作の再現に近いと思ったのが、MEGUMIさん演じるのり子の母親でした。小鉄の兄の春郎が自分の小便をドローンにつけて遊んでてのり子の家にぶちまけて喧嘩になったが、そもそも晴郎の思考回路が変わってて、面白いと思った。まさか、その決着を野球ゲームで決めるあたりが斬新で、あんな大の大人が真剣にゲームに夢中になり、ゲームに負けた大鉄は素直に受け入れて巨人ファンから阪神ファンに寝返ったところが、ちゃんとオチになってて面白かったです。(20代男性)

 

  • 大沢木家の向かいに関西から西川家が引っ越してきました。コテコテの関西人で小学校では小鉄が娘ののり子に頭突きをされて、スーパーのレジでは順子は割り込まれてレジのお兄さんが絡まれ、仕事では大鉄がお客を奪われてお互いに印象は最悪でした。でもただ一人のり子はさくらには心を開きましたね。さくらから貰ったヘアピンを大事そうに持ち歩いているのがかわいかったです。その後もなんとなく境遇の似ているさくらにのり子が「友達になってくれる?」と言った場面が本当の姉妹みたいだなと思いました。小鉄とも仲良くなるといいなと思いました。(40代女性)

 

  • 今回は関西の人がテーマで、まず次男の学校に関西の子が転校してくるんですけど関西のイメージ悪すぎてこんなんちゃうなぁってとても思いました。そしてお母さんもスーパーのレジを関西の人に抜かされて割引してやぁって言ってるんですけど関西のイメージそれも悪すぎました。そして父はファミレスで関西の人と出会うんですけど、それも印象悪いしそれが原因に浦安家族の父と母と次男は関西がクソだ!って言ってるんですけどまさかの隣に引っ越して来たのがその人たちだって長男のせいで怒鳴り込みにくるんですけど最終は仲良くなるんですけど、関西知らん人があれをみたらほんとに関西のイメージ悪すぎるだろうなって思いました。(20代男性)

 

  • 吉本新喜劇を見ているような今回。似た者同士の大沢木家と西川家だが、晴郎の行動が原因でTVゲームでの戦いに発展してしまう。親たちの見苦しい戦いとは裏腹に子供たちは打ち解けるのが早い。両親のことを恥ずかしくも思っているが愛しているのは同じで気持ちが分かるのだろう。西川家の行動が一般に思われている関西人のイメージ満載で面白かった。当然こんな人ばかりだとは思わないが。どうせならMEGUMIにヒョウ柄の衣装でも着せたら良かったのでは。(50代男性)

 

  • 5話では、関西から引っ越してきた西川家と大沢木家のバトルがメインの内容です。
    西川家の子供のりこが、小鉄の小学校に転入してきたところから始まり、初対面で小鉄にヘッドバットを食らわせ、破天荒な登場をします。
    西川家の母親は、スーパーで大沢木家の母、順子と会計の順番を争って強烈な関西弁で畳みかけ、店員にも値引きの交渉で周りの母親らを驚かせます。
    西川家の父親は、ファミレスで大鉄にあい、喧嘩に発展します。大鉄が負けて、会計を払わされます。
    大沢木家の食卓では、もんじゃ等が並び、バトルに負けた大鉄と順子は関西への恨みを嘆きます。
    隣に引っ越してきていた西川家の窓を晴郎が割り、怒った西川家は大沢木家に乗り込んできて、最終的に野球のテレビゲームで決着をつけようとなりました。
    大鉄も阪神タイガースのユニフォームを着るようになりました。いがみ合っていた両家族がラストのシーンで仲良くなったのはとても心温まりました。(30代男性)

 

  • 5月8日の浦安鉄筋家族(5話)は、関西から隣りに引っ越してきた関西人の西川家とのゴタゴタがメインでしたが、いかにも関西人あるあると思われているイメージそのものだったので、面白かったです。関西の人からしたら、関西人をバカにしていると思われてしまう危険性もありますが、笑いが分かる関西人なら許容範囲なのかなとも思いました。これからことある事に揉めていくという展開になっていくのかなと思います。性格的もまったく合わない二家族だと思いますが、何かをきっかけにして意気投合する展開を期待しています。(40代男性)

 

  • 毎回めちゃくちゃな大沢木家ですが、今回もめちゃくちゃでとても面白かったです。5話のゲストはMEGUMIさんで、関西から来たパンチの効いた主婦の役がとてもハマっていて良いキャラクターが増えたなと思いました。長男の春郎の気持ち悪いオタク役がとても大好きで、長男に対する他の家族の態度が酷く、そこがとても面白かったです。最後は大人たちは何故かファミコンで勝負をしている中、長女の桜と引っ越してきたのり子は、お互いの家族の苦悩を話題に仲良くなっていてほっこりしました。(30代女性)

 

浦安鉄筋家族の見逃し配信

浦安鉄筋家族を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!