妖怪シェアハウス 5話の感想【ネタバレあり】

妖怪シェアハウス5話の感想とネタバレ
妖怪シェアハウスの5話の感想をまとめました!5話のあらすじや見逃し情報も一緒にご紹介しています。視聴者のリアルな感想をぜひチェックしてみてくださいね。
                       

妖怪シェアハウス 5話【8/29放送】

妖怪シェアハウス5話の感想とネタバレ

 

★5話あらすじ

こんじゃくプロダクションに、本社である今昔出版の経営統括部の香澄(幸田尚子)がやってきた。

夫で会長の大滝(山路和弘)の喜寿の祝賀パーティーで配るという創立100周年の社史を1カ月という短い期間で制作して欲しいという。

原島(大東駿介)は無理だと一度は断るが、ひょんなことから澪(小芝風花)は香澄から持ち上げられ、リーダーとして引き受けることに。

さらにその夜、香澄にご馳走になり、高価なプレゼントまでもらった澪は、すっかり有頂天になり、やる気満々に…。

 

妖怪シェアハウス 5話の感想&ネタバレ

 

  • 今回はぬらりひょんの回でとても面白かったです。のらりくらりと世渡り上手というぬらりひょんの不思議な踊りが面白かったです。それをみお役の小芝風花さんが一生懸命真似して踊ろうとする姿が素の素型っぽくてとても可愛らしく微笑ましかったです。また、大東俊介さん演じる編集長が部下の命が一番だと啖呵を切ったのがとてもかっこよくただドSなだけではなく優しいところが見えたので今後小芝風花さんとの恋に発展しそうでとても楽しみです。(30代女性)

 

  • 澪が働くこんじゃくプロの親会社から社史の編纂を指令された澪。でも、それは出来ないことを押し付けてこんじゃくプロを潰そうという魂胆でした。ぶらな会社でも頑張っています。澪はすっかりシェアハウスのアイドルになり「いないと寂しい」とまで言われます。でも、不味いのは怒るとミオの頭に凄い角が生えてくることです。シェアハウスに住み始めて、妖怪たちと馴染んでしまって澪は妖怪になりかけているとではないでしょうか。澪がそれでいいなら問題はありませんが、妖怪の種類が増える訳ですね。宮司さんは気づいていますが、澪妖怪化は止められるでしょうか。(50代女性)

 

妖怪シェアハウスの出演者(キャスト)

 

【主演】目黒澪 役・・・小芝風花

お岩さん役・・・松本まりか

酒呑童子役・・・毎熊克哉

座敷童子役・・・池谷のぶえ

原島響人役・・・大東駿介

 

妖怪シェアハウスの番組放送情報

 

番組放送開始日:8月1日

放送予定:テレビ朝日 毎週土曜日 23時15分~

 

妖怪シェアハウスを見逃し配信

 

妖怪シェアハウスは、TELASAに登録することで全話見逃し視聴することができます。

冒頭でもお伝えしたように、TELASAはテレビ朝日系のドラマに強い動画配信サービス。

そのため、テレビ朝日系の見逃した作品や映画などが、月額562円(税別)という安さで見放題なんです!

初回30日間は無料でトライアルができ、au IDをお持ちであればすぐに登録可能。

au IDがない方でも、こちらから簡単に登録できるので、誰でもトライアルできますよ♪

またスマホやPCはもちろん、テレビの大画面でも見られますし、TELASAにはダウンロード機能があるため、事前にダウンロードしておけばいつでも通信料を気にせずに利用できちゃいます!

 

妖怪シェアハウスの各話の感想とネタバレ

 

視聴者から実際に集めた、妖怪シェアハウスの感想をご紹介します!(※ネタバレ含む)

各話のあらすじも掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。