浦安鉄筋家族 6話の感想【ネタバレあり】

浦安鉄筋家族の6話の感想をまとめました!6話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

浦安鉄筋家族 6話【5/15放送】

 

★6話あらすじ

ある日、裕太(キノスケ)を金鉄(坂田利夫)に預けられることになった順子(水野美紀)は、大鉄(佐藤二朗)を外食に誘う。

ところが不運続きで人気店への入店が叶わず、気づけば激マズ中華店で大食いチャレンジすることに…。

大鉄vs巨大チャーハン!成功したら賞金1万円!残したら罰金1万円!

エマージェンシー発動であの大沢木家が一致団結!?天国か地獄か?ひと粒たりとも残せないライスバトルの幕が開く!

 

浦安鉄筋家族 6話の感想

 

  • あんまり、ごはん好きじゃないの⁉︎、大沢木家。それから、「浦安鉄筋家族」の人たち。昔、原作の漫画を調べた事があったのですが、そうではないようなんですが、食への執着が強くはない感じでした。だからって、ごはんをガツガツ食べて、天井までご飯粒を飛ばして、怪しまれます、やはり。今話、登場のラーメン屋さん、場所を知っていますが、ああいう店主でなく、普通で。嬉しいなと思った反面、そこまでマズいラーメン屋って、違いますね。びっくりです。浦安名物の銀ダラ定食(「羅甸」さん)、行ってみたいなと思いました。(40代男性)

 

  • 大鉄(佐藤二郎)が、中華料理店の店主と大食いチャレンジをめぐってずるい争いをするのはとても面白かったです。その中華料理店は味が不味いと評価されている店で、大食いチャレンジのチャーハンの味が砂を食べているようだと大鉄に言われるぐらい、大食いなのに不味いというずるい事をする店主との戦いで、ずるさなら負けずを劣らずの大鉄がどのように勝とうとするのかと思ってましたが、完食したかに見せて天井にチャーハンをつけて誤魔化すという技にはとても面白いなと思いました。(30代男性)

 

  • いつも笑いを提供してくれる大沢木家ですが、今回は、夫婦そろって出かけた先でたまたま入った中華料理店での大食いをすることになってしまったのですが、ここの料理のまずさに耐えられないほど。賞金と罰金をかけて、家族で様々な対策を立てて挑戦するのですが、SOSを出したときに、次々と家族が集まって知恵を出し合い、父もその期待に応え、目的を達成しようとする姿は、笑いながらも勇気づけられますし、家族の在り方を考えさせられました。来週もどんな笑いをくださるのか、楽しみです。(40代女性)

 

  • 花丸木家のある日、たまたま子供がいない時間、たまには夫婦で外食をと、出かけたのだが、どの店も行列、休み、閉店と続き、見かけた中華料理屋に入ったのだが。ここは大食いチャレンジの店。店主にはめられて、まずい大食いをはじめるのだが、手をかえ、味をかえ、家族も「のろし」をあげて集合して、なんとか大成功する。ばかばかしくも不毛な大食いなのだが、前半戦のお店も中華料理屋も翻弄されているのは「ランキング」によるラベルつけ。人生をもおかしくしてしまうランキングに警鐘をならすような内容でした。合間にはしっかりギャグとアドリブを入れて面白い味付けには必ずできる調理、いや構成演出におなかいっぱいです。(50代女性)

 

  • チャーハンセットの大食いチャレンジは、具沢山で見た目はおいしそうでしたが、一口食べた大鉄が真顔でほぼ砂、と言って笑ってしまいました。追加ででてきた餃子もまるで作り物のようなごつさで笑ってしまいましたね。チャーハンをミキサーにかけて大鉄が飲んだ後にほぼ泥、にも笑ってしまいました。天井にチャーハンのご飯粒が大量にくっついていたのも原作通りでおもしろかったです。杏仁豆腐のほぼゲ・・・自粛にも笑ってしまいました。想像しただけで気持ち悪いですね。(30代男性)

 

浦安鉄筋家族の見逃し配信

浦安鉄筋家族を見逃した方や、1話から最終話まで全話無料で視聴したい方はこちらをチェック!